札幌生活トップ>不定期日記 > 2008年の日記

blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

2008年の日記

このブログを立ち上げた2008年の日記です。

経済対策の効果はあるのか?

2008年11月7日(金)
10月末に麻生総理が発表した新総合経済対策とそれに続く追加の経済対策だが、果たして効果があるのか疑問だ。
どうにもその場しのぎのバラマキで、ついこの間まで戦後最長の好景気と言われていた状況が、なぜアメリカ一国から始まった金融不安に引きずられてここまで悪くなったのかの分析がよく見えないからだ。

なにかというと財源確保のための増税論しか出てこず、たかだか数万円の給付金で数年後に消費税10%などと言われたら、いくら消費の拡大のための経済対策でも何の火付け役にもならない。
給付金については所得制限を設けるべきだとの議論もあるが、はっきり言って1000万円の年収がある世帯には給付金は不要である。もっと下げて300万円以下の所得とかに限り、給付金を数十万円ぐらいにしないと何の効果もないだろう。
高速道路の料金値下げもETCの普及度合いが地方により大きく異なる状況では効果が薄い。
そもそも高速に乗り、ガソリンを消費してもらい、観光地でお土産を消費してもらうという、どう考えても庶民からいかに金を吸い上げることしか頭にないような対策だ。

こんなことなら今すぐに派遣社員やアルバイトを全て正社員にするような思い切った改革をして、そのための補填に予算を使ったほうがよっぽど良いのではないか?
早くもトヨタでは期間労働者や派遣労働者のカットが行われるようである。結局、企業は不況になると切れる人件費から切っていくのだ。

結局カップ麺が400円と思っているおぼっちゃま総理の考えることは、給付金として一人当たりそのカップ麺40個30個分程度の金額でどうにかなるとしか考えていないようだ。(11月7日に与党合意で一人当たり12,000円となった)


トラックバック数:2、コメント数:2
このエントリーにコメント、トラックバックをする

恐怖の存在の著者マイケル・クライトン氏、死去

2008年11月6日(木)
二酸化炭素が原因による地球温暖化に疑問を持つきっかけとなった恐怖の存在の著者、マイケル・クライトン氏が11月4日に亡くなった。66歳である、若すぎる。
彼は以前NHKのインタビュー番組で、地球温暖化の原因を二酸化炭素に求める事に対して疑問を持ち、自身でいろいろと取材した結果そうではないと言う結論に達し、『恐怖の存在』としてまとめて発表したと語っていた。
物事に疑問を持った場合に自身でデータを集め、解釈し、その結果を自分自身の言葉でまとめるという至極真っ当な方法で地球温暖化の原因が二酸化炭素ではない(だけではない)と結論づけた姿勢が非常に説得力を持っていた。(録画ビデオを無くしたので正確ではない)
この結論はアル・ゴア氏の不都合な真実に真っ向から挑戦するもので、現在多くの支持を得ているに酸化炭素犯人説とは異なるものだ。

恐怖の存在は地球温暖化による海面上昇で海に沈んでしまう国家バヌアツが、二酸化炭素の最大の排出国であるアメリカを相手に訴訟を起こすが、実はこの訴訟を支援する環境団体が環境テロリストと結託していたという設定のサスペンスだ。
非常に読み応えのある小説であるが、中で紹介されている様々なデータを通じて真の科学的なものの見方とは何かと言う事を読者に訴えているように感じた。
人はどうしても自分自身が納得したい方向に思考しがちだ。たしかに人間活動の活発化により100年前より大気中の二酸化炭素濃度は上昇している。最近は夏になる度に暑さが増しているように感ずるし、特に都会では確実に気温は上昇している。
だがこの二つを結びつけて考えるところからすでに冷静な議論は出来なくなってしまう。

以下は気象庁が発表した年間の平均気温のデータをグラフにしたものだ。
最初は東京だ。(グラフをクリックすると拡大表示される)
東京の気温
確かに上昇している。では北海道の寿都町はどうかというと
寿都の気温
こうなる。
この二つのグラフを見るだけでも地球温暖化が単純な問題ではない事が判る。このデータからは寿都町の人は温暖化など感じていないだろう。

こんなグラフを私が作るきっかけを与えてくれたマイケル・クライトン氏が亡くなったのは本当に残念だ。出来れば不都合な真実に対抗する映画を作ってもらいたかった。
ご冥福をお祈りします。

全文を読む"恐怖の存在の著者マイケル・クライトン氏、死去" »

トラックバック数:4、コメント数:2
このエントリーにコメント、トラックバックをする

温かかった今年の秋

2008年11月4日(木)
10月の札幌の気温、中旬が高かった
札幌の10月の気温、クリクすると拡大表示されます

札幌は今日初雪となった訳ですが、先月10月は中旬の気温が軒並み平年を超えて暖かい日が続きました。最高気温が20度の日も6日間もあり10月の平均気温は12.9度で、1877年の観測以来5番目に暖かい10月となったようです。
札幌管区気象台の過去のデータはこちら。

ちなみに根室も似たような傾向でしたが、さすがに20度を超えた日は14日の一日だけでした。根室の10月の気温はこちら。
根室の10月の今年の平均気温は12.2度と相当高く、1888年の観測以来2番目の高さでした。ただ、この12.2度は今年以外にも5回記録されているので、ずば抜けて高いとも言えません。
札幌と根室の10月の平均気温はそれぞれ11.3度と11.1度とほとんど変わりありません。逆に最低気温は札幌の方が1度くらい低く、一日の気温差は札幌が約9度、根室が約6度とかなり違います。根室の方が10月は寒暖の差が少ないです。
まあデータと言ってしまえばそれまでですが、調べるといろいろ面白い事が発見出来ます。

トラックバック数:0、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

札幌もついに初雪

2008年11月4日(火)
近所の公園に降る初雪
札幌もとうとう初雪が...

ついに来るべきものが来ました。いよいよ札幌も雪の季節です。
きょう初雪が観測されました。写真は自宅のベランダから見た近所の公園です。
初雪なので積もるまではいきませんが、風にのり横殴りに降っていました。
まだ地面が暖かいため積雪はまだまだ先で、札幌の長期積雪の平年は12月3日となっているので、本格的な雪のシーズンはまだ一月先です。

雪の降っている方角の空
ところで今日のようにどちらかというと風に乗って降るような雪は、その雪の飛んでくる方向の空が上の写真のように白い帯のように見えます。
写真の方角は北西の石狩方面ですが、多分結構な雪が降っているのではないでしょうか。
雪が降っているただ中にいると空は真っ白で何も判りませんが、その様子を離れたところから見ると写真のようになります。
真冬になると空知地方で大雪が降りますが、その時の方角は北東で同じような雪の壁がよく見られます。

トラックバック数:0、コメント数:2
このエントリーにコメント、トラックバックをする

復活した紅葉

2008年11月3日(月)
枝をほとんど剪定されたがなんとか復活した紅葉
過剰な剪定から復活した紅葉

時々話題になる枝をほとんど切り落としてしまう過剰な剪定。この木も3年ほど前に育ちすぎて、植え替えする際にほとんど枝を切られてしまい、丸太のようになってしまった。
しかし木の生命力は本当に強い。しっかり新しく枝をはやし、びっしりと葉を茂らせるところまで回復した。
その葉ももうすっかり黄色くなり役目を終えようとしている。
天気予報によると今晩は札幌市内でも雪が降りそうである。
そうなるとこの紅葉ももうすぐ落ちてしまい、今度葉を出すのは来年の5月頃か。それまで雪の中でじっと耐えなければならない。

トラックバック数:0、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

札幌生活トップ>不定期日記 > 2008年の日記



管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku-life@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

サイト検索

勝手に応援
札幌の個人事業者

Mac、iPhone、iPod touchのアプリケーション開発の快技庵
Mac、iPhone、iPod touch
のアプリケーション開発
快技庵

次世代顔文字ツールSmileSender
笑顔を作り笑顔を送る
新世代 顔文字ツール
SmileSender

青空文庫読むなら豊平文庫
青空文庫読むなら
豊平文庫

へんなもの屋
禁煙グッズのへんなもの屋

フランス直輸入の
セレクトショップ
FORTUNA

林啓一が作る紙工作のページ

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物

楽天市場でお買い物
ネットで買えば断然お得!
お買い物なら楽天市場

楽天トラベル
【日本最大級の旅行サイト】
楽天トラベル


Amazonでお買い物


【Yahoo!ショッピング】
豊富な品揃え!
探しやすい!



Yahoo!オークションでリユース

デル株式会社
デルオンラインストア


マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!