札幌生活トップ>不定期日記 > 2008年の日記

blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

2008年の日記

このブログを立ち上げた2008年の日記です。

地に落ちた大企業の企業理念

2008年12月8日(月)
そろそろ2009年の春闘の話題が出てきたが、このままの経済状況と会社の経営者側の自己保身が変わらなければメーデーはとんでもない事になるのではないだろうか。
トヨタの奥田会長が経団連のトップであった頃は、主な大企業は更なる競争力向上のためとして、賃金の抑制と低賃金の派遣を大量に使い、空前の利益を上げていた。
トヨタの平成18年3月決算では売上高21兆円、純利益1.3兆円を上げている。
平成19年3月決算ではさらに伸び、売上高23兆円、純利益1.6兆円だ。
平成20年3月決算でも売り上げは伸び、売上高26兆円、純利益1.7兆円を上げている。
現在経団連の会長はキヤノンの御手洗会長だが、ここも空前の利益を上げている。
第107期(平成19年1月1日から平成19年12月31日まで)決算によると、連結で平成17年は売上高3.7兆円、純利益3,841億円、平成18年は売上高4.1兆円、純利益4,553億円、平成19年は売上高4.1兆円、純利益4,883億円だ。

奥田や御手洗は、いったい誰が製品を作り、誰が買ったから利益を上げる事が出来たと思っているのだろうか。
私はキヤノンのデジカメも、トヨタの自動車もすばらしい製品だと思っている。しかし、これらの製品を日々作っている人達の事を考えると、経営陣が今後進めようとしている、自己保身としか受け取れない正社員や派遣のリストラには全く賛成出来ない。
トヨタの企業理念モノづくり、車づくりを通して、皆さまとともに豊かな社会創りだそうだ。
キヤノンの企業理念は「共生」で共生は文化、習慣、言語、民族などの違いを問わずに、すべての人類が末永く共に生き、共に働いて、幸せに暮らしていける社会をめざします。とある。
ふざけているのかと疑いたくなる文言が並んでいる。

赤字になっているわけでもないのに、自らの保身のためのリストラなど全く認められない。今こそ空前の好景気で溜め込んだ会社資本を解放する時ではないのか?
あるいは池田信夫氏の著書ハイエク 知識社会の自由主義 (PHP新書)の第一版185ページにあるように正社員の雇用条件や解雇条件を非正規労働者と同じにし、人的資源の流動化を進める事に解があるかもしれない。

トラックバック数:0、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

強引な表現が気になる地球環境ノートVOL.14

2008年12月2日(火)
札幌の気温
1877年の観測以来の札幌の気温

12月1日よりポーランドのポズナニで気候変動枠組み条約第14回締約国会議(COP14)が開かれている。
それに合わせるようにHOKKAIDO!ECO地球にやさしい・エコプロジェクト地球環境ノートVOL.14が北海道新聞に掲載されていた。(WebページにはまだVOL.13までしか公開されていない)
ここでちょっと気になる表現が出ていた。
それは札幌の年間平均気温が100年単位で見てみると、道都・札幌は2.8度上昇しています。これも、地球温暖化が影響しているようです。と紹介している点だ。
確かに1907年と2007年を比較すれば2.8度だが、この表現では地球温暖化のせいで札幌の気温が2.8度も上昇したと取られかねない。正しくは都市化による温度上昇+温暖化ではないのか?
本当はどうなっているのか調べてみた。一年ごとの値では細かい変動があるので5年平均移動曲線も加えてみた。それが上のグラフだ。
グラフをクリックして拡大してみると5年平均移動曲線では1907年頃はそれ以前より少し寒い傾向である事が分かる。逆に2007年は1990年頃からの高温状態を引きずっている。
1990年以降気温は上昇しているが、世間一般に言われている地球温暖化は1990年以降の現象を言っているのではないはずだ。
単純年を比較し100年前より2.8度上昇しているという表現は、科学的見方を誤らせる可能性があるので止めてもらいたいものだ。

ちなみに気象庁のページによると、日本の平均気温の算出法は都市化の影響を避けるため、都会を除いた地域の気温から求めている。もちろん、その中には札幌は含まれていない。
北海道では寿都、網走、根室だ。
これらの地域のデータもグラフにして見た。Googleドキュメントで公開しているので見てほしい。

トラックバック数:0、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

気温変化の激しかった11月

2008年12月2日(火)
気温変化の激しかった11月の札幌
気温変化の激しかった11月の札幌

札幌の11月は気温変化が激しかったようです。
10月は比較的暖かかったのですが、初雪の降った11月4日、その後いったん最高気温が19度近くまで上昇した後の7日、8日の冷え込み、そして14cmの降雪のあった20日は初めての真冬日となり、寒さが身にしみました。
20日に降った雪はその後の暖かい日で月末には解けてしまい、積雪0cmになりました。
印象としては、ミゾレが降るような中途半端な寒さはなく、いきなり雪が降るといった感じです。
今週末あたりに寒気が入り、本格的な雪となりそうです。札幌の根雪の平年は12月3日なのでそろそろ根雪になりそうです。

トラックバック数:1、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

改正銃刀法でこの手の犯罪は減るのだろうか

2008年12月1日(月)
秋葉原の連続殺傷事件などで、殺傷力の強いダガーナイフの所持を禁止した、改正銃刀法が11月28日成立した。公布日は近日中となっており、ナイフ規制は交付から一ヶ月後に施行される。

今回の改正は『剣』(狭い意味で両刃)に限れば、今まで刃渡り15cm以上が所持禁止だったのが5.5cm以上に強化された。
人が普通に日常生活に使う道具として考えれば、両刃の刃物の実用性は全くないであろう。
その意味で規制はよいと思うが、犯罪防止という面から考えると、今回の改正は効果はほとんどないと思う。

例の元厚生事務次官を刺殺した犯人は問題のダガーナイフも所持していたらしいが、犯行に使われたのは日本伝統の片刃の柳刃包丁だ。
柳刃包丁は短いもので刃渡り18cm、長いものでは39cmというのもある。39cmなどはもう日本刀のレベルだろう。
出刃もかなり殺傷力が強いと思う。自宅にある出刃は刃渡り15cmで峰の厚みが8mmあり、鶏の骨ぐらいは簡単に切れる。厚みが8mmもあるので折れ曲がる事はまずないであろう。凶器として使われればとんでもないことになる。

ダガーナイフが犯行に使われた秋葉原の事件と、柳刃包丁が使われた元厚生事務次官の事件を同一視する事は出来ないが、はっきりしている事は、どんなに規制を強化しても替わりの凶器はいくらでもあると言う事だ。ある意味、秋葉原の事件は犯人が車を降りたからこそ捕まえることができたのではないだろうか。2トントラックでそのまま歩行者天国を暴走しまくったら犠牲者はもっと増えていたと思う。

異常な犯罪者に危険な凶器を渡さないという意味で、規制強化が全く意味のない事だとは思わないが、これでは凶悪な犯罪は減らないと思う。
犯罪に対する強引な意味付けは不要だが、どうしてそのような犯行に及んだのかをしっかり検証しないといけない。
私はこのような事件の原因には、日本の一度落ちたら、なかなかそこから脱出出来ない格差社会が根底にあると思う。
金銭的余裕が無いがために近視眼的になり、自己の考えに取り憑かれて、だんだんと孤独を深め、超えてはいけない一線を越えてしまう。何となくそんなロジックが出来上がっているのではないだろうか。
このままでは、内定取り消し殺人などが起きるのではないだろうか。

トラックバック数:1、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

11月のエネルギー消費量

2008年12月1日(月)
月初恒例のエネルギー使用量の発表です。
電力が219.6kwh、ガスが5.73m3、水道が5.26m3、燃えるゴミが6.5kgでした。
二酸化炭素排出量は117.96kgとなりました。(計算は環境家計簿で行いました)
今年の消費量と排出量はこちらから。

『省エネルギー普及のための人材研修』を受講したせいか、先月からお湯を沸かす時に必要な分だけ沸かすように心がけたのが良かったのか、ガスの消費量が少なかったようです。これからは灯油を使うシーズンですので、前シーズンと比べどれだけ減らせるかが勝負となりそうです。

これから実行しようとしている事は、逆サーキュレーターとでもいうもので、北海道に住んでいる人なら一度は目にしたことがある、天井付近についているサーキュレーターを逆に利用します。
つまり、室内の温度差を出来るだけ無くすために、天井付近の温度の高い空気を床側に吹き下ろすのではなく、逆に床付近の冷たい空気を天井方面に持っていくというものです。
なぜ逆にしたかというと、これは研修中に講師の方から聴いたものですが、体感的に天井の暖かい空気をサーキュレーターで吹き下ろすと、肌に感ずる時どうも暖かく感じないからです。
それよりも冷たい空気を天井方面に運び、暖かい空気を押し下げるようにした方が良いらしいからです。風を体で感ずると体感温度が下がるのが原因らしいです。
天井に取り付けるものを床付近に置くわけですので、うまくセッティング出来るか分かりませんが、セッティング出来次第報告します。

楽天市場からサーキュレーターを探す

トラックバック数:0、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

札幌生活トップ>不定期日記 > 2008年の日記



管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku-life@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

サイト検索

勝手に応援
札幌の個人事業者

Mac、iPhone、iPod touchのアプリケーション開発の快技庵
Mac、iPhone、iPod touch
のアプリケーション開発
快技庵

次世代顔文字ツールSmileSender
笑顔を作り笑顔を送る
新世代 顔文字ツール
SmileSender

青空文庫読むなら豊平文庫
青空文庫読むなら
豊平文庫

へんなもの屋
禁煙グッズのへんなもの屋

フランス直輸入の
セレクトショップ
FORTUNA

林啓一が作る紙工作のページ

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物

楽天市場でお買い物
ネットで買えば断然お得!
お買い物なら楽天市場

楽天トラベル
【日本最大級の旅行サイト】
楽天トラベル


Amazonでお買い物


【Yahoo!ショッピング】
豊富な品揃え!
探しやすい!



Yahoo!オークションでリユース

デル株式会社
デルオンラインストア


マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!