札幌生活トップ > 不定期日記 > 2008年の日記 > 芸術の森のネオテニー・ジャパン

前の記事次の記事


blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします

芸術の森のネオテニー・ジャパン

2008年12月20日(土)
芸術の森、高橋コレクション、ネオテニー・ジャパンの看板
19日に奈良美智、山口晃、加藤美佳などの現代日本の新世代アーティストの作品を集めた『ネオテニー・ジャパン』を見てきた。

大型の作品が多かったため、作品数自体は少なかったが、様々なジャンルで現在進行形で活躍しているアーティストの作品を間近に見ることができ、すばらしかった。
看板になっているのは加藤美佳の『パンジーズ』であるが、作品がでかく(235×187cm)年齢不詳の少女が圧倒的迫力で迫ってくる。サイズは大きいが、垂れている髪の毛などは一本一本緻密に描かれており、妙なリアル感があるので、作品の前に立つとどうにも落ち着きがなくなる。視線がこちらを向いていないのが、かえって気になってしまう。

おなじみの奈良美智の作品は全部で4点あったが、こちらはしっかりと睨みつけられてしまった。なにか大人の悪い面を見透かされるようだ。作品の中から『あんたみたくはならないよ』と言われているようだ。

山口晃の作品はハイテク武将とでも言う『五武人圖』が印象的だった。鎧兜姿の武士だが、クラシックなデザインの現代兵器で武装している姿が良い。
他にも源氏物語のような絵巻で現代の温泉宿?を表現した『今様遊楽圖』は、その下書きも同時に展示されており、書き込みの細かさを直接比較出来、興味深かった。

今回の展覧会は精神科医である高橋龍太郎氏の個人コレクションからのセレクトであるが、すばらしいラインナップだ。
古典的作品の技法を用いながらも斬新な作品が多く、日本新世代のトップアーティストの作品には非常に力強いものを感じた。
大変すばらしい展覧会で、おそらく全国を巡回していると思うが、それでも直接足を運べる人は少ないと思う。
いつも思うのだがネットでこれらの作品を公開する事は出来ないのだろうか?
会場に出向くことができても、時間の都合や人の込み具合などでじっくり作品を鑑賞する事はなかなか出来ないのが実情だ。
以前、上野でアールヌーボーの宝飾展を見に行った時は、作品の前からオバチャンが動かず、何点か見ることができなかった苦い思いがある。
著作権の問題がある事は十分分かっているが、このような芸術作品ほどオープンにしてもらいたいものだ。

ネオテニー・ジャパン──高橋コレクション


コメント(6)

投稿者:blogsapporoさん コメント時刻:2008年12月23日 14:59
サイト: http://ameblo.jp/blogsapporo/

トラックバックありがとうございました。私もトラックバックさせていただきました。また、時々、お邪魔します。

投稿者:まるどら探検隊さん コメント時刻:2008年12月28日 11:05
サイト: http://plaza.rakuten.co.jp/marutankentai/

こんXXは&はじめまして。まるどら探検隊(@蝦夷ヶ島)と申します。
札幌100マイル編集長さんのブログ(ルプラのトラバ)からやってきました。普段はrom逃げ専門?なのですが、「ネオテニー・ジャパン」ネタに魅かれて出てきてしまいました。(^^;
σ(^^)は20日に2度目の訪問?をしてきました。土曜日にキュレーターの解説付きでざっくりめぐる「ギャラリーツアー」に参加するためです。
元来どんな見方をしても自由なのでしょうが、実際に作家さんや所蔵家である高橋さんについての逸話などをお伺いすると、より作品を楽しめました。
山口晃さんの『今様遊楽圖』とその"下図"ですが、実はそこには山口さんからの皮肉にも似た?"イタズラ"が隠れていたり...。この辺はパンフレットにも触れられていますね。(^^
高橋さんの作品はご自身でもその収蔵作品全体像を把握しきれないような量になっているようで、これだけの量を一度に見られる機会はなかなかないようですね。
作品の性質にもよるでしょうが、大きな作品とかインスタレーションなどは、ネット(画面)だけではなかなかその作品のもつ世界観や質感なんてのが伝わり難い気がσ(^^)はします。
ネット美術館(ヴァーチャルツアー)的なものをきっかけに、実際に足を運んでもらえるかもしれないという点では、十分価値があるかもしれませんね。
だらだらと長くなってしまいました。スミマセン(^^;
これからも覘かせて頂きますね。では、また。

投稿者:管理人NAOさん コメント時刻:2008年12月28日 21:50
サイト: http://www.my-sapporo.com/

まるどら探検隊様、コメントありがとうございます。
ちょっと最近ルプラへはお邪魔していません。年明けに行こうかなと思っています。
山口晃さんの『今様遊楽圖』の下図のイタズラですが、私は気がつきませんでした。ちょっと気になりますので来年もう一度見に行こうかと思います。

投稿者:まるどら探検隊さん コメント時刻:2008年12月28日 23:27
サイト: http://plaza.rakuten.co.jp/marutankentai/

こんXXは。怒涛の?書き込み失礼します。(^^;

あまりネタばらしをすると興ざめなのと、σ(^^)にはその資格があると思えませんので...。是非ギャラリー・ツアーに参加してみてくださいね。「ネオテニー・ジャパン」のパンフレットを読んでもわかると思います。(^^

来年にはこんなの↓もあるそうです。σ(^^)仕事で行けないンです。

●山口晃ギャラリー・トーク
本展参加アーティストの山口晃が、作品を前に自作について語ります。
日時:2009年1月11日(日)14:00~
*予約不要、要展覧会観覧券

こちら↓をご参考ください
http://www.mocas.jp/index.html

では、また。

投稿者:mizuさん コメント時刻:2008年12月29日 12:46
サイト: http://yaplog.jp/mamizumami-zu/

トラックバックありがとうございましたー
ごあいさつおくれてすいませんー
これから ちょくちょくあそびにきます☆
これからも よろしく です

投稿者:mocas_hiizumiさん コメント時刻:2009年01月19日 15:27
サイト: http://sapporo.100miles.jp/mocas/article/74

トラックバックありがとうございました。
ご感想、楽しく読ませていただきました。
また訪問させていただきますね。

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません。)


入力無い場合サイトなしと表示されます

トラックバック(3)

トラックバックは管理人NAOの承認制です。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/592

送信元 » 札幌徒然日記 より
ネオテニー・ジャパン 高橋コレクション~札幌芸術の森美術館~+関口雄揮記念美術館
 札幌芸術の森美術館 に「ネオテニー・ジャパン 高橋コレクション」を観にいってきた。 ... [詳しくはこちら]

送信元 » CROQUIS より
ネオテニー・ジャパン
先日、ネオテニー・ジャパン 高橋コレクション展に行ってきた。 高橋さんという精神科医の方のコレクションで、現代日本アートの最先端... [詳しくはこちら]

送信元 » MOCAS LIFE-美術館の水面下日誌 より
近況報告
みなさま、師走という名のこの慌ただしい日々、いかがお過ごしでしょうか。 またもやご無沙汰しておりました。 先月よりはじまりました「ネオテニー・ジャパン 高... [詳しくはこちら]

ソーシャルブックマーク登録

札幌生活トップ>不定期日記 > 2008年の日記



管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku-life@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

サイト検索

勝手に応援
札幌の個人事業者

Mac、iPhone、iPod touchのアプリケーション開発の快技庵
Mac、iPhone、iPod touch
のアプリケーション開発
快技庵

次世代顔文字ツールSmileSender
笑顔を作り笑顔を送る
新世代 顔文字ツール
SmileSender

青空文庫読むなら豊平文庫
青空文庫読むなら
豊平文庫

へんなもの屋
禁煙グッズのへんなもの屋

フランス直輸入の
セレクトショップ
FORTUNA

林啓一が作る紙工作のページ

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物

楽天市場でお買い物
ネットで買えば断然お得!
お買い物なら楽天市場

楽天トラベル
【日本最大級の旅行サイト】
楽天トラベル


Amazonでお買い物


【Yahoo!ショッピング】
豊富な品揃え!
探しやすい!



Yahoo!オークションでリユース

デル株式会社
デルオンラインストア


マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!