札幌生活トップ > 不定期日記 > 2010年の日記 > 片岡球子展@芸森

前の記事次の記事


blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします

片岡球子展@芸森

2010年5月21日(金)
片岡球子展看板
強烈なインパクトの片岡珠子展

20日の雨の中、札幌芸術の森美術館で開催中の片岡球子展を見に行った。
片岡珠子の作品はもう何度も見ているが、今回のように多数の作品を一堂に見ることができたのは初めてだ。
これだけの数の作品を目にすると、あまりに強烈な画風で気分が落ち込んでいるときに見ると、その迫力に気圧されしてしまうほどだ。
しかし逆に作品を見ることによって、作品から溢れ出るエネルギーをもらうこともできる。

とにかく色の力に圧倒される。作品も大作が多かったが、なんといっても色使いの力強さが目に飛び込んでくる。
片岡球子は噴火する山を多数描いているが、そのどれもが原色を多用し、ものすごい迫力で迫ってくる。
面構えシリーズの人物画においては力強い顔の描き方で、その人物の個性を強烈に訴えてくる。
展覧会のパンフレットには『北海道の大地のような、でっかい、人が私の絵を見た息が詰まるというような、そういう迫力の絵を描きたい』と書かれている。まさしくその通りだ。

あまりに強烈な絵が多く、初期の作品を見るとほっとする。
院展に初めて入選した「枇杷」も淡い色使いで見るものを安心させてくれる。
「学ぶ子等」もごく初期の作品だが、今と全く画風が異なっていて、強烈な個性を放つ作品の中でほっとする一枚だ。
片岡球子、学ぶ子等
1933年作、学ぶ子等

火山を描いた作品は多くがものすごい迫力で迫ってくるが、その中では異色ともいえる「春の富士(梅)」も山頂の雪にグラデーションがかかっており、ほかの作品と比べると柔らかい印象を受ける。
片岡球子、春の富士山(梅)
1988年作、春の富士山(梅)

全体の印象としては片岡球子の強烈な個性の作品が多く、どちらかといえば食傷気味であった。もう少し初期の作品があればなと感じた。

Amazonの片岡球子の検索結果

楽天市場の片岡球子の検索結果

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません。)


入力無い場合サイトなしと表示されます

トラックバック(1)

トラックバックは管理人NAOの承認制です。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/759

送信元 » とんとん・にっき より
日本橋高島屋で「片岡球子展」を観た!
片岡球子展チラシ:「富士に献花」1990年 85歳 日本橋高島屋で開催されている「追悼103歳 天に献げる地上の花 片岡球子展」を観てきました。... [詳しくはこちら]

ソーシャルブックマーク登録

札幌生活トップ>不定期日記 > 2010年の日記



管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku-life@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

サイト検索

勝手に応援
札幌の個人事業者

Mac、iPhone、iPod touchのアプリケーション開発の快技庵
Mac、iPhone、iPod touch
のアプリケーション開発
快技庵

次世代顔文字ツールSmileSender
笑顔を作り笑顔を送る
新世代 顔文字ツール
SmileSender

青空文庫読むなら豊平文庫
青空文庫読むなら
豊平文庫

へんなもの屋
禁煙グッズのへんなもの屋

フランス直輸入の
セレクトショップ
FORTUNA

林啓一が作る紙工作のページ

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物

楽天市場でお買い物
ネットで買えば断然お得!
お買い物なら楽天市場

楽天トラベル
【日本最大級の旅行サイト】
楽天トラベル


Amazonでお買い物


【Yahoo!ショッピング】
豊富な品揃え!
探しやすい!



Yahoo!オークションでリユース

デル株式会社
デルオンラインストア


マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!