札幌生活トップ>不定期日記 > 2008年の日記

blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

2008年の日記

このブログを立ち上げた2008年の日記です。

エンヤの新譜CDから見える日米格差

2008年11月27日(木)
エンヤの新譜、雪と氷の旋律
エンヤの新譜、雪と氷の旋律

エンヤの新譜、雪と氷の旋律が発売された。
いつもの通りAmazon.comで価格を調べて驚いた。$18.98をディスカウントしてなんと$9.99ではないか。日本では2,580円なので半額以下だ。
私はAmazon.comから何度かCDを購入しているが、送料は以前$6ほどだった今回注文したところ1,088円だった。今の円高では送料を含めても1,600円2,000円程度で買える。(11月28日訂正)
アメリカのCDの価格は再販制度に縛られないので、新譜や逆に古いアルバムはかなりディスカウントされる。逆に古くてもプレミアがついているのもある。
それにしてもこの価格でドルのレートを計算すると1ドル258円だ。いったい何年前のレートなのだろうか。
Amazon.co.jpの説明には輸入版とは書いていないので、日本向け歌詞カードのようなものが入っており、独自に付加価値があるかもしれないが、もう少し安くならないかと思う。
中にはさほどメジャーではない外国アーティストの場合は、そのまま輸入版が日本向け価格で販売されているのもある。
この日米格差は価格だけではない。Amazon.comのサイトではTrains And Winter Rainsの3分14秒のビデオを見ることができる。普段なかなか動画を見ることができないエンヤなので、これはボーナスだ。Amazon.co.jpでは44秒の視聴のみで寂しい。
ダウンロード販売もiTunesではあるが、Amazon.co.jpはない。

こんな状況では日本の通販状況も携帯電話と同じくガラパゴス化し、世界から取り残されるのではないだろうか。
ニュースではノキアが日本の携帯電話から撤退と報じていた。世界非標準の日本のケータイに見切りをつけたのだろう。

トラックバック数:0、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

貧困につけ込むアメリカという国

2008年11月26日(水)
イラク 米軍脱走兵、真実の告発
イラク米軍脱走兵、真実の告発

この『イラク 米軍脱走兵、真実の告発』は、おそらく今も続いているであろうアメリカによるイラク国内で組織的に行われている犯罪行為を告発したものだ。
作者は自分がイラクで体験した事に対して、自らの良心に従い脱走兵となったアメリカ陸軍のジョシュア・キー氏だ。
ここで『アメリカ軍』とではなく『アメリカ』としたのは、イラクでの戦いを継続するための兵士の調達システムに、アメリカという国のあり方そのものが関係していると感じたからだ。
現在アメリカには徴兵制はなく、新たな軍の人材は全て志願である。
しかしその実態は今では様々なメディアで紹介されているように、結果的に作者が言う『貧困徴兵制』だ。
Wikiのアメリカの徴兵制の歴史では、貧困層出身者が自己の教育・職業の可能性を開拓し、所得・生活水準を向上させる方法としては軍の制度が充実しており、手軽で貧困層が集まりやすいとした上で

アメリカ全体と所得階層の構成比率と比較して、貧困層が就業する比率が高い業種・職種は多種多様に存在する。個々の業界・職業ごとに、その業界・職業の就業者の生育時・就業時の所得階層の構成比率が、アメリカ全体の所得階層の構成比率と同比率になるわけではなく、どのような業界・職業でも、アメリカ全体の所得階層の構成比率との差異は存在するので、そのこと自体は軍隊固有の事象・問題ではない。

と述べており、現在の志願制については制度上特別問題はないような記述がある。
しかし、様々な職業と軍隊を同一にして片付ける事は出来ない。
貧困者が何らかの制度で一般的な職業に就いたとしても、軍人として作戦行動に赴き、それが原因でPTSDになるような事はほとんどないだろう。

問題は訳者の井手真也氏や作者のジョシュア・キー氏も述べているように、アメリカ陸軍の募集活動がほとんど詐欺的に貧困層を狙って行われている事だ。
軍のリクルーターはジョシュア・キー氏のようにトレーラーハウスでしか暮らせなほど貧しいにもかかわらず、アメリカは正義の国であると信じている無垢な若者を狙う。それ以外の金持ちは募集の対象にもならないし、志願もしない。
詐欺的であると言うのはジョシュア・キー氏の場合、新兵募集センターで約束された事は、アメリカ本土での橋梁建築作業で、なおかつ戦闘任務がないという事であったからだ。
しかも、積極的に彼らは募集活動を行い、より安全な他の経済的支援策から目を逸らせている。

Wikiのアメリカの徴兵制の歴史によると志願兵制では就職先または除隊後の大学奨学金を求めて、経済的に貧しい階層の志願率が高くなるので、経済的階層に関わらず軍務を国民全員に機会平等に配分するという考えに基づき2004年に徴兵制を復活させる案をごく少数の議員が提出したが、圧倒的多数(賛成2票 - 反対402票)で否決されたとある。
アメリカ議会もこの『貧困徴兵制』に結果的に加担しているのだ。

全文を読む"貧困につけ込むアメリカという国" »

トラックバック数:2、コメント数:6
このエントリーにコメント、トラックバックをする

つるつる歩道

2008年11月25日(火)
つるつるの歩道
溶けた雪が凍り、つるつるの歩道に

11月20日に札幌市内は15cmほど積雪があったが、その後寒い日が続き、雪はほとんど降らなかったため、日陰はご覧のような氷の歩道になってしまった。
いくら札幌に住んでいても初雪の後のこのつるつる歩道には本当に参る。
まだ歩き方が冬に慣れていないため、こんなところを歩くときとっても気を使う。
判りにくいがこの歩道、本当に雪ではなく氷で覆われているのだ。
こういうところを歩く時は、普通に踵から着地し、つま先で蹴るように歩くと間違いなく転ぶ。というより地面が氷で覆われているので、踵で地面を突けないので、そのように歩けない。
足の裏全体をベタッと付けるように(階段を上るような感じ)して歩くと良いのだが、まだ体が慣れていないので、普段歩く距離でも筋肉痛になってしまう。毎年経験する通過儀礼のようなものだ。

冬でも転ばない歩き方をまとめたサイトを見つけました。これから北海道に旅行などを予定している方は、ぜひ一度見てください。
慣れないうちはペンギンのようにある事をお薦めします。

今日は11月では20年ぶりに道内でマイナス20度を超え、旭川ではダイヤモンドダストも見られたそうだ。11月は今日が一番寒いらしい。早く雪が降るなりして歩きやすくなってほしいものだ。

トラックバック数:0、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

イーアス札幌へ行ってきた

2008年11月24日(月)
東札幌にオープンしたイーアス札幌
東札幌にオープンしたイーアス札幌

11月21日にオープンしたイーアス札幌に行ってきた。
イーアス札幌は大和ハウスが運営するショッピングセンターの2軒目だ。
まあ利用する側としてはどこが運営していも関係はないが、中に入っている店舗はスーパーのマックスバリュと専門店という構成で、すぐ近くのダイエー東札幌より専門店が充実しているのが良い。
21日のオープン以来、ニュースなどで報道されたせいか車が凄く、店の周りは朝からずっと渋滞だ。臨時駐車場もあるがほぼ満杯で、お店の中は買い物客でいっぱい。
そんな中、まずポイントカードのハートワンカードを申し込み。これでお買い物券1,000円Get!。さっそく沖縄わしたショップで味付きミミガー500g(1,050円だった、オープンセール?安い!!)を購入。
ただ、このハートワンカード、100円で2ポイント(2円相当)と結構お得なポイントが付くのだが、ポイントが付かない店舗がありちょっと残念。特にスーパーのマックスバリュは別なポイントカードを作らないといけない、面倒だ。
まあ、目当てのわしたショップや輸入食材のジュピター(イタリアの岩塩を購入、1kg527円)、ICI石井スポーツオーガニックワイン専門店マヴィでは使えるのでOKだ。

専門店が結構充実しているので、ちょっと凝ったものを買うために都心へ行かなくても済みそうだ。
報道によると年間利用客440万人、売り上げ110億円を目指すらしい。一人あたり2,500円だ。さてどうなる事か。
すぐ近くにダイエーもありかなり競合しているが、地域住民としてはどちらもこのまま継続して、選べる自由を残してもらいたいものだ。


トラックバック数:2、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

省エネルギー普及のための人材研修、最後のグループディスカッション

2008年11月22日(土)
19日にあった省エネルギー普及のための人材研修の最後は例によってグループディスカッションだが、今回は次のような事をまとめることになりました。

  • 三日間で学んだ事を再確認するとともに、各家庭で実践を重ねた事について、その結果や課題・解決策をまとめる。
  • 地域での省エネ普及方策についてのアイディアを出し合い、研修のまとめとして発表する。

それでさっそくディスカッションを始めた訳ですが、この研修会に参加している人達はそれなりに省エネ意識が強く、手軽に取り組める事はおおかた実践しています。
それで自然と話題は『省エネってやっても効果が見えないとなかなか継続出来ないよね』という方向になりました。
話が進んでゆくうちに、電気は省エネナビなどで簡単に調べられるけど、灯油や水道、ガスはいちいちメーターを見ないといけない。
しかも、灯油に関してはマンションのような集合住宅では各戸にメーターがついているが、一軒家では灯油タンクに入れた量はわかるが、使った量がわからない、水道は地域により半年に一回しか検針しない、冬場はメーターを見れない等々、結構問題がある。
午前中にお話を聞いた松本さんは、毎日いろんなメーターを見て、省エネ対策とその効果を調べることができたと発表していたので、一通り目に見えやすい対策をやった後に次のステップに進む際、この効果を見れないというのは大きな問題ではないかという事になりました。

この日のディスカッションはワールドカフェ方式で、ほかのグループの状況を知ることができたのですが、やはり同じ悩みを持っているようでした。
使っていない部屋の電灯は消すとか、待機電力を削減するといった比較的目に見えやすい対策をしてしまった後に、例えば灯油ストーブの設定温度を一度変えたというような地味な対策の効果は判りにくく、継続する事により効果があるとしても、その効果が目に見えない事により、省エネ活動が苦痛になってしまい、継続出来なくなったら意味がない。
灯油とかガス、水道といった消費量を一括して表示出来る『消費エネルギーパネル』みたいな物があれば便利だなと思った次第です。

まあ無い物ねだりをしてもしょうがないので、新たに実施した省エネ対策はどうかというと、グループの久保さんから『セントラルヒーティングを全室ではなく必要な部屋のみにした』というのが出ましたが、ほかの方からは新たな対策は出ませんでした。
私は『必要以上に多くお湯を沸かさない(必要な分だけ計って沸かす)』というのを新しく始めましたが、このアイディアを思いついたのはつい最近で、どの程度効果があったか確認出来ていません。ちなみにカップヌードルは実際に計ったところ300ccのお湯があればOKです。スープヌードルは麺の量が少ない分お湯は多めで350cc必要です。

二つ目の地域での省エネ普及方策についてのアイディアはどうかというと、老人会、町内会などで発表するとか、電気スタンドを使って白熱電球と蛍光灯タイプの電球を実際に比べるなど、これもあまりぱっとしたアイデアが出ませんでした。
私はネットで情報発信はどうかと思ったのですが、やはりこの手のものは実際に目で見て、手で触れるのが一番で、ネットではちょっと力不足という感じです。
こういう運動は、一人で100より100人が一つ実施したほうが効果があると思うのですが、なかなか実際にどうしたらより多くの人が参加出来るか本当に難しい問題だと感じました。
とはいえ、何かをやるとなると、自分の場合はネットを使って情報発信するという方向になりそうです。

トラックバック数:0、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

札幌生活トップ>不定期日記 > 2008年の日記



管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku-life@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

サイト検索

勝手に応援
札幌の個人事業者

Mac、iPhone、iPod touchのアプリケーション開発の快技庵
Mac、iPhone、iPod touch
のアプリケーション開発
快技庵

次世代顔文字ツールSmileSender
笑顔を作り笑顔を送る
新世代 顔文字ツール
SmileSender

青空文庫読むなら豊平文庫
青空文庫読むなら
豊平文庫

へんなもの屋
禁煙グッズのへんなもの屋

フランス直輸入の
セレクトショップ
FORTUNA

林啓一が作る紙工作のページ

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物

楽天市場でお買い物
ネットで買えば断然お得!
お買い物なら楽天市場

楽天トラベル
【日本最大級の旅行サイト】
楽天トラベル


Amazonでお買い物


【Yahoo!ショッピング】
豊富な品揃え!
探しやすい!



Yahoo!オークションでリユース

デル株式会社
デルオンラインストア


マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!