札幌生活トップ > 不定期日記 > 2011年の日記 > デザインが残念なバーミキュラ

前の記事次の記事


blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします

デザインが残念なバーミキュラ

2011年2月24日(木)6月29日追記
昨日の昼のワイドショーで、納品が1年待ちの鉄鋳物ホーロー鍋バーミキュラについて放送していた。
鉄鋳物ホーロー鍋といえばル・クルーゼストウブが有名で、私自身、ストウブを煮物などによく使っているが、このバーミキュラを見たとき、なんだかとっても残念に感じてしまった。
なぜかというとバーミキュラは、機能的には蓋と本体の密閉度を極限まで高めて無水調理が出来るようにしたのが一番のウリだと思うが、蓋のデザインがストウブそっくりだからだ。

ちなみにストウブの製品はINPI(フランス特許庁)杯イノベーションとイノベーション杯を2002年に授与されている。
ストウブの蓋表側
ストウブの蓋表側
ストウブの蓋内側、独自の突起ピコによるセルフ・ベイスティング・システム
ストウブの蓋内側
(2011年12月16日追記)

確かに鍋本体と蓋に両手で持てる取っ手がついており、このあたりはストウブとは異なっているが、ストウブのウリである蓋の内側の突起や、その突起を実現するための蓋の形状があまりにも似ている。
せっかくの鉄鋳物ホーロー鍋で無水調理が出来るというオリジナリティが、肝心の蓋のデザインで台無しになっていると感じてしまった。
私には苦し紛れの中華ガンダムのように見えてしまう。

以前の職でキッチン用品のネットショップの店長をしていた頃、ル・クルーゼやストウブ等をさんざん見てきているので、鉄鋳物ホーロー鍋のデザインにはなかなかバリエーションが作りにくいというのは理解している。
一時、ル・クルーゼそっくりの商品を半額の値段で出していた日本のメーカー(もちろん中国で製作)があったくらいだが、それでもル・クルーゼとストウブは見た瞬間にその違いがわかるし、鍋の内側の加工は全く異なっていて、それぞれの主張が込められているのわかる。

バーミキュラを作っているメーカーは、TVで鉄鋳物ホーロー鍋で作った料理のおいしさにホレて、なんとか自分の会社でも作れないかという事から商品開発をしたと言っていた。
当然競合他社の商品は研究したと思う。それだからこそ、自分たちでしか実現できない精密加工の技術を使った、無水調理の出来る鉄鋳物ホーロー鍋を作ったのだろう。
そこまでやっておきながら、あの蓋のデザインを余計残念に感じてしまう。
バーミキュラを作っている愛知ドビーの本業は鋳物加工製品のようであるが、多分、海外にも輸出していると思う。
バーミキュラは1日にせいぜい40個を作るのが限度と言っており、国内の予約分が1年分ほどたまっている様なので、輸出する事は考えられないであろうが、あれをそのまま輸出したらどうなるかちょっと心配になってしまった。

ここからは推測になってしまうが、おそらく商品開発の段階で、デザインについては、専門家がタッチしていないのではないだろうか。
鍋をデザインしているプロダクトデザイナーは、柳宗理氏や山田耕民氏が有名だが、当然であるが彼らのデザインした製品は明確にオリジナリティが溢れ出ている。
彼らにデザインを依頼すると、おそらく年の単位で時間がかかると思われるが、それだけの時間をかけるに値する製品が出来上がる。
愛知ドビーが作ったバーミキュラという鍋は、機能的には世界に通じる新しい鉄鋳物ホーロー鍋だと思う。だからこそデザインにも手を抜かず製品化してもらいたかった。

バーミキュラについて一つ疑問なのは、なぜ色がホワイトのものが無いのかという点だ。
ル・クルーゼの鍋の中でもホワイトは非常に人気が高かった。ホワイトだけが鍋の内側もホワイトだった。
だが、色の黒い鉄の鋳物に白いホーローをかけるのは難しいらしく、黄色い斑点が出たり、ピンホールが目立ったりして、欠品状態が多かった事を覚えている。
バーミキュラはパールコートという新しいホーローの色づけを開発したようであるが、内側も外側もホワイトの鍋を出せばかなりヒットするのではないかと思う。

どうやら新色でパールホワイトとマットブラックが増えたようだ。2011年6月29日追記
ストウブの蓋の内側のセルフベイスティングは1926年にOlaf Tollagsenという米国人が特許をとっているそうです、sarsonsさん、情報ありがとうございます。2012年4月2日追記

Amazonの鋳物ホーロー鍋の検索結果

楽天市場の鋳物ホーロー鍋の検索結果

コメント(36)

投稿者:ERIさん コメント時刻:2011年02月24日 23:54
サイト:サイトなし

まさに、まさに私の言いたかった事をスパッと文章にして下さいました!
あの残念感、どうして誰も指摘しないのかなぁ〜。
まさにデザインはストウブとルクと、おまけで蓋の把っ手は無水鍋からのパクリ!?
あれだけの技術があって、世界に誇れるMADE IN JAPANを売り出したいなら、あのデザインはないよね〜と思っちゃいました。
ほんとに惜しい!
もしこの鍋がヨーロッパなどで紹介されでもしたら、まさにパクリ上手な中国製品と同じと括られちゃいますよね。。
amadanaあたりと組むとか、なにか出来なかったんですかねぇ。
あんなにメディアに売り込む手法を持っているのなら。

投稿者:管理人NAOさん コメント時刻:2011年02月25日 10:50
サイト: http://www.my-sapporo.com/

ERIさん、コメントありがとうございます!
ホント残念なデザインです。
技術はピカイチな大手メーカーの下請け的企業が、このままじゃいかん!と商品開発したのいいけれど・・・デザインが垢抜けていない!!!
amadana、初めて見ました。デザインがとんがっていていいですね!
WMFのようにとは言いませんが、愛知ドビーにはがんばってもらいたいです。

投稿者:長野房江さん コメント時刻:2011年06月28日 21:39
サイト:サイトなし

はじめまして。
突然のメール失礼いたします。

バーミキュラを検索してすごく目立っていたので、
お邪魔しました。

私は実は今年還暦のお祝いに子供達からバーミキュラを
プレゼントされ、とってもおいしく調理できるところや、
かわいらしいデザインも気に入って使っているものです。

ですが、この記事を見て大変残念な気分になってしまいました。
すごく気に入って使っているのですが・・・

子供たちは料理好きな私によろこんでもらおうと
1年もまえから準備してくれたそうなのですが、
その気持ちを踏みにじられたような気分で・・


こんな目立つ所にこんなひどい広告をするなんて、
私のように気に入って使っている人達はもちろん、
作ってらっしゃる職人の方々も悲しい思いをされているのではないでしょうか?

バーミキュラを作っているのは愛知県の小さな町工場だと聞きましたが(私も愛知県在中です)、こんなひどい営業妨害のような宣伝をしては、
逆につぶれてしまうのではないでしょうか?

震災で日本全員が助け合わなければいけない時だと思います。

なんの権限もない私のような老人からの勝手なお願いですが、御一考お願いできればと思います。

失礼いたします。

投稿者:管理人NAOさん コメント時刻:2011年06月29日 10:49
サイト: http://www.my-sapporo.com/

長野房江さま、コメントありがとうございます。
バーミキュラの蓋の形状につての感想は100%私の感覚によるものです。ですので、長野様が気にかけることは全くありません。

鉄鋳物ホーロー鍋で無水調理が出来るものはバーミキュラ以外に私は知りません。世界で唯一の鍋だと思います。ですので愛知ドビーがつぶれるような心配は全くないと思います。
バーミキュラは優れた機能の鍋だと思いますが、だからこそ余計に蓋のデザインが気になってしまったのです。
愛知ドビーは今後も製品開発を続けると思いますが、そのときはぜひデザインにもオリジナリティを出してもらいたいと思っています。

投稿者:nobitaさん コメント時刻:2011年12月15日 21:28
サイト:サイトなし

はじめまして。
バーミキュラのキーワードで訪問しました。
ピンクを家庭で使っていますがとても気に入っています。

デザインに関しては機能性を追求すると他と形が似てくるのだと思います。
フタだけ持って裏返しにして液ダレしないでテーブルに置ける形だとあのフタの形状になり、
鍋にフタを液ダレしないで立てかける為に鍋側の取手とフタ側のつまみがあり、
焦げ目を付けるためにリブがあり、
均等に蒸気を回すためにフタの内側にプチプチがあり、
などなど全てにおいて消費者目線の使いやすさと機能が考えられているのだと知れば知るほどデザインに納得です。

表面的な美しさだけで裏付けを知らない段階で批判するのはどうかと思います。
それこそ幼稚なデザイン批判になってしまっているので、
この記事は削除した方が恥ずかしくないと思いますよ^^

機能と使いやすさを追求して生まれたデザインが最高の表現。
デザインだけが一人歩きするデザインはニセモノですね。

投稿者:管理人NAOさん コメント時刻:2011年12月16日 14:02
サイト: http://www.my-sapporo.com/

nobita様、コメントありがとうございます。

>デザインに関しては機能性を追求すると他と形が似てくるのだと思います。

ではなぜ世の中に同じ機能で様々なデザインの商品があふれかえっているのでしょうか?
ハイブリッド車はみなプリウスに似てくるのでしょうか?
私は、クルーゼでもなく、ストウブでもないオリジナルなデザインの鉄鋳物ホーロ鍋を発表してもらいたかったのです。

投稿者:さくともさん コメント時刻:2012年01月14日 08:47
サイト: http://onukiya.soreccha.jp/

はじめまして。

貴重なご意見、とても参考になりました。

私も今後にも期待しています!

ちなみに今はルクルーゼを愛用していますが
近い将来、無水鍋も購入したいと思っています。

投稿者:suuさん コメント時刻:2012年01月14日 09:02
サイト:サイトなし

先般愛知に引っ越してきてこの鍋を知り気に入り予約をした者です。
色々意見があり興味深いですがどちらかというと長野さん・nobitaさんの意見に共感をおぼえます。
車と比べて鍋の場合機能とデザインがニアリーイコールになるのはしょうがないですよ。車の場合はシャーシ(骨組み)・エンジンやサスペンションなどの機能を担う部品に外装をまとっているのですから比較的デザインで主張する余地がありますが鍋はちょっと・・・と思います。ちなみにプリウスとインサイト離れてみたら外装ラインもたいして変わりませんし。

投稿者:comさん コメント時刻:2012年01月16日 13:25
サイト:サイトなし

ダッチオーブンをご存じですか。全てはそこが始まりで、それをオシャレにしたのが、ストオブを始めとする諸形態の鉄鍋。内側のいぼいぼはキッチンダッチオーブンと呼ばれる類には普通に付いているもの。鍋の取っ手は形態的につまみにするか、左右の羽にするかしかない。これを「物真似」だと言われると、立つ瀬がないのではないか。「個人的に」思うだけでなく、是非とも販売元に「残念なデザイン」「物真似」とメールを送りましょう。

投稿者:pikaさん コメント時刻:2012年01月25日 09:42
サイト:サイトなし

通りすがりにこの記事を見つけました。
私は正直、こちらの管理人さんの言ってることに一理ありと思ってしまいます。
なぜなら、単にメーカーを非難したくて言っているわけではないと思えるからです。
今はまだ日本国内でしか出回っていないようですが、この製品は管理人さんの言うように機能性はかなり高いです。しかし、いざ海外にも出そうと思った時、このデザインはメーカーにとっては足を引っ張る要素になるかもしれません。
デザインは私も正直スキです。なぜって、私はストウブのデザインが大好きだからです。(持ってないけど。いつか欲しいと思ってるだけで。)
………だって、やっぱり似てるもん。
似通ったデザインなんだから、そりゃ好みですよ。
その似通っているというのが問題なんです。
海外に出した時、やっぱり海外の人も、「似てる」と思う人がいると思います。
だって日本国内ですら、似てると思う人がいるくらいなんですから。
そうすると、欧米ではそういうものにとても敏感で、訴訟問題になるかもしれません。
だからこそ、こちらの管理人さんは、せっかくの機能的で優れた商品を、デザインひとつで世界に通用できないものにしてしまうのは勿体無いという思いで発言されたんじゃないでしょうか?
これはメーカーを傷つけるとか、そういう趣旨とは違いませんか?むしろ、心配してくださっているように思います。
私もメーカーと同じ愛知県民です。
日本のものづくりの中心地であるという自負もあります。
それだけに、せっかくの製品が、単にデザインが似ているというだけで世界に堂々と発表できないのは勿体無いと思います。
ですから、できれば今からでもデザインに多少のオリジナリティを加え、「パクリ」などと思われないものにすればいいのだと思います。
ハイブリッド車が例にあがっておりましたが、確かにラインは似通っていなくも無いです。ハイブリッドは燃費をよくするために風の逃がし方なども大きく影響するため、車体の形はどうしても似てしまいます。でも、デザインはやっぱり違うと思います。インサイトはホンダ車だけあって、フロントのデザインはホンダ車臭ぷんぷんですし、やはりあれはプリウスとは違うデザインです。
バーミキュラも、その鍋のおおまかなラインは似ていても仕方は無いと思いますが、細かな鍋の上のデザインは、少しでも差別化をはかり、オリジナリティを出せるのではないでしょうか?

管理人さん、長々書き込んでしまってすみませんでした。
私はかなり管理人さんの意見に同意していたので、こちらで批判的な意見が多いのに驚いてしまって、思わず熱くなってしまいました。申し訳ないです。

投稿者:アイコンさん コメント時刻:2012年01月25日 09:45
サイト:サイトなし

はじめまして。バーミキュラで検索していてたどり着きました。あまりにも同感すぎる記事でビックリです。

メイドインジャパンを大事にしたいのでストウブとルクルーゼとバーミキュラのどれを買うか?というと、もちろんバーミキュラですが(笑)。でもほんと、デザインについては本当に残念でなりません。

ストウブはストウブ、ルクルーゼはルクルーゼ、それぞれの特質を発揮しうるなかで究めていったデザインであると考えると、バーミキュラはバーミキュラの特質を発揮するなかで模索しうるデザイン性もあるのではないのか?と思います。

バーミキュラのたたずまいが技術偏重デザイン軽視に見えてしまうのは偏見だと言われる方もいらっしゃるかもしれませんが、技術的な背景を知らずにぱっと見た人にとって、ス…ストウブのパクリですか?というのがバーミキュラの第一印象になってしまうのは、あまりにも残念ではないか?と思います。

デザインの重要性を改めて認識しました、せっかくの技術力がもったいない。今後にぜひとも期待したいです。

投稿者:ゆきのさん コメント時刻:2012年01月25日 10:59
サイト:サイトなし

ストウブは無水調理可能ですー><!!
いろいろご意見もあるようですが、
ストウブ愛好者の私としてはよっぽど残念な気持ちでいっぱいです。
だって、できないことにされているんだもの!

V公式では言ってないかもしれません。ですが、
マスコミは世界で唯一無水調理が可能な商品だと毎回言う気がします。かなしい。。

私も好みの形は無骨なストウブです。
使いやすいしおいしくできるし大好きー!

投稿者:管理人NAOさん コメント時刻:2012年01月25日 20:34
サイト: http://www.my-sapporo.com/

ゆきのさん、アイコンさん、pikaさん、comさん、suuさん、さくともさん、コメントありがとうございます。まとまったご返事となりますがお許し下さい。
バーミキュラのデザインについては、これ以上コメントに対する自分の思いをアップしても、ブログの双方一方通行になるので放置しようかと思いましたが、このブログのアクセスのかなりがバーミキュラというキーワードで訪問してくださっていますので、まとめたご返事になってしまいますがコメントします。

ゆきのさんへ、ストウブは確かに無水調理できますとありましたが、実際にブロッコリーを茹でたりすると、同じ無水調理ができると言っているビタクラフトと比べ、上手にできませんでした。もちろん、何度か挑戦すれば、うまく出来るようになると思いますが、習得するのに時間がかかるので、あえて、『鉄鋳物ホーロー鍋で無水調理が出来るものはバーミキュラ以外に私は知りません』としました。

キッチン用品のデザインに関しては、どれも同じような何の創意工夫もない商品から、これは素晴らしい!と思わせるものまで様々なものがあります。
日本では、佐藤商事から色々なキッチン用品(特にステンレスボウル、ボウルにあれほどの形態を考えた人はいないでしょう)を出して先日亡くなった柳宗理氏や、グローバルの包丁をデザインした山田耕民氏、キッコーマンの醤油差しをデザインした榮久庵氏など、素晴らしい製品を世の中に送り出し人たちがたくさんいます。

ですので、あえて、愛知ドビーが作った無水鋳物ホーロー鍋のデザインが残念でならないのです。
あともう一歩、脳みそから汗を絞り出してオリジナリティーあふれるデザインだったら、本当に素晴らしい、世界に胸を張って発表できると思ったのです。

投稿者:節穴さんさん コメント時刻:2012年03月01日 10:26
サイト:サイトなし

デザインについては、取っ手の形状、蓋の縁の盛り上がりから窪みにかけての形状、塗装などの細かな差異の積み重ねで、非常に柔らかな印象を生み出していると思います。日本の女性に受けるデザインということで、こういう方向性なのだと思います。

ストウブとの比較については、ストウブと同等以上の機能を追求すると形状が似てしまいがちな中、デザインの力で頑張って差異化しているように受け止めました。ストウブは非常に骨太なので。

敢えて問題を指摘するならば、デザインそのものではなく、デザインとして表出するような機能面での差異化が、ストウブとの比較でなされていないことではないでしょうか(無水調理はデザインに現れないので)。これはかなりハードルの高い要求ですが。
そして、それを初めて鍋を作ったメーカーに求めるのはいささか酷なようにも思います。

ちょっと気になったので、通りすがりの者の考えとして書きました。
既に議論も一巡していると思いますので、このコメントは公開していただかなくても結構です。

投稿者:名も無きデザイナーさん コメント時刻:2012年03月04日 05:37
サイト:サイトなし

色んな人が自分の率直な意見を言い合い、面白いなと端から見た感じで参加してみました。

当方の意見としては、まず問題の本質はバーミキュラのデザインでは無く、タイトルの表現ではないでしょうか?
愛用品をけなされるのは確かに傷つきます。しかも、大企業を相手取るならまだしも、愛知の中小企業ですからね。。。余計に弱いものイジメのようにも見えてしまうのですよ。
なので、表現をもう少し柔らかくするとか、「バーミキュラとストウブ」みたいに含みを持たせるように仕掛けておく事で良かったのではないでしょうか。

バーミキュラに対しての個人的な意見としては、管理人さんやpikaさんの主張されている事は理解できます。幾つか思うのは、まず愛知ドビーにはデザイナーがいないと思います。根拠の一つとして本業では、主に機械部品製作なので設計者はいるがデザイナーはいない会社である事。
管理人さんが言うように名だたるデザイナーに頼めば良いモノが出来るかもしれませんが(宗理氏も田中氏も失敗に見えるモノはありますが。。)、カッコいいモノが必ず売れる訳ではないので、そんな高い金を払った賭けは出来なかったのではないでしょうか。(個人的は適してたのは小泉誠氏とか西堀晋氏がいいかと)推測ですが、鋳物ということもあるので、ストウブ現物をベースにして作ってるのでないかと思います。あの取手からは、まさに取ってつけた感がプンプンしてますし。崩しすぎるとカッコ悪すぎるし、一緒過ぎると著作権関係があるので、その折り合いをつけた形でしょう。私から見ると初めてのデザインのような稚拙な形に見えてしまいますが。。。デザインを生業にしている人なら、あの取っ手にするのなら蓋の形は変わってくるし、その逆もまたです。あの全体感の悪いデザインをデザイナーが形を起こしたとは考えられません。バーミキュラはデザインよりも機能とカラーバリエーション、メディアの力で売れているものだと思ってるので、デザインで評価される事は無いのかと思います。(Gマークは申請すれば7~8割くらいは取れるので意味がないものだと認識して下さい)そもそも、お遊びが案外売れてしまったということではないのでしょうか。
私的にこういった鍋を買うなら、アルミの無水鍋でしょうね。一番日本らしいデザインで変に飾ってなくて良いです。あれは機能美と言えるデザインだと思います。

全てのデザイナーに適度な時間とサンプル製作費を与えていただければ幸いです。(特に中小企業)

投稿者:うりさん コメント時刻:2012年03月24日 21:13
サイト:サイトなし

また蒸し返しているような形になってしまいますが
一言表明させてください。

私にとってはもやもやが的確に表現されていて
全く問題なし、納得です。
ただ単に好みの問題でしょうが
色といいデザインといいダサい。
中途半端というか無難な線を選んだというか。

機能はとっても魅力的ですが
いまいち手が出ないところです。
もちろん愛知ドビ―を応援したいですが
納得したモノを買い、大切に使い
提供してくれた会社を応援したいので
私には簡単に選べない微妙なデザインです。

感情的になるほどのことでもないですし
ピントがずれてる方もいるようで面倒ですね。

投稿者:sarsonsさん コメント時刻:2012年03月25日 08:32
サイト:サイトなし

蓋の裏にある突起はストウブのオリジナルではありません。1926年アメリカでOlaf Tollagsenという人が特許を取得しました。ちなみに特許番号は1598222です。

投稿者:管理人NAOさん コメント時刻:2012年03月26日 11:24
サイト: http://www.my-sapporo.com/

sarsonsさん、コメント有難うございます。
セルフベイスティングの特許情報ありがとうございます。
1926年に特許取得ということですと、期限が切れているので問題ないですね。
それにしても、Olaf Tollagsenという人、なかなかすごいですね。

投稿者:ほのほのさん コメント時刻:2012年03月31日 00:43
サイト:サイトなし

趣味に合う合わないは本当に個人の主観の問題なので、微妙だなと思う人がいるのも普通だと思います。
自分が気にいってる物をダサいみたいな言い方されると気分が悪いのも分かりますが、それを気に入っている人がダサいと言っているわけではないですし、どう思うかは自由だと思います。
◯◯を選ぶ人はお洒落だとか、そういうのは誰かが決めるものではないと思うので、誰がなんと言おうが自分が気にいったものを使えばいいじゃないですか(* ´ ∀ ` *)
使用感が一番重要なんですし。

私はコメントの返信なども読んで、若干勘違いされそうな表現もあるものの、けなしたいわけじゃなく、本人もおっしゃってますが日本の製品として確立して欲しいんだという風な印象を受けましたが。

感覚なんてみんな一緒のわけはないので、自分と違うのは当たり前で。
逐一気にしてたら疲れてしまいますよー!
自分で選んで見たのなら、見てしまった自分の責任でもあるというのを忘れてはいけないと思うんですよね。
私は最初から見ないようにしていますよ。
自分が気に入らない内容は見たら気分悪くなるのは分かってるので…。

前向きな内容なら「残念」よりも、「惜しい!」が合ってるのでは?

デザインが惜しいバーミキュラ

なら批判ぽくはないと思います。

投稿者:ほのほのさん コメント時刻:2012年03月31日 00:57
サイト:サイトなし

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20110302/1034686/?ST=trnmobile

ここで詳しく説明してくれてましたー。
賛同されてる方の中には批判的な人もいるようですが、何故この形になったか、どのような工程があったか等の理由や努力を知らずして簡単にパクリだのダサいだのと言うのは失礼だと思うので、読んでみてはいかがでしょうか~。

投稿者:鍋好きさん コメント時刻:2012年03月31日 01:20
サイト:サイトなし

少し時間がたっていますが、今日番組で取り上げられていたのでこちらへ辿りついた通りすがりの者ですがコメント読んで気になったので・・・(笑)

人それぞれ好みや評価するのは自由ではありませんか?

管理人様と違う意見を持たれるのも勿論自由です。・・・が、営業妨害だの・・表現の撤回を求めるような内容ではないのでは?

鍋評論家ならまだしも個人的評価でムキになって発言撤回を求めるような内容ではないでしょう?

ルクが好きな人、ストウブが好きな人・・皆鍋好きな人は製品に評価や意見持ってて当然ですよ・・

自分の持ち物にケチつけたれたようで面白くない気持ちもわかりますが、気に入ってるなら私は好きですよ~とか、良いと感じた評価をコメント・・で終わらせれば宜しいのでは?


調理器具・器・キッチン家電全てにおいて性能も大事ですが個人的にはデザインも大事です。

宗理や耕民のようなシンプルモダンな【和】を連想させるようなデザインで作りあげていたら私も手にしていたかもしれません・・。

けど、アルミ合金鋳物の【無水鍋】、【ル・クルーゼ】、【ストウブ】との生活を持つ者として一個人の意見ではバーミキュラは興味はあるが衝動にかられない域に止まっている鍋です。

理由は管理人様と全て同じです。

投稿者:humohumoさん コメント時刻:2012年04月19日 20:40
サイト:サイトなし

 今更ですが、最近気になった鍋なので書き込みします。

 私は以前デパートでバーミキュラの実物を見た事があります。
 機能性云々は別として、何も知らないで見た時はストウブとルクルーゼのいいとこどりの商品にしか見えませんでした。
 何も知らない人が見たらパクリだと思っても仕方のない領域のものだと思ってます。
 正にストウブのピコココットとルクのデュッフロンドの形を組み合わせたデザインですよね。
 見れば見る程似てると感じます。

 日本のデザインは共通して日本以外のアジア方面には人気があるようなので、この形でも営業活動の方法によっては海外でも活躍するとは思います。
 でもデザインの没個性な感じが日本の物だって認識されにくいかもしれませんね。

 思うんですが、蓋の上部にある「Vermicular」を円で囲うあのデザインって必須なんですかね?
 内側を同じ形にするにしてもパッと見の外見はもうちょっと特色の付けようがあったのではないかと確かに私も思います。

 どんなに苦労しようが工夫しようが結果が全てですから、結果をダサイと思うのは個人の主観であってそういった感情は別に失礼ではないと思います。
 むしろ、大多数の方がパッと見た目のデザインでダサイか素敵かを判断すると思います。

 この記事をきっかけに日本の工業デザインについて改めて考えさせられました。
 また、鍋一つとっても人の好みは多様だなと改めて思いました。
 ありがとうございます。

投稿者:sasaさん コメント時刻:2012年07月16日 16:54
サイト:サイトなし

今更ですが、管理人さんと全く同じ意見です。

自身はストウブを使用しています。
地元の南部鉄器も好きですが、使い勝手の面からストウブを購入しました。
これだけ技術のある日本で、この2社を超える製品は出てこないものか?
ずっと切に願っておりました。

ようやく出てきた商品を見て、残念ながらがっかりしました。

物はいいのに、見た目で勘違いしてしまう。
前出の鉄器も斬新なデザインの物がどんどん増えています。

日本は技術だけではなく、斬新なデザインも世界に引けをとらない。ぜひ日本の侘び寂びを盛り込んだデザインで新商品で世界に発信していただきたいです。

投稿者:管理人NAOさん コメント時刻:2012年07月17日 14:17
サイト: http://www.my-sapporo.com/

sasaさん、コメントありがとうございます。

南部鉄器の地元ですか。
私は岩鋳を使っています。

デザイナーの柳宗理が南部鉄器の鍋やフライパンを出しています。
しっかりとオリジナリティがあり、唯一無二です。
バーミキュラもデザインにもっと力を入れて欲しかったです。

投稿者:はぁいさん コメント時刻:2012年08月28日 09:14
サイト:サイトなし

しょうもない議論だね。
デザインが残念だのパクリだの。
物はあきらかにいい物だし、使ってる人は気に入って使ってるからいいじゃん。
てかなんでも批判をしたいんじゃない。
自分が使ってる物よりいい物がでてきたからひがみじゃないかなって感じちゃうわ。
ちっちぇ。

投稿者:はなはなさん コメント時刻:2012年11月10日 17:41
サイト:サイトなし

バーミキュラで検索していたらこちらにたどり着きました。
こちらの記事を見て、とても残念に思えました。
誰がどんな鍋を使おうと、別に関係ないのでは?
なぜこちらのコメント内で「あれじゃ海外にいっても。。。」とか「それは営業妨害だ」だの議論されているのか、正直わかりかねます。
管理人の方のご意見は管理人の方のご意見ですし、バーミキュラを使ってそれがいいというご意見があるのであればそれでいいじゃありませんか。
独自のデザインを求めているなんていったらキリがありません。
ぱくっただのぱくってないだの、埒があかないんじゃないかと思います。

それにここで批判的になってもTVなどのメディアという媒体でヴどんどん売り出しているのだし、評判もよさそうですし逆に管理人様へ批判的にコメントをされている方は「ま~た言ってるよ~」くらいでいいんじゃないですかね?

別に機能がよければそれでいいじゃないですか。
バーミキュラが出たからと言ってストーブやルクを使っている人に迷惑かけたのでしょうか?
また、それは逆もしかり・・・・。

(ただ、中華ガンダムは言い過ぎではないかな?と思います。
あれば全く別物ですし、、、どうみても、、、だって似てないものwwまずwwそれに何よりも中国は質が。。。)

私は一町工場が世界にも通用できる技術を持って自社の中で最高の鍋を作り勝負をしたということ自体に拍手を送りたいと思っています。

今この不景気の中での技術開発大いに結構かと思いますよ^^
同じ日本人であればそれを評価してあげたらいかがでしょうか?

投稿者:カレーパンさん コメント時刻:2013年05月25日 17:15
サイト:サイトなし

さっきテレビでバーミキュラ開発秘話を見て検索してきた者です。

フタのデザイン(文字の配置も含む)は、海外にバーミキュラが出た際に残念ながらストウブの意匠権侵害の可能性が指摘されると思います。

迷惑かけていないから良いとおっしゃる方もいますが、それは使う人側の意見であって、
メーカーからすればお金と時間をかけて追求した美観を模倣されて「どうぞどうぞ」とは言えないわけです。

実際に、鍋のデザインに関してはヘンケルスが中国の会社を訴えたり、アメリカのメーカー同士が訴訟合戦になったりと事例はいくらでもあります。

バーミキュラは日本の技術の粋が詰まった素晴らしい鍋で、世界でも勝負できるものです。
だからこそ、デザインで足元をすくわれるような事態は回避してほしいと願っています。

投稿者:管理人NAOさん コメント時刻:2013年05月27日 21:03
サイト: http://http://www.my-sapporo.com/

カレーパンさん、コメントありがとうございます。
このエントリーをアップしてもう2年以上たちますが、バーミキュラの人気は衰えていないようですね。

現在ではカラーバリエーションも増えているようですが、HPを見たところ、未だに納期12カ月となっており、やはり技術的に大量生産するには職人技に頼りきっている(ル・クルーゼもストウブも職人が作っていると想像出来ますが)状況には変わりないようですね。

技術系の私としては、せっかくのヒット商品を生み出したので、ぜひ若手(これから目指す人でも)職人を雇用して納期を短縮するようになればいいのになと感じています。

それにしても、最近はTVをあまり見なくなりましたが、またバーミキュラの番組を放送していたのですね。
このメーカーの技術力が広まるのはいいことなのですが、デザイン面でも妥協してほしくなかったです。
おそらく、開発担当者は最高の鍋を目指して開発したはずですので、本当に残念です。
素人考えながら、一度ヒットするとあのデザインはそう簡単には変更はできなくなるでしょう。今の鍋は最初の製品として残し、次は新デザインで新たな商品開発を期待したいです。

投稿者:mmえみりんさん コメント時刻:2013年06月10日 10:20
サイト:サイトなし

通りすがりですがコメント失礼します。
私もブログ書いてまして、鍋に限らず飲食店だったり
何だかなーって思うことを正直に書いています。
別に誰かに知らせたいわけでもなく個人の勝手です。

私はルクルーゼとストウブを持っています。
鍋のおかげで料理が苦手だったのに
料理をすることに興味が出て学校に通って
インストラクターなりました。

いくつあっても限定色が出たらまた欲しくなっちゃう
ルクルーゼや、機能性充実のストウブに比べて
やっぱりバーミキュラってデザインが残念だと
思っています。蓋もだし色もだし鍋の内部の
グリルみたいになったデザインも
いらないでしょって思っちゃうなー。

なんでそんな鍋を一年も待つのか意味不明だし
鍋一つじゃ料理できないんだから
バーミキュラの値段を出すならアウトレットや
安いとこに行けば素敵なデザインの
ストウブとルクルーゼが同時に2つ買えるじゃなーいって
思います!

管理人さんのおっしゃる通り、
そんなに技術、時間を使って作るのなら
真似を彷彿させるものではなく世界に誇る
新しいデザインのものを作って進化することが
大事だと思います。真似は真似。
気に入って使ってる方はその鍋にした理由があるんだから
批判とか気にせず好きな人が集まるとこに行って
好きに使えばいいと思います。

あと、この記事だけにこのコメント数w
ちょっと批判しただけで工場がつぶれるだの
削除しろだの。。。

批判コメントをみると全体的に形式も似てるし
もしやV社関係者の人が書いてるのでは?

って思うのは私だけではないと思うのですが。。。

投稿者:管理人NAOさん コメント時刻:2013年06月11日 14:44
サイト: http://http://www.my-sapporo.com/

mmえみりんさん、コメントありがとうございます。

Google検索で、このブログが上位に表示されていますので、結構な数の様々なコメントを頂いております。
ホント、上位に表示されるとすごいことになります。

私は、このままで海外進出するとヤバイことになるかもと心配してこの記事を書きましたが、どうも受け取る方の感じ方は様々なようですね。

まあ、当然愛知ドビーの関係者の方も見ておられると思いますので、新作にはぜひ世界に胸を張れるようなデザインを期待したいです。

あと、苦手な料理を克服してインストラクターになられたそうですが、素晴らしいです。活躍をお祈りします。

投稿者:fujiyamaさん コメント時刻:2013年08月20日 11:18
サイト:サイトなし

日本の物作りって、未だに良い物作れば売れるって旧い考えがあって、
良い物+αの付加価値(意匠だとか競合製品との差別化)が必要だと思います。
そういった所が無頓着ではグローバルな市場ではやっていけないと思います。
結局似通ったデザインではルクルーゼでいいじゃん!ってなるし。
(ルクルーゼは勿論良品ですが)
安かろう悪かろうの製品が席巻して久しい時勢ですが、
良品だからこそ商品力を高める必要があると思います。
その点、韓国製の電化製品などは日本製に若干性能で譲る事が
あっても、価格その他で商品力を高めてシェアを奪ってしまいました。

愛知ドビーさんは元々調理器具メーカーじゃなかったみたいなんで、
これからでしょう!

投稿者:今後に期待さん コメント時刻:2013年11月05日 23:59
サイト:サイトなし

確かに今のデザインは良くあるタイプなので目新らしさには欠けるかもしない。
これこれで良しとして、新たに和っぽい、日本発の恰好いいデザインの鍋が出たら絶対に買うと思います。
世界に誇れる日本の鍋を是非作って下さい!
期待してます!

投稿者:ブリコの使い手さん コメント時刻:2014年03月08日 15:59
サイト:サイトなし

モデルチェンジに期待します。
メイドインジャパンの名を惜しみます。
しかも、その名声が得られたのは、最近の事。
その名声は、昼夜を問わず、家庭をも顧みず、世界に日本製品を浸透させ製品の改良を続けた人々の汗と苦労の結晶です。
内需で改良し、世界で勝負するのが日本の工業製品の常勝パタ-ン。
海外に打って出るまでに、機能をより高めつつ、遠くから見てもひと目でそれとわかるデザインに改良していただきたいと思います。
ブリコの鍋を愛用しており、機能はほぼ満足ですが、蓋のすり合わせにはもう少し精度がほしいと常々おもっていました。
私も「今後に期待さん」同様今後に大いに期待しております。
また、ブリコは高齢の母には持ち上がらないので、テクノロジ-を駆使し、機能はそのままでもっと軽量な鍋も設計してもらえたらとおもいます。 

投稿者:rosepinkさん コメント時刻:2014年05月28日 23:06
サイト:サイトなし

バーミキュラが届きたてで喜んでる中にこのサイトに出会いました。おっしゃってる意味はよく分かりますよ。
確かにパッと見ソックリ!

でも、雰囲気というんでしょうか?
やっぱりバーミキュラは丸っこくて柔らかいですよ。
色もパール系のパステル色で、本当に綺麗な色です。

赤や黄色は体に有害な物質を含んでいるので作らない、とも言ってます。

ネーミングもしましたから、一生のマイ鍋です。
お料理していて上がりますょ。

鍋のデザインて、ホーロー以外でもそこまで大きく変わらないのじゃないですか?
あんな綺麗なパール色の調理器はなかなかないですよ。
ぜひ手にとって実物を見てみてくださいね。

優秀な日本の中小企業を応援する気持ちも込めてバーミキュラを選びました。
海外でも人気が出るといいですね!

投稿者:私も期待!さん コメント時刻:2014年09月07日 13:36
サイト:サイトなし

「残念」ってタイトルすごいしっくりきました!

最初は定番のルクルーゼから入って、ちょっと調べてストウブ、
もっと調べてシャスールやバーミキュラに辿りつく私のような主婦は多いと思うので
ルクの可愛さ、ストウブの機能性を見慣れた後では「・・・・・・・」と思いました。

まあ可愛いのですが、細かい所は圧倒的に便利なのですが
どうしても、すごく良くできた中華パクリを見ているようなもやもやがあったのです。
外国人の友人に気持ち的にやや出しづらいものが。便利ですけど。
小型軽量化は日本のお家芸だと思いますし、
今後リニューアルした時には見た目も是非がんばってほしいです。

投稿者:中身も外見も大事さん コメント時刻:2014年09月16日 10:42
サイト:サイトなし

 数ヶ月待ちでやっと手に入れたバーミキュラを、このサイトを見て残念というかモヤモヤした気持ちになった方はたくさんいると思います。
 私はバーミキュラを持っていませんが、日本が経済的に豊かになったにも関わらず、未だに他の模倣と一見してわかるデザインで販売している事に残念な気持ちになります。
 絵画の模写や模倣は、ミケランジェロなどの巨匠も美術を学ぶ際にはしていた事ですし、一流から学ぶ一番の近道でもあり、その一流品から受けた影響を、自分なりに昇華して、オリジナリティあふれる作品に仕上げる事はとても大変な事です。
 「鍋のデザインて、ホーロー以外でもそこまで大きく変わらないのじゃないですか?」と、先の方がおっしゃっているとおりです。
 だからこそ、既成概念を突き破ったオリジナリティに対して人は敬意を払い、高額な対価を払うのです。

 バーミキュラを見た印象は、
「ストウブ」+「ル・クルーゼ デュッフ」÷2
で、意匠権を争うことになれば確実に負けます。

 バーミキュラの性能自体は大変良い物のようなので、オリジナリティなデザインを足して「作品」と呼べる商品に仕上げ、会社が胸を張って提供できる物を、そして購入者の所有欲を満たす物を、いつか作ってくれる事を切に願います。

 調べてみたら、愛知トビーって自転車で数十分の距離のご近所さんでした、なおさら頑張って欲しいです。

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません。)


入力無い場合サイトなしと表示されます

トラックバック(0)

トラックバックは管理人NAOの承認制です。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/817

ソーシャルブックマーク登録

札幌生活トップ>不定期日記 > 2011年の日記



管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku-life@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

サイト検索

勝手に応援
札幌の個人事業者

Mac、iPhone、iPod touchのアプリケーション開発の快技庵
Mac、iPhone、iPod touch
のアプリケーション開発
快技庵

次世代顔文字ツールSmileSender
笑顔を作り笑顔を送る
新世代 顔文字ツール
SmileSender

青空文庫読むなら豊平文庫
青空文庫読むなら
豊平文庫

へんなもの屋
禁煙グッズのへんなもの屋

フランス直輸入の
セレクトショップ
FORTUNA

林啓一が作る紙工作のページ

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物

楽天市場でお買い物
ネットで買えば断然お得!
お買い物なら楽天市場

楽天トラベル
【日本最大級の旅行サイト】
楽天トラベル


Amazonでお買い物


【Yahoo!ショッピング】
豊富な品揃え!
探しやすい!



Yahoo!オークションでリユース

デル株式会社
デルオンラインストア


マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!