札幌生活トップ>不定期日記 > 2010年の日記

blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

2010年の日記

昨年はCOP15があり、地球温暖化の話題が多かった気がします。しかし、気温のデータ捏造問題も起き、今年は状況が変化するかもしれません。

巨大ズッキーニ

2010年8月17日(火)
30cm超のズッキーニ
30cm超えのズッキーニ、真ん中の物差しは30cm。

8月15日に母方の実家に行った際にもらってきたズッキーニ。大きな方は長さ44cm、重さ2.4kg。
実家は元農家で、今では田んぼは手放したが畑はあり、そこで野菜を育てている。
今年は天候不順のせいで作物の育ち方にばらつきがあると言っていた。
幸いズッキーニには合っていたらしく、写真のように巨大化した。
自分だけでは食べきれないので、小さい方はたぱすへ、大きな方はクスクスへお土産として持っていった。
ラタトゥイユにすれば結構な量になるのではないだろうか。

他にもメロンやジャガイモ、ミニトマトなどももらってきた。
ミニトマトはしっかり完熟したのを取ってきたので味は最高だ。スーパーなどで売っているものと違い、味の濃さが全然違う。取り立てを食べる事ができる贅沢は格別だ。
農家を実家に持つ者のささやかな贅沢だ。

Amazonのズッキーニの検索結果

楽天市場のズッキーニの検索結果

トラックバック数:0、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

核廃絶で誰も語らないイスラエルの核

2010年8月9日(月)
毎年この時期なると核廃絶に向けた声明などが発表される。
今年はアメリカの駐日大使や国連の事務総長が初めて広島入りした。
しかし、そこで語られた言葉はいつもと同じ『決意表明』にすぎなかった。

現在、イランの核開発に対する制裁決議が国連や各国独自で行われようとしている。しかし、イランはNPTに加盟しており、今まで何度も核査察を受けてきた。その結果は必ずしも真っ白とは言えないまでも黒からはかなり遠いグレーだ。そして、一貫して核開発は医療用などの平和利用に限っていると発表している。
一方、世界にはNPTに加盟せず、公然と核兵器を開発している国がいる。インド、パキスタン、北朝鮮だ。
これらの国はNPTという核仲良しクラブに反発し、公然と核実験を行っている。当然ながらこれらの国は国際的に非難されており、北朝鮮はその過激な手法から制裁を受けている。
しかし、核兵器といえども物理原理を応用した兵器である。どの国でも理論的に製造は可能だ。

アメリカでオバマ政権ができ、核廃絶への気運が高まっているが、その一番の障害になっているのがNPTに加盟せず世界の公然の秘密と言われる、100発以上の核を保有していると見られているイスラエルだ。
NPT加盟国で核を保有している国は、冷戦時代にお互いの不信感から核を持つようになった。そのため、冷戦構造が崩れた現在ではその存在意義が薄れ、管理維持に莫大なコストがかかる核兵器の廃絶に向かうのは自然の成り行きとも考えられる。
しかし、非NPT加盟国の核はそれとは異なっている。特にイスラエルは明確に敵国を想定しており、相手国が核開発を行う兆しが見えたとき、先制攻撃まで行っている。非常に過激な行動を過去に起こしている。

そして一番の懸念は、イスラエルが核実験を1回も行っていない点だ。
自国開発の核兵器には必ず実際に作動するか実験が必要だ。また、実験を行う事により核保有を内外に認め、抑止力として利用する事もできる。その実験を行っていないという事は、確実に作動する完成した兵器を持っている事になる。
おそらく、イスラエルは何度も行われた中東戦争のどさくさにまぎれてアメリカから核を入手したと思われる。

核査察も受けず、その気になれば先制攻撃も辞さない過激なイスラエルに対し、アメリカはもちろん、国連も何の行動を起こしていない。
この、世界で一番核を武器として使う可能性のある国に対して沈黙を続けているうちは、核廃絶は夢物語だろう。
事あるたびに『唯一の核被爆国』を連呼する日本も、もの言わぬ国の一つだ。
核廃絶を真剣に考えているのかはなはだ疑問だ。

世界がイスラエルの核について語り始めた時が、本当の核廃絶への始まりだと思う。
毎年この時期になるとその事を思い知らされる。

Amazonの核兵器の検索結果

楽天市場の核兵器の検索結果

トラックバック数:0、コメント数:2
このエントリーにコメント、トラックバックをする

7月の二酸化炭素排出量

2010年8月2日(月)
2010年7月の自宅の二酸化炭素排出量
ガスの使用量は減ったが、電力と燃えるゴミが増えて、先月よりわずかに増えてしまった。元データはこちらから。

恒例の二酸化炭素排出量だ。
先月は電力と燃えるゴミが少し増えてしまい、ガスの使用量は減ったが二酸化炭素の排出量は増えてしまった。

ガスコンロと電気(IHヒータ、電子レンジ)による加熱では、ガスコンロが一番効率が悪いことは以前実験してわかっている。
エネルギーの有効利用の観点からは一番効率の良いIHヒータを使うのが良いのだが、二酸化炭素排出量は天然ガスの方がはるかに少ない。どちらを取るか悩ましいところだ。
だが、電力は太陽光や太陽熱、地熱、風力など燃料を使わずに作り出すことができる。一方ガスはそうはいかない。
長い目で見れば天然資源の有効利用という面からも、加熱などには電気を使う事が主流になるだろう。
という事で、今後は電気を使って調理する事が多くなると思う。
ただ、残念ながら今の電力の二酸化炭素排出係数では二酸化炭素の排出量は増えていくと考えられる。

別な側面では、特に暑い今年の夏は、調理中に空気を加熱しないIHヒータは重宝するだろう。
なかなか省エネと二酸化炭素排出量の削減は両立しにくいものだとつくづく思う。
オール電化は当分無理なので、省エネのため、お湯を沸かすのに電気ポットでも買おうかなと考える最近である。

AmazonのIHクッキングヒーターの検索結果

楽天市場のIHクッキングヒーターの検索結果

トラックバック数:0、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

いつもの札幌の夏はどこへ行った

2010年7月30日(金)
7月も残すところ1日となったが、平年気温だと8月に入れば気温が低下してくる。もう夏の終わりが始まったという事だ。
それにしても7月は曇りや雨の日が多くて蒸し暑く、晴れの日が少なかった。平年と比べると6月の方がはるかに気温が高かった日が多かったが、7月は日照時間が少なすぎる。
いつものカラッとした札幌の夏はほとんどない。
7月の日照時間は平年だと175.8時間であるが、今年は29日までで65.4時間しか無い。だいたい1/3だ。それでいながら気温は平年より高かった。蒸し暑いのも納得がいく。

7月22日発表の北海道地方3ヶ月予報によると、8月は気温は平年並みだが、降水量が多いとなっている。カラッとした夏は難しいようだ。
せめてメリハリの利いた天候になってもらいたいものだ。

Amazonの除湿器の検索結果

楽天市場の除湿器の検索結果

トラックバック数:0、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

アナログTV停止まであと1年、大丈夫か?

2010年7月22日(木)
来年のアナログTV停波まであと1年となった。
そんな中、7月20日の北海道新聞で、放送関係のジャーナリストがアナログ停波の延期を求める提言をしたと記事にあった。オリジナルの「地上デジタル放送(地デジ)完全移行の延期と現行アナログ放送停止(停波)の延期を求める」はこちら。
池田信夫さんの「サイバーリバタリアン」でも懸念を表明している。
要するに今年3月現在での地デジの世帯普及率の83%という数字にはトリックがあるという事と、来年の7月時点でのアナログTV台数は5000万台ほど残ってしまい、大量の粗大ゴミが発生する懸念があるというもの。

台数の問題も大変な事だが、私がどうしても納得できないのは地デジになったからといっても放送される番組の内容は何も変わりそうもないという点だ。せっかくデジタルになり、多チャンネル化されてもメジャーキー局の放送しか見る事ができない。政府の方針でテレビを買い替えても見る事のできる番組は同じだ。
せっかくデジタル化するのにどうして全国のローカル局の番組を見る事ができないのか。横並び放送のメジャー局の番組より、地域に根ざした番組を見たいと思うのは私だけなのだろうか。

もう一つは、BSデジタルではメジャーキー局はすでに地上波とは別の番組を放送しているが、地デジの難視聴対策で地デジと同じ番組も配信している点だ。すべての難視聴地域をなくす事は物理的に無理だから、この状況は少なくとも相当の未来にわたって続けられると思う。
最初からBSデジタルで地デジと同じ番組を放送できるなら、テレビのデジタル化はBSだけにすればよかったのではないだろうか。そうすれば地デジ対応のための放送機器は、受信するわれわれも含めて必要が無くなる。
デジタル対応テレビはBSのみのチューナーで良くなるし、コストも下がる。そうすれば普及も早くなると考えられる。

いずれアナログ放送は無くなるとしても、それの代わりに地上波をデジタル化するメリットがどうにも納得できない。いっそうの事、テレビ放送はすべてBSデジタルにすれば良かったのだ。アナログ停波はあと5年ぐらい先延ばしにして、そのときにすべてのテレビ放送をBSデジタル化にした方が良いのではないかと思う。

最後に気になる点が1点ある。東京スカイツリーが完成すると地デジの電波を発信する場所が変わるが、そうすると関東圏ではアンテナの向きを変えないといけないかもしれないという点だ。今のところ向きを変えずとも受信できるとWikiには書かれているが、本当に大丈夫であろうか。東京以外でも電波の発信元が変わる可能性はいくらでもある。ある日一斉にアンテナの向きを変える事などできないのだ。地デジのUHFはVHFより直進性が強いので気になるところだ。

Amazonの地デジの検索結果

楽天市場の地デジの検索結果

トラックバック数:1、コメント数:2
このエントリーにコメント、トラックバックをする

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

札幌生活トップ>不定期日記 > 2010年の日記



管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku-life@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

サイト検索

勝手に応援
札幌の個人事業者

Mac、iPhone、iPod touchのアプリケーション開発の快技庵
Mac、iPhone、iPod touch
のアプリケーション開発
快技庵

次世代顔文字ツールSmileSender
笑顔を作り笑顔を送る
新世代 顔文字ツール
SmileSender

青空文庫読むなら豊平文庫
青空文庫読むなら
豊平文庫

へんなもの屋
禁煙グッズのへんなもの屋

フランス直輸入の
セレクトショップ
FORTUNA

林啓一が作る紙工作のページ

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物

楽天市場でお買い物
ネットで買えば断然お得!
お買い物なら楽天市場

楽天トラベル
【日本最大級の旅行サイト】
楽天トラベル


Amazonでお買い物


【Yahoo!ショッピング】
豊富な品揃え!
探しやすい!



Yahoo!オークションでリユース

デル株式会社
デルオンラインストア


マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!