札幌生活トップ>不定期日記 > 2012年の日記

blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします

前の5件 1  2  3  4  5  6

2012年の日記

昨年は様々な大事件があった。2012年の今年はどうなるのであろうか。アーヴィン・ラズロ氏が述べているカオス・ポイントとなる予感がする。今年は個人個人での意識改革が求められる年となると思う。

NTTの省エネサービス「ミルエネ」、分電盤計測器が複数使えないのが残念

2012年1月25日(水)
今日の北海道新聞に、NTTがフレッツ光を利用して家庭の電力消費量を計測する新サービス「フレッツ・ミルエネ」が紹介されていた。
詳しいサービス内容をミルエネのサイトで見てみたが、フレッツ光を利用していると料金が420円で済むなど、なかなかいいサービスと思える。
私は家の電力消費量のチェックのために、省エネセンターから支給された省エネナビを使っているが、液晶画面のバックライトが切れてしまい、もっぱらパソコンでのデータ確認のみ利用している状態だ。修理に出せば良いのだが、面倒でそのままの状態なので、NTTのミルエネをちょっと調べてみた。

利用料金は一通りの機器がレンタルされて420円と魅力的なのだが、分電盤に取り付ける分電盤計測器が一台しか使用できないのが残念と感じた。
個別の機器の消費電力を測ることのできる通信機能付き電源タップは複数使えるのにちょっと残念だ。
去年暮より父と同居し、各部屋ごとの消費電力を知りたかったのだが、どうやらそのような使い方には向いていない。部屋に対応したブレーカーごとの消費電力を測定したいのだが・・・。

ミルエネでは、家全体の消費電力と、必要に応じて測定したい機器ごとにオプションの電源タップを使用し電力を測定するようになっている。
これは年中通電しっぱなしの冷蔵庫なんかの消費電力を測るのには便利で、例えば、冷蔵庫の温度設定を変えた時や、季節ごとの変動を調べるには役立つ機能だ。
これでブレーカーごとの電力量を調べることができるのなら、ほぼ完璧なのなが。

省エネナビや、このミルエネのように、後から取り付けるエネルギー監視機器はいろいろあるが、もうそろそろ電力会社、ガス会社、水道局などで、一台ですべて計測してくれる機器を開発してくれないだろうか。
家庭での省エネはこれからますます必要になる。省エネはまず最初に現状を知ることから始まる。そのためには廉価な計測機器が不可欠だ。何とかならないのだろうか。

Amazonの省エネの検索結果

楽天市場の省エネの検索結果

トラックバック数:0、コメント数:1
このエントリーにコメント、トラックバックをする

賃貸住宅の省エネ推進にはドイツのエネルギーパスポート制度がいい

2012年1月18日(水)
昨日の17日、かでる2.7で開かれた、環境道民会議主催のウインターミーティング「北海道発!!冬の省エネの可能性を探る」に参加してきた。
冬の省エネとあったので、何か良い事例の話を聞けるのかと思ったが、残念ながら「冬」に特化した事例発表はなかった。
しかし、ドイツの事例発表でエネルギーパスポート制度というものがあることを知った。
この制度は初めて知ったのだが、ドイツでは住宅を賃貸する際に、その家の省エネ度合いを公表することが義務付けられており、その制度がエネルギーパスポートというものだ。

この制度についてネットで調べてみたが、あまり詳しい説明は見つけられなかったが、夏は27度以下、冬は18度以上を年間通して保つために必要なエネルギーを1平方メートルあたりで算出したものらしい。(続・働きウーマンより)この数値を使うことによって、冷暖房にかかるおおよそのエネルギー消費が計算できるはずだ。
この制度は家庭の省エネを進める上で非常に有効だと思う。
新築の住宅については、施主にもよるが、その時点での最新の省エネ技術を使うことができるが、圧倒的多数のすでに建てられていて、しかも住人が手を加えにくい賃貸住宅の省エネはなかなか進まないのが実情だと思う。
新たな省エネ対策は、賃貸住宅のオーナーにとってはコストの増加になるし、借りる側にとっては家賃の上昇につながる。省エネは必要と分かっていてもなかなか手をつけにくい。
しかし、エネルギーパスポートによって、多少家賃が高くとも、冷暖房費が抑えられることがわかるならば、安い家賃で高い冷暖房費を使うより経済的な場合もあるはずだ。
また、賃貸住宅に省エネという付加価値をつけることもできる。これはなかなか良い方法だと思う。

北海道の家庭のエネルギー消費は日本の平均よりかなり高い。これは主に冬の暖房によるとことが多いのだが、賃貸住宅だと、住人は建物自体に手をつける根本的省エネ対策はできない。
これではいくら省エネの機器を購入しても、さしたる効果は上がりにくい。
北海道ローカルでも良いから、この制度を導入する価値は十分にあると感じた。

Amazonの住宅の省エネの検索結果

楽天市場の住宅の省エネの検索結果

トラックバック数:0、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

2012年はカオスポイントの予感

2012年1月4日(水)
大事件のあった2011年が終わり、2012年が始まった。
当ブログで何度か話題にしているが、今年はアーヴィン・ラズロ氏の著書カオス・ポイント―持続可能な世界のための選択によると、崩壊への道(ブレイクダウン)へ向かうか、前進への道(ブレイクスルー)へ向かうかの岐路となる。
このカオス・ポイントは今から5年ほど前に出版されたが、現在の世界情勢を結構正確に予測していると思う。

本の表現をそのまま借りると、2012年以前に既に、「経済的な持続不可能性」、「過剰消費の誤謬」、「社会的な持続不可能性」、「生態系的な持続不可能性」が表面だってきている。
リーマンショックから始まる一連の経済不安、爆発的な新興国の消費拡大、北アフリカから始まった政治的不安定などがその現れだと思う。
日本に目を向けると、つい1年前までは、世界的には屁のツッペほどにしかならない二酸化炭素排出量の大幅削減をぶち上げておきながら、東北大震災が引き金となった原発事故以来さっぽり静かになってしまった地球温暖防止など、政治的経済的科学技術的混乱はますますひどくなる一方に感じる。

今年こそは(多分無理な感じがするが)これら山積する問題をなんとか解決し、明るい未来を感ずる事ができる年になってもらいたいと思う。
そのためには、とりもなおさず個人レベルで冷静な理論的判断をするように心がけたいと思う。
原発事故はこの冷静な理論的判断が個人レベルで試された。
人は未来を見る事ができない。なのに、一部のマスコミ、自称ジャーナリストの悪質な情報で、広島長崎の原爆投下後の科学的検証結果、チェルノブイリのその後の経過などが全く無視されてしまい恐怖と不安のみが拡散してしまった。
東京から放射能が怖いといって沖縄に避難した人たちは、放射能と同じような発がん性のある紫外線をより多く浴びている。
今からでも遅くはないので、過去にしっかりと目を向け、先人たちが残した記録を確認したい。

トラックバック数:0、コメント数:1
このエントリーにコメント、トラックバックをする

前の5件 1  2  3  4  5  6

札幌生活トップ>不定期日記 > 2012年の日記



管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku-life@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

サイト検索

勝手に応援
札幌の個人事業者

Mac、iPhone、iPod touchのアプリケーション開発の快技庵
Mac、iPhone、iPod touch
のアプリケーション開発
快技庵

次世代顔文字ツールSmileSender
笑顔を作り笑顔を送る
新世代 顔文字ツール
SmileSender

青空文庫読むなら豊平文庫
青空文庫読むなら
豊平文庫

へんなもの屋
禁煙グッズのへんなもの屋

フランス直輸入の
セレクトショップ
FORTUNA

林啓一が作る紙工作のページ

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物

楽天市場でお買い物
ネットで買えば断然お得!
お買い物なら楽天市場

楽天トラベル
【日本最大級の旅行サイト】
楽天トラベル


Amazonでお買い物


【Yahoo!ショッピング】
豊富な品揃え!
探しやすい!



Yahoo!オークションでリユース

デル株式会社
デルオンラインストア


マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!