札幌生活トップ > 不定期日記 > 2011年の日記 > 津波のスピードには敵わない、TVの緊急警戒放送機能は義務化すべきだ

前の記事次の記事


blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします

津波のスピードには敵わない、TVの緊急警戒放送機能は義務化すべきだ

2011年3月13日(日)
3月11日に起きた巨大津波だが、仙台の名取川をさかのぼり農家を飲み込む様子をNHKがヘリコプターから中継していた。
あの様な中継は二度と見ることができないと思う。そこで、その録画と、GoogleEarthを見比べながら陸上を進む津波のスピードを計算してみた。

1ヶ所目はちょうど名取川を津波がさかのぼり始めたところで、アナウンサーが民家が津波にのまれるている事に気づいたところから始まり、320mさかのぼりトラックが止まっている橋に到達するまでのスピードだ。
このシーンは海岸に比較的近い場所(海岸から約1km、少しまばらな500mほどの住宅街を飲み込んだ後)から始まっているが、320m をさかのぼるのに53秒かかっていた。秒速約6mで時速にすると21.6kmだ。

2ヶ所目は1ヶ所目のシーンから左にパンして、すでに津波が畑の中までかなりの距離(海岸から約1.9km、結構密集した幅700mほどの住宅街を飲み込んだ後)から始まり、用水路を通り越したところから160mさかのぼるまでで42秒かかっており、秒速約3.8m、時速約13.7kmだった。

TV中継は津波が止まるまで放送していなかったので、何キロ先までさかのぼったかわからないが、画面が切り替わるまでは5キロぐらいさかのぼっているように見えた。
2ヶ所とも内陸に1キロ以上はいりこんでいるところから始まっているが、1ヶ所目の時速21kmは論外だが、2ヶ所目の時速13kmも畑の中を進むスピードであるので、人間の走るスピードでは、距離、スピードとも到底逃げ切る事は出来ない。逃走途中に用水路などの障害物があってもたついているとあっという間に津波に追いつかれてしまう。

TV中継では津波に気づいた車が進路を変えてなんとか逃れようとしているのも映ったが、何台も間に合わず津波にのまれているシーンが映し出されていた。
名取川に津波が到達したのは地震があってからちょうど一時間経ってからだが、TVなどで大津波警報を見て避難した人はともかく、車などでたまたまあの場所を通りかかったり、そのまま家にいた人たちは逃げる事はかなり難しいだろう。
今後は緊急警戒放送機能はラジオやTVに必須とすべきだと思う。最新の地デジ対応TVやカーラジオ、カーナビにこの機能が付いていないのは、ほとんど犯罪と言ってもいいのではないだろうか。

Amazonの津波の検索結果

楽天市場の津波の検索結果

コメント(2)

投稿者:箕輪伝蔵さん コメント時刻:2011年03月16日 21:49
サイト: http://mn-nishi.at.webry.info/

元気づけられることも多いなか、買占めなどなど、悲しい現実が浮かんでしまっています。今、最前線で活動できる人たちは限られていますが、それができない人たちは、少し節約と辛抱をしての普通どおりの生活で、足を引っ張らないこと・・それが大切なことのように思えてきました。
復興には長い時間がかかります。そんな時のためにも、です。

投稿者:管理人NAOさん コメント時刻:2011年03月19日 13:36
サイト: http://www.my-sapporo.com/

箕輪伝蔵さん、コメントありがとうございます。
全くおっしゃる通りです。
災害に遭わなかった人たちは、等しく復興の手伝いをする意味で、少しの辛抱と節約が大事だと思います。
一時の感情にとらわれず、復興が終わるまで長く続ける事が必要です。

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません。)


入力無い場合サイトなしと表示されます

トラックバック(0)

トラックバックは管理人NAOの承認制です。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/824

ソーシャルブックマーク登録

札幌生活トップ>不定期日記 > 2011年の日記



管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku-life@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

サイト検索

勝手に応援
札幌の個人事業者

Mac、iPhone、iPod touchのアプリケーション開発の快技庵
Mac、iPhone、iPod touch
のアプリケーション開発
快技庵

次世代顔文字ツールSmileSender
笑顔を作り笑顔を送る
新世代 顔文字ツール
SmileSender

青空文庫読むなら豊平文庫
青空文庫読むなら
豊平文庫

へんなもの屋
禁煙グッズのへんなもの屋

フランス直輸入の
セレクトショップ
FORTUNA

林啓一が作る紙工作のページ

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物

楽天市場でお買い物
ネットで買えば断然お得!
お買い物なら楽天市場

楽天トラベル
【日本最大級の旅行サイト】
楽天トラベル


Amazonでお買い物


【Yahoo!ショッピング】
豊富な品揃え!
探しやすい!



Yahoo!オークションでリユース

デル株式会社
デルオンラインストア


マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!