札幌生活トップ > 不定期日記 > 2010年の日記 > 自ら放棄した安全操業、国の本格的対策を願う

前の記事次の記事


blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします

自ら放棄した安全操業、国の本格的対策を願う

2010年3月9日(火)
羅臼漁協のスケソウ漁の漁船19隻のうち15隻が衛星通信漁船管理システム(VMS)を切っていた件で、ロシアから銃撃された2隻については今後の調査で処分を決め、残りの13隻は14日間の出漁禁止となった。

問題の操業場所が日本領土であるかどうかはひとまず置いておくとして、この安全操業は現実問題として、旧ソ連の頃から何度も繰り返されてきた拿捕の危険性を無くすために考えられた自主規制のようなものだったはずだ。羅臼の一部漁民はこれを自ら破ってしまった。
ロシア船の漁により、羅臼漁協の水揚げが大幅に減ったのは残念に思うが、だからといって漁のために自ら定めた安全操業を破りるのは何の解決にもならない。

北方領土問題はそう簡単に解決できる問題でないことは誰の目にも明らかだろう。解決に時間がかかるからこそ、漁業者の収入を確保するための安全操業ではなかったのか。水揚げ量が減ったからといって区域外操業をすれば、銃撃や拿捕のといった結果を招く。あまりにもリスクが大きすぎる。漁船に対する処分は仕方ないと思う。

それにしても、このような仕組みではやり方ではいつまでたっても同じことの繰り返しだろう。
麻生政権の末期には日ロ首脳会談で、領土問題は過去にとらわれず検討するとなったはずだ。
麻生政権は無くなったが、鳩山政権でもこの方針には今のところ変更は無いはずだ。
しかし国はどのような方針を持っているのか今ひとつはっきりしない。はっきり言って無策だ。国はもっと積極的にこの問題の解決に向けて何らかの対応をしてもらいたい。

Amazonの北方領土の検索結果

楽天市場のスケソウダラの検索結果

コメント(1)

投稿者:sachitakさん コメント時刻:2011年10月13日 08:21
サイト:サイトなし

自主規制だなんて誰も思ってないですよ。羅臼の漁業事情を何も知らない人や国が、勝手に制定した妥協案的なものですから。正直実情にそぐわないからこういうことになる。羅臼の漁業関係者だって撃たれる覚悟で仕事するとか、そんなのやりたくてやってる訳ではないです、しかし、生死をかけてまでしなきゃいけないぐらい、もうどうしようもないんです。それを国も一般人も理解してほしいと思います。

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません。)


入力無い場合サイトなしと表示されます

トラックバック(0)

トラックバックは管理人NAOの承認制です。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/745

ソーシャルブックマーク登録

札幌生活トップ>不定期日記 > 2010年の日記



管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku-life@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

サイト検索

勝手に応援
札幌の個人事業者

Mac、iPhone、iPod touchのアプリケーション開発の快技庵
Mac、iPhone、iPod touch
のアプリケーション開発
快技庵

次世代顔文字ツールSmileSender
笑顔を作り笑顔を送る
新世代 顔文字ツール
SmileSender

青空文庫読むなら豊平文庫
青空文庫読むなら
豊平文庫

へんなもの屋
禁煙グッズのへんなもの屋

フランス直輸入の
セレクトショップ
FORTUNA

林啓一が作る紙工作のページ

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物

楽天市場でお買い物
ネットで買えば断然お得!
お買い物なら楽天市場

楽天トラベル
【日本最大級の旅行サイト】
楽天トラベル


Amazonでお買い物


【Yahoo!ショッピング】
豊富な品揃え!
探しやすい!



Yahoo!オークションでリユース

デル株式会社
デルオンラインストア


マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!