札幌生活トップ>不定期日記 > 2011年の日記

blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

2011年の日記

今年は2001年の9.11テロから10年だ。残念ながらイスラム社会との対立は深まっているように思える。無知が意味のない恐怖心をあおり立てている。いまこそお互い冷静になるべきだろう。

震災被災地にJR北海道のDMVを運行してはどうか

2011年7月8日(金)
7月7日付けの北海道新聞朝刊に、JR北海道のDMV(デュアル・モード・ビークル)の走行試験を徳島県で今秋以降に行うと出ていた。
JR北海道は、最近車両事故が多く、道民から厳しい目で見られているが、ほぼ実用的なDMVを世界で唯一持っている。
道内では何度も試験走行を行っているが、実用運転はまだだ。

今回、徳島で試験走行の予定が決まったようだが、これを震災で路線がずたずたになった三陸鉄道などの被災地の在来線で運行することは出来ないのだろうかとふと思った。
線路が残っているところはその上を走り、線路が途切れているとこは道路を走行するのだ。
試験運転以外での運行はWikiによると法的問題があるようだが、特別措置として調整は出来るのではないだろうか。

JR北海道のDMVが、災害により寸断された鉄道網にいち早く乗り入れることができれば、少しでも復興の役に立つと思う。
この件につてJR東日本とJR北海道にメールしてみた。回答があれば報告したいと思う。

Amazonの鉄道の検索結果

楽天市場の鉄道の検索結果

トラックバック数:0、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

国産ロボット「クインス」、再トライは必ず成功してほしい

2011年7月7日(木)
原発事故発生後、アメリカのアイロボット社のロボットが様々な活躍をしているが、安全神話のおかげで、需要のないところに莫大な研究費を投じて無理矢理研究を続けてきた日本のロボットは、さっぱりだ。

数台候補に挙がっていたようだが、使えそうなのは千葉工業大と東北大などが開発した災害対策支援ロボット「クインス」のみのようだったが、最初の任務はあえなく失敗してしまった。先月の24日の話だ。
この時は、2号機建屋地下の水位を測定するための水位計を設置する作業だったが、ケーブルの送り出しがうまくいかず、水位計をおろす場所の階段の踊り場での旋回動作が、場所が狭く予定通り行かなかったと報じられた。
再挑戦するはずであるが、もう一週間以上経っている。
やはり、いきなり本番というのはハードルが高すぎたようだ。

それにしても、さすがアイロボット社は戦場で鍛えられているだけある。イラク戦争を扱った映画などでもよく見ることができるが、ちょっと華奢な感じだが、しっかりと任務をこなしている。
活動実績/信頼性という点で、ルンバを全世界で販売しているアイロボット社が、日本の研究室レベルのロボットとは段違いに高いことがわかった。

今回のクインス投入には政治的判断が入っている感じがしないでもないが、ここはしっかりと問題点を解決して、再トライはぜひ成功してほしい。
原発を推進するにしても、廃止するにしても、高放射線量下で作業するロボットは必ず必要になる。
以前、廃炉となった原発の解体のドキュメンタリーをNHKで放送していたが、初期の原発は解体することを前提に作られておらず、当時の設計図も一部なくなっている。
要するに、事前に詳細な作業手順が立てにくいのだ。そんな状況では、高線量の現場を目視確認するだけでもロボットの必要性はあると思う。

国際的ビジネスと考えても、アメリカに続く技術力を持っている日本は、十分競争力がある。
産業用ロボットでは日本の技術力は素晴らしいが、今後は自走型のロボットでも世界のトップに立てる可能性がある分野だと思う。
今度こそ、研究室レベルに終わらないようにしないといけないと思う。

Amazonのラジコンロボットの検索結果

楽天市場のラジコンロボットの検索結果

トラックバック数:0、コメント数:2
このエントリーにコメント、トラックバックをする

松本龍よ、あんたはヤクザか

2011年7月4日(月)
6月27日に復興担当相に選ばれた松本龍氏であるが、宮城県岩手県知事との会談の際の暴言がひどい。
問題発言のシーンをTBC東北放送がニュースで取り上げ、その様子がYouTubeにアップされている。
知事との会談の前に何があったか知らないが、数分遅れただけでお客さんが入ってくる時は自分が入ってからお客さんを呼べ。長幼の序が分っている自衛隊ならやるぞ。とは一体何様のつもりなのだ。
あげくの果てに今の最後の言葉はオフレコです。みなさん、いいですか、『絶対書いたらその社はもう終わり』だからとその場にいた記者連中を脅している。
そのせいか、毎日などは松本復興担当相:岩手、宮城知事と会談「復興は知恵合戦」などととんちんかな記事を載せている。何をどう見たらこんな記事になるのか。あっさりと松本龍の脅しに屈したようなものだ。もっともこの記事、新聞各社のネットのニュースのURLはすぐにリンク切れとなるので、忘れ去られるだろうが。

それにしてもこの会談の様子をニュース映像として流したTBC東北放送は根性がある。
今日のNHKのニュースでは、枝野官房長官が松本龍の一連の発言を強い責任感と使命感のなかで発言をしたものだと思うと言ってかばっていたが、そのときの様子を見て発言しているのだろうか。
知事を恫喝するヤクザのような大臣はいらない。さっさと首にするべきだ。
7月5日追記
結局まともな仕事をせず辞任したようだ。彼の任期中の数日間が無駄になっただけだ。

トラックバック数:6、コメント数:2
このエントリーにコメント、トラックバックをする

クロワッサンの「放射線によって傷ついた遺伝子は、子孫に伝えられていきます」は、不安をあおるだけだ

2011年7月1日(金)
もうネット上ではかなり話題になっているが、クロワッサンの7月10日号の表紙の「放射線によって傷ついた遺伝子は、子孫に伝えられていきます」という特集記事のキャッチコピーは、あまりにも不安をあおるものだ。
これだけを読むと、福島原発事故後に生まれる子供に遺伝的障害が出るかのような印象を与えてしまう。
クロワッサン誌/マガジンハウス社は即刻次号で放射線と遺伝子の損傷に関する特集記事を組み、余計な不安を解消すべきだ。
どうやら、編集長が謝罪文を発表したようだ。7月2日追記

私はこのクロワッサンを新聞広告で知り、あまりにも煽動的キャッチコピーだったので、実際に購入し読んでみた。
記事中で柳澤桂子氏は次のように述べている。

表面にはあらわれないDNAの傷が、子孫に伝えられていきます。長い間にDNAの損傷が人類の遺伝子のプールに蓄積され、何万年か後に突然変異が頻発するかもしれません。どのような変異なのかは予想もつきません。それが一番、恐ろしい。細胞分裂が盛んな乳幼児、妊婦さんは少しでも放射線を浴びないでほしいものです。

私は放射線に関する専門家でもなんでもないので、少しでも情報を得ようと放射線と健康 (岩波新書)人は放射線になぜ弱いか 第3版 (ブルーバックス)を読んでいるが、それによると柳澤氏の先ほどの文言はおかしなことを言っているとは思えない。全くその通りだと思う。ただし、子孫を残す段階で損傷したDNAはだんだん減っていくが。
微少な損傷を受けたDNAが引き継がれ、何万年か後(30年で子孫が1世代出来るとすると1万年では333世代)には突然変異を起こす可能性を誰も否定できないし、それだけの年数を重ねれば自然による突然変異も(原発事故の有無にかかわらず浴びる紫外線や自然放射線によるDNAの損傷によって)起こるだろう。
クロワッサンのキャッチコピーの不誠実な点は、最初の表面にはあらわれないDNAの傷何万年か後に突然変異が頻発するかもしれませんというところを省略し、不要な不安をあおる表現になっている点だ。100%損傷のない遺伝子を持っている人間など恐らく存在しない。表面にはあらわれないDNAの傷など万人が持っているのだ。

クロワッサンの購読者は若い女性が多いと思う。そして失礼な言い方になるかもしれないが、多くの若い女性は科学的情報誌(たとえばNewtonなど)より、分りやすい言葉で述べる情報誌から知識を得ていると思う。
クロワッサンのキャッチコピーに過剰に反応し、既に妊娠している方や、今後妊娠する方が、自分の子供に障害が起きる可能性があると信じて中絶などしたら取り返しのつかないことになる。
放射線と健康 (岩波新書)の224ページにはX線検査被曝を理由にした人工中絶の生々しい数値が出ている。
現在では長年の研究により、被曝による障害が子供にあらわれる危険性についてはしきい値があるというのが一般的となっている。
福島原発事故の後で、放射線被曝に敏感になっているこの時期に「放射線によって傷ついた遺伝子は、子孫に伝えられていきます」などいうキャッチコピーを打ち、不安をあおる行為は犯罪に等しいと思う。

トラックバック数:0、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

熱中症搬送者が去年の5倍!すぐに原発を再稼働しよう

2011年6月29日(水)
報道によると熱中症による搬送者数が去年の5倍になっているそうだ。
搬送者数は愛知県、埼玉県、大阪府が飛び抜けている(人口も多いが)。人口10万人当たりだと、沖縄県、岡山県、愛知県が多い。年齢別では65歳以上が51%で半分以上だ。
北海道でも数こそ少ないが搬送者が出ている。6月の気温は札幌でも平年以上となりそうなので、搬送者数はこれからも増え続けるだろう。

消防庁の熱中症対策リーフレットを見ると、室温28℃を超えないように、エアコンや扇風機を 上手に使いましょう !とあるが、室温を28℃を超えないようにするには、設定温度を28度以下にしないといけない。
原発の再稼働がなかなか進まないので、節電でエアコンの設定温度をさらに上げようとしているが、高齢者にとっては大きな負担だろう。
大阪府の橋下知事は関電の節電要請を拒否しているようだが、熱中症で亡くなった人の原因が節電によるものだと認められた場合、どう責任を取るつもりなのだろうか。
橋下知事は電力需給が逼迫したらテレビでエアコンを切るようにテロップを流すようなことを考えているようだが、節電でテレビを消していたら知りようがない。

毎年熱中症が原因で亡くなる人は数多くいる。今年の夏は平年かそれ以上の暑さが予想される中、いたずらに原発の再稼働を遅らせ、一番暑い時期にエアコンの設定温度を高くしたり、使うのをやめさせて、命に代えて節電を強要するのはおかしい。
稼働できる原発はすぐに動かし、暑い夏を乗り切れるようにすべきだと思う。

Amazonの節電の検索結果

楽天市場の節電の検索結果

トラックバック数:0、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

札幌生活トップ>不定期日記 > 2011年の日記



管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku-life@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

サイト検索

勝手に応援
札幌の個人事業者

Mac、iPhone、iPod touchのアプリケーション開発の快技庵
Mac、iPhone、iPod touch
のアプリケーション開発
快技庵

次世代顔文字ツールSmileSender
笑顔を作り笑顔を送る
新世代 顔文字ツール
SmileSender

青空文庫読むなら豊平文庫
青空文庫読むなら
豊平文庫

へんなもの屋
禁煙グッズのへんなもの屋

フランス直輸入の
セレクトショップ
FORTUNA

林啓一が作る紙工作のページ

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物

楽天市場でお買い物
ネットで買えば断然お得!
お買い物なら楽天市場

楽天トラベル
【日本最大級の旅行サイト】
楽天トラベル


Amazonでお買い物


【Yahoo!ショッピング】
豊富な品揃え!
探しやすい!



Yahoo!オークションでリユース

デル株式会社
デルオンラインストア


マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!