札幌生活トップ>不定期日記 > 2012年の日記

blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします

前の5件 1  2  3  4  5  6

2012年の日記

昨年は様々な大事件があった。2012年の今年はどうなるのであろうか。アーヴィン・ラズロ氏が述べているカオス・ポイントとなる予感がする。今年は個人個人での意識改革が求められる年となると思う。

確実に儲かる保証を求める再生エネルギー発電には7000億円の送電網強化が必要

2012年4月5日(木)
再生エネルギーの買取価格の要望が出揃ったようだが、その額は政府の試算を大幅に超えていたようだ。
ソフトバンクの孫社長などは3月19日に開かれた自然エネ協議会で40円を下回った場合、自治体が要望した二百数十力所のほとんどで事業を断念せざるをえない(北海道新聞3月20日朝刊より引用)と発言しているが、これは自分たちが確実に儲かる保証がないと商売しないと言っているのと同じだ。20年間も40円で買い取らねばならないシステムは異常だ。
そしてもちろん、この高額な買取価格は電気料金に反映される。
電気を使う一般人には電力会社を選ぶ事ができないので、ソフトバンクのケイタイを持っていないなくとも、ほとんどすべての日本人から20年間自動的にカネがソフトバンクに入ることになる。冗談じゃない。

さらに、今後北海道で予定されている風力発電と太陽光発電の総電力270万キロワットを受け入れるには、北電の送電網を7000億円かけ増強しないといけない(北海道新聞3月27日朝刊より)。7000億円というと北電の1年間の営業収益以上だ。
北海道の平均電力需要は415万キロワットとされるが、その半分以上の270万キロワットを不安定な太陽光発電と風力発電でまかなうなどとはとんでもない話だ。
太陽光発電と風力発電のような不安定な電源には、出力を安定させる充電設備を必ず備えるようにしなければとんでもないことになる。

電気料金が上がり、7000億円もの設備投資をして電力供給が不安定になることを強要されるのは真っ平御免だ。
それほど太陽光発電と風力発電で得られた電気を使わせたいなら、自前で送電網を整備してもらいたい。

Amazonの再生エネルギーの検索結果

楽天市場の再生エネルギーの検索結果

トラックバック数:2、コメント数:4
このエントリーにコメント、トラックバックをする

糖質ダイエットでγ-GTPとHbA1c、中性脂肪が改善された

2012年3月30日(金)
先日健康診断の結果が届いた。
血液検査での主な数値を見たところ、γ-GTPとHbA1c、中性脂肪がかなり改善された。

過去3年間の血液検査結果
項目 2012年 2011年 2010年 基準値
GOT 20 22 20 30以下
GPT 24 28 27 30以下
γ-GTP 26 74 93 50以下
HDL 93 77 83 40〜119
LDL 81 74 70 119以下
HbA1c 4.8 5.2 5.1 5.1以下
中性脂肪 38 78 101 30〜149

特にγ-GTPの数値の下がり具合には驚いた。去年の約3分の1だ。今まで30以下になったことはなかった。お酒の種類を焼酎に変えたのが効いたのだろうか。
HbA1cもじわじわと上昇していたのが一挙に0.4ポイントも下がった。一安心だ。
これらの数値の改善は、糖質ダイエットを推奨している江部康二氏の著書主食をやめると健康になる ー 糖質制限食で体質が変わる!に紹介されていたが、本当にそのとおりとなった。
健康診断でこの数値で引っかかる人には、糖質ダイエットがおすすめだと思う。
これからも無理のない範囲で糖質ダイエットを続けていこうと思う。

糖質ダイエットは、主食であったご飯やパンを止めることだが、そうすると腹持ちが物足りなく感ずるのは確かだ。
だが、最近は代替できる食材が増えてきた。ネットでもアマゾン楽天市場で検索すると結構ヒットする。
これらの食材を有効利用すると腹持ちがの問題もかなり解消できると思う。
札幌のフーズアンドブレッドというところでふすまパンを販売しています。新聞で紹介されたので、早速買って来ました。2012年6月11日追記

Amazonの糖質ダイエットの検索結果

楽天市場の糖質制限食の検索結果

トラックバック数:0、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

糖質ダイエットで-3kg、-5cm、メタボ脱出!

2012年3月22日(木)
昨年の12月20日から腹回りを細くするために糖質ダイエットを始めたが、3ヶ月が経ち、体重は3キロ減、腹回りも5cm減となり、メタボ予備軍からの脱出に成功した。
3月17日に健康診断を受けたので、結果はまだ届いていないが、血液検査がどうなったのかがきになるところだ。じわじわと上昇しているHbA1c値が下がっていればいいのだが。
せっかくなので、3ヶ月間の体重と腹回りの変化をグラフで紹介することにした。
元データはこちら。
リンク先には毎日の食事内容もあります。

糖質ダイエット3ヶ月の体重変化グラフ、59kg台になった
体重グラフ、62キロ台から59キロ台になった

糖質ダイエット3ヶ月の腹回り変化グラフ、85cmを切ることができた
腹回り、89cmから84cmまでになった。

糖質ダイエットは最初のうちどうしても腹持ちが物足りなかったけど、慣れればさほど苦痛ではなくなった。なんの運動もせず、酒もほぼ毎日飲み続けてダイエットできたので、なかなかいい方法だと思う。
楽天市場では小麦、砂糖不使用のパンを出品しているふすまベーカリーというところもあるようです。
札幌のフーズアンドブレッドというところでふすまパンを販売しています。新聞で紹介されたので、早速買って来ました。2012年6月11日追記

糖質ダイエットで購入した本は次の3冊。良かったら参考にしてください。

Amazonの糖質ダイエットの検索結果

楽天市場の糖質ダイエットの検索結果

トラックバック数:0、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

国によってここまで違うのか、マーク1原発の安全対策

2012年3月16日(金)
3月10日にNHKで放送した「世界から見た福島原発事故」を見て驚いた。
同じマーク1原発でも、国によりここまで安全性に差が出るものかということだ。
福島で事故を起こしたGEのマーク1原発だが、設計に問題があることは70年代にはわかっていた。
それは格納容器が小さすぎるため、万一原子炉の冷却が効かなくなり炉心溶融が起きて水素が発生した場合、圧力が上がりすぎて建屋内に水素が漏れでてしまうというものだが、同じマーク1原発を使っているスイスのミューレベルク原発ではこのことに気づき、建屋全体を巨大化し、頑丈にして機密性をもたせ、二重の格納容器のようにしているのだ。
この設計変更はスイス独自の判断によるもので、他にも、ベント弁は電力がなくても高圧の窒素と空気圧で開くようにしてあるし、ベントにより放出される放射性物質を外に出さないような化学薬品を使ったフィルターまで追加してある。この化学薬品で放射性物質を1000分の1にすることができる。
さらに、福島で問題となった全電源喪失による冷却不能に対応するためには、原子炉本体とは全く別系統の冷却システムを独立した電源システムで作り上げ、しかもその冷却システムは二重化してあるのだ。
マーク1原発の生みの親のアメリカでさえ、9.11のテロを受け安全対策に乗り出し、全電源喪失に備え、計器類に電力を供給するポータブル電源装置を用意してある。

一方日本は、契約のせいかもしれないが、GEのオリジナルの設計のままで、NRCからの指摘で取り付けたベント弁も、電動でしか動かすことができない構造だ。建屋の構造も強化・機密性のアップは行なっていない。
放射性物質を外に出さないための化学薬品を使ったフィルターもついていない。日本は水の中を通すだけで、化学薬品は用いられていない。この設備があるだけで事故後の影響は相当に違っていただろう。
全電源喪失にいたっては、アメリカNRCの説明を受けながら何もしなかった。

このスイスやアメリカと日本の取組みの違いは一体どこから来るのだろうか。
極端にいえば、それは自分の頭で考える事の欠如だと思う。
番組でスイス原子力会議ブルーノ・ペロー副議長の言っていた他人任せ、メーカー任せでは駄目なのです。安全対策は自分で決断しなければいけませんとの言葉が非常に重い。
彼は来日のたびに追加の安全装置について語っていたようだが、日本はGEやアメリカの規制当局も何の指示も出していませんからとして聞く耳を持たなかった。思考停止状態だ。万一の事態に考えが及ばなかったのだ。

日本人は決して他人の進言を受け入れない頑固者でもないし、柔軟な発想もできるはずだが、なぜか集団となると一度思い込むと修正が効かなくなってしまう。
このあたりは軍人個人としては太平洋戦争に反対していた幹部が多かったのに、結局戦争に突き進んでしまったこととどこか似ているような気がする。
戦争については完敗して初めて無謀さに気付かされたようだが、今回の原発事故も大事故が起きて初めて安全軽視に気がついた。
戦争と原発事故は違うが、大打撃を受けないと現実に向き合わない傾向は60年以上たっても変わらなかった。
これからどれだけの大惨事を我々が体験しないといけないのか、考えると気が滅入ってしまう。
今後起きそうなことは、首都直下地震による首都機能の喪失だろうか・・・。
この番組は16日に再放送される。動画サイトでも見ることができる。

Amazonの原発の安全性の検索結果

楽天市場の原発の安全性の検索結果

トラックバック数:1、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

上田市長は8割以上が賛同している震災がれきの受け入れを拒否するなら理由を示せ

2012年3月11日(日)
あの日から1年が経ったが、被災地の復興はなかなか進まない。
がれきの処理が進まないことも原因の一つだろう。
札幌の上田市長は、国の定めた震災がれきの放射能基準は政治的な決定だとし、放射性物質は微量でも有害で極めて長寿命。十分な知識を持ち、風評被害のことも考えた上で判断してほしいとして受け入れを拒否した。(北海道新聞3月8日、9日の記事から引用)

道新の世論調査では国の基準以下なら受けれても良いとするのが8割以上となったが、この道民の声に反対を表明するなら、上田市長には国の基準ではなぜダメなのか微量でも有害と判断した証拠を示すべきだろう。
政令指定都市の首長としての判断なら、はっきりさせてもらいたい。

震災がれきの量は膨大で、被災3県の合計は2252.8万トンもあり、処理処分できたのはわずか6.3%しかない。こんなペースではがれきの処理に10年以上かかってしまう。
多くの自治体でこのがれきを受け入れれば、それだけ時間は短縮される。
国は自治体の処理能力に応じて強制的にがれきの処理を行わせるべきだ。

Amazonの震災がれきの検索結果

楽天市場のがれきの検索結果

トラックバック数:0、コメント数:14
このエントリーにコメント、トラックバックをする

前の5件 1  2  3  4  5  6

札幌生活トップ>不定期日記 > 2012年の日記



管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku-life@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

サイト検索

勝手に応援
札幌の個人事業者

Mac、iPhone、iPod touchのアプリケーション開発の快技庵
Mac、iPhone、iPod touch
のアプリケーション開発
快技庵

次世代顔文字ツールSmileSender
笑顔を作り笑顔を送る
新世代 顔文字ツール
SmileSender

青空文庫読むなら豊平文庫
青空文庫読むなら
豊平文庫

へんなもの屋
禁煙グッズのへんなもの屋

フランス直輸入の
セレクトショップ
FORTUNA

林啓一が作る紙工作のページ

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物

楽天市場でお買い物
ネットで買えば断然お得!
お買い物なら楽天市場

楽天トラベル
【日本最大級の旅行サイト】
楽天トラベル


Amazonでお買い物


【Yahoo!ショッピング】
豊富な品揃え!
探しやすい!



Yahoo!オークションでリユース

デル株式会社
デルオンラインストア


マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!