札幌生活トップ > 不定期日記 > 2010年の日記 > 読みやすいフォント指定とは

前の記事次の記事


blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします

読みやすいフォント指定とは

2010年5月8日(土)
MacとWindowsでの文字表示例
Windows(IE、上)とMac(Safari、下)の文字表示の違い

以前ユニバーサルデザインのフォントの記事を書いたが、最近居酒屋で明朝体の横線がかすれて見にくいお品書きを見て、ホームページのフォントはどうなのだろうと気になった。

以前はfont指定をしていなかったため、表示されるフォントはブラウザの標準フォントとなるが、これがMac/Windowsの違いはもちろん、同じOSでもブラウザにより異なり、見え方がだいぶ違う。
この辺りはユーザーがブラウザの設定を変えることができるので、あえて指定していなかった訳だが、どうせならと読みやすいSans-serifを指定しみた。
そうすると上の画像のようにMacのSafariではやや太めのゴシック体となるが、WindowsのIEではMSPゴシックが使われ、文字が細く表示される。文字間隔もIEは狭くなる。

ならばと、font-weightで600を指定してみたところ下の画像のようにIEの表示はアンチエイリアスがかからないので、非常にどぎつくなってしまい目が疲れる。
font-weightを600に指定した時のIEの表示

結局のところMacとWindowsのこの違いは、OSに入っているフォントの違いによるものなので、Windows側に少し太めのフォントが標準で入らない限り同じように見えるようにすることはできない。
アクセスビリティの観点からもイワタのUDフォントのような見やすいフォントをMac/Windows両方に標準で入れてもらいたいものだ。

Amazonのユニバーサルデザインの検索結果

楽天市場のユニバーサルデザインの検索結果

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません。)


入力無い場合サイトなしと表示されます

トラックバック(1)

トラックバックは管理人NAOの承認制です。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/757

送信元 » URIN HACK より
毎日PCを使うことによる目の疲れを軽くする、とても簡単な1つの方法
Windowsのマウスカーソルのデフォルトサイズは16pxで、Windows 1.0(初版)が発売されてから28年間、今までずっと変わっていません。 [詳しくはこちら]

ソーシャルブックマーク登録

札幌生活トップ>不定期日記 > 2010年の日記



管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku-life@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

サイト検索

勝手に応援
札幌の個人事業者

Mac、iPhone、iPod touchのアプリケーション開発の快技庵
Mac、iPhone、iPod touch
のアプリケーション開発
快技庵

次世代顔文字ツールSmileSender
笑顔を作り笑顔を送る
新世代 顔文字ツール
SmileSender

青空文庫読むなら豊平文庫
青空文庫読むなら
豊平文庫

へんなもの屋
禁煙グッズのへんなもの屋

フランス直輸入の
セレクトショップ
FORTUNA

林啓一が作る紙工作のページ

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物

楽天市場でお買い物
ネットで買えば断然お得!
お買い物なら楽天市場

楽天トラベル
【日本最大級の旅行サイト】
楽天トラベル


Amazonでお買い物


【Yahoo!ショッピング】
豊富な品揃え!
探しやすい!



Yahoo!オークションでリユース

デル株式会社
デルオンラインストア


マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!