札幌生活トップ>不定期日記 > 2011年の日記

blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

2011年の日記

今年は2001年の9.11テロから10年だ。残念ながらイスラム社会との対立は深まっているように思える。無知が意味のない恐怖心をあおり立てている。いまこそお互い冷静になるべきだろう。

もしこれが東海沖だったらどうなったか、東北地方太平洋沖地震

2011年3月12日(土)
昨日発生した東北地方太平洋沖地震であるが、東京でも長周期震動と思われる揺れ幅の大きい地震があったようだ。
もう少し強い揺れだと多くの建物が東京でも倒壊したと想像できる。
今回は津波の被害が非常に大きかった。NHKの中継で陸地に入り込む津波の様子を放送していたが、頭の中では理解していてもあまりの規模の大きさに茫然としてしまう。

もう何年も前から言われ続けているが、今回と同程度かそれ以上(人口の密集具合、経済、産業基盤の集中度合いから)の被害が予想されているのが東海・南海・東南海連動型地震だ。
Wikiによると発生周期から考えてもういつ起きてもおかしくない時期に来ている。Wikiでは想定されるマグニチュードは8.7、破壊領域は700kmとされているが、この値は今後見直されるのではないだろうか。

もう何年も前だが、一時盛んに議論された首都機能移転だが、今回の地震の被害を見ると、もしこれが関東、東海、関西一帯に起きたらどうなるかを考えると早急に議論を再開する必要があるだろう。
多くの主要TV局はこれらの地方に集中している。想定される連動地震でこれら放送局の設備に被害が出て情報が発信されなくなる可能性を考えると空恐ろしくなる。
地震の発生したプレートは、東海・南海・東南海連動型地震とは異なるので、相互に影響し合い地震発生の確率が急に高まる事はないと思う。今こそ政治、経済、情報などの重要機能のバックアップ体制を早急に整備する必要があると思う。

Amazonの地震対策の検索結果

楽天市場の地震対策の検索結果

トラックバック数:2、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

ようやく接続される北一条地下駐車場の通路

2011年3月10日(木)
ほとんど人通りのない北一条地下駐車場の通路
ほとんど人通りのない北一条地下駐車場の通路

車一台当たりの建築費が4600万円もかかった北一条地下駐車場だが、3月12日にようやく札幌駅と大通駅間の地下通路と連結される事となる。
写真は2008年に撮影したものだが、この超豪華な駐車場の通路がやっと多くの人たちの役に立つ時が来た。
この地下駐車場は平成12年に完成したが、その上にあるこの通路はどこにも接続していなかった。何とももったいない10年間だった。
用事もないのでもう何年もこの通路には行っていないが、確か近くのビルにも接続していないはずだ。
札幌駅と大通駅間の地下通路は正式には『札幌駅前通地下歩行空間』と呼ぶそうだが、そこと接続される前にこの静けさを見るためにもう一度行ってみようかなとも思う。

Amazonの札幌の検索結果

楽天市場の札幌の検索結果

トラックバック数:0、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

2月の自宅消費エネルギー

2011年3月2日(水)

2月は気温が高かったのでエネルギー消費量も少なかった。

恒例の自宅消費エネルギー消費量だ。
2月は冬の時期としては珍しく3,000MJをきることができた。
気温が非常に高く、平年値と比べても最高、平均、最低すべて2度ほど高かった。
1月がほぼ平年並みの気温だっただけに、とても暖かく感じた。
エネルギー消費量の内訳は以下の通りだが、その気温のせいで灯油の消費量が少なかった。

エネルギー消費量の元データはこちらから。
気温の元データはこちらから。

それでも累積の降雪量は今日時点で3.76mと去年より多くなっている。もっとも、平年の5.21mとは比べ物にならないぐらい少ないが。
今日の道新によると、北海道は全道的に雪が少なめだったが、西日本は平年の1.5倍の積雪となったそうだ。
積雪量の元データはこちらから。

Amazonの省エネの検索結果

楽天市場の省エネの検索結果

トラックバック数:0、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

Mac miniのライン入力で192kHzサンプリングするにはLogic Expressが必要

2011年2月26日(土)
この間、Mac miniのライン入力で192kHzサンプリング出来ないというエントリーを書いたが、アップルのサポートから電話で回答をもらった。
結論から言うと、H/Wは確かに24bit/192kHzサンプリングの能力があるが、AudioMIDI設定も含めてOS標準の機能ではその設定が出来ないと言う事らしい。
ではどうしたら良いかというと、Logic Express 9で録音するしか無いとの事だ。

H/Wの能力をOS標準の機能でフルに生かせないのは納得いかないが、現状ではどうしようもないらしい。
どうしてもMac miniで24bit/192kHzサンプリングで取り込むためにはお金がかかるという事か。
24bit/192kHzサンプリングで取り込んだものがどの程度か試したかったのだが、無料でというわけにはいかなかった。残念だ。
もっとも、外付けで24bit/192kHzサンプリング出来るA/Dコンバーターは、Mac用は常識的な値段ではほとんどないので、LOGIC EXPRESS 9の21,800円という値段は十分魅力のあるものだ。

別の手を考えると、自分でアプリを作るというのもアリだけど、これはこれで自分の能力の問題でかなり難しい。快技庵の従兄弟にでも相談してみようかなとも思うのだが・・・

AmazonのPCオーディオの検索結果

楽天市場のPCオーディオの検索結果

トラックバック数:0、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

デザインが残念なバーミキュラ

2011年2月24日(木)6月29日追記
昨日の昼のワイドショーで、納品が1年待ちの鉄鋳物ホーロー鍋バーミキュラについて放送していた。
鉄鋳物ホーロー鍋といえばル・クルーゼストウブが有名で、私自身、ストウブを煮物などによく使っているが、このバーミキュラを見たとき、なんだかとっても残念に感じてしまった。
なぜかというとバーミキュラは、機能的には蓋と本体の密閉度を極限まで高めて無水調理が出来るようにしたのが一番のウリだと思うが、蓋のデザインがストウブそっくりだからだ。

ちなみにストウブの製品はINPI(フランス特許庁)杯イノベーションとイノベーション杯を2002年に授与されている。
ストウブの蓋表側
ストウブの蓋表側
ストウブの蓋内側、独自の突起ピコによるセルフ・ベイスティング・システム
ストウブの蓋内側
(2011年12月16日追記)

確かに鍋本体と蓋に両手で持てる取っ手がついており、このあたりはストウブとは異なっているが、ストウブのウリである蓋の内側の突起や、その突起を実現するための蓋の形状があまりにも似ている。
せっかくの鉄鋳物ホーロー鍋で無水調理が出来るというオリジナリティが、肝心の蓋のデザインで台無しになっていると感じてしまった。
私には苦し紛れの中華ガンダムのように見えてしまう。

以前の職でキッチン用品のネットショップの店長をしていた頃、ル・クルーゼやストウブ等をさんざん見てきているので、鉄鋳物ホーロー鍋のデザインにはなかなかバリエーションが作りにくいというのは理解している。
一時、ル・クルーゼそっくりの商品を半額の値段で出していた日本のメーカー(もちろん中国で製作)があったくらいだが、それでもル・クルーゼとストウブは見た瞬間にその違いがわかるし、鍋の内側の加工は全く異なっていて、それぞれの主張が込められているのわかる。

バーミキュラを作っているメーカーは、TVで鉄鋳物ホーロー鍋で作った料理のおいしさにホレて、なんとか自分の会社でも作れないかという事から商品開発をしたと言っていた。
当然競合他社の商品は研究したと思う。それだからこそ、自分たちでしか実現できない精密加工の技術を使った、無水調理の出来る鉄鋳物ホーロー鍋を作ったのだろう。
そこまでやっておきながら、あの蓋のデザインを余計残念に感じてしまう。
バーミキュラを作っている愛知ドビーの本業は鋳物加工製品のようであるが、多分、海外にも輸出していると思う。
バーミキュラは1日にせいぜい40個を作るのが限度と言っており、国内の予約分が1年分ほどたまっている様なので、輸出する事は考えられないであろうが、あれをそのまま輸出したらどうなるかちょっと心配になってしまった。

ここからは推測になってしまうが、おそらく商品開発の段階で、デザインについては、専門家がタッチしていないのではないだろうか。
鍋をデザインしているプロダクトデザイナーは、柳宗理氏や山田耕民氏が有名だが、当然であるが彼らのデザインした製品は明確にオリジナリティが溢れ出ている。
彼らにデザインを依頼すると、おそらく年の単位で時間がかかると思われるが、それだけの時間をかけるに値する製品が出来上がる。
愛知ドビーが作ったバーミキュラという鍋は、機能的には世界に通じる新しい鉄鋳物ホーロー鍋だと思う。だからこそデザインにも手を抜かず製品化してもらいたかった。

バーミキュラについて一つ疑問なのは、なぜ色がホワイトのものが無いのかという点だ。
ル・クルーゼの鍋の中でもホワイトは非常に人気が高かった。ホワイトだけが鍋の内側もホワイトだった。
だが、色の黒い鉄の鋳物に白いホーローをかけるのは難しいらしく、黄色い斑点が出たり、ピンホールが目立ったりして、欠品状態が多かった事を覚えている。
バーミキュラはパールコートという新しいホーローの色づけを開発したようであるが、内側も外側もホワイトの鍋を出せばかなりヒットするのではないかと思う。

どうやら新色でパールホワイトとマットブラックが増えたようだ。2011年6月29日追記
ストウブの蓋の内側のセルフベイスティングは1926年にOlaf Tollagsenという米国人が特許をとっているそうです、sarsonsさん、情報ありがとうございます。2012年4月2日追記

Amazonの鋳物ホーロー鍋の検索結果

楽天市場の鋳物ホーロー鍋の検索結果

トラックバック数:0、コメント数:36
このエントリーにコメント、トラックバックをする

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

札幌生活トップ>不定期日記 > 2011年の日記



管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku-life@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

サイト検索

勝手に応援
札幌の個人事業者

Mac、iPhone、iPod touchのアプリケーション開発の快技庵
Mac、iPhone、iPod touch
のアプリケーション開発
快技庵

次世代顔文字ツールSmileSender
笑顔を作り笑顔を送る
新世代 顔文字ツール
SmileSender

青空文庫読むなら豊平文庫
青空文庫読むなら
豊平文庫

へんなもの屋
禁煙グッズのへんなもの屋

フランス直輸入の
セレクトショップ
FORTUNA

林啓一が作る紙工作のページ

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物

楽天市場でお買い物
ネットで買えば断然お得!
お買い物なら楽天市場

楽天トラベル
【日本最大級の旅行サイト】
楽天トラベル


Amazonでお買い物


【Yahoo!ショッピング】
豊富な品揃え!
探しやすい!



Yahoo!オークションでリユース

デル株式会社
デルオンラインストア


マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!