札幌生活トップ > 不定期日記 > 2008年の日記 > 男鹿和雄展を見てきた

前の記事次の記事


blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします

男鹿和雄展を見てきた

2008年8月3日(日)
札幌芸術の森美術館の男鹿和雄展
札幌芸術の森美術館の男鹿和雄展

8月1日に札幌芸術の森美術館へ男鹿和雄展を見に行った。東京から始まって一年以上たちようやく札幌に来た。
副題が『トトロの森を描いた人』となっており、ジブリ映画などで背景画を書いているので、いくつも見たことのある絵が多かった。
しかし意外な発見もあった。この人結構メカニックな絵も描いているのだ。ジブリ以前は幻魔大戦時空の旅人などの背景画も書いている。
幻魔大戦では幻魔一族との戦いで破壊されたニューヨークの絵を描いており、ジブリ作品とは全く印象が異なる。時空の旅人ではシド・ミードばりの未来的デザインの絵も残している。
自分にはこういう芸術的センスも無ければ技術も無いので、作品の精緻さ精密さ(遠景の都市部の描写など)、色の深さに圧倒されてしまう。
この展覧会の後改めて『もののけ姫』を見たが、そのディティールの細かさに感動を新たにした。

だがこれはディズニーの原画展でも感じたことだが、背景画というのはキャラクターがいない。
映画の一素材として背景画のみを切り出してみるとなぜかもの悲しさ、寂しさを感じてしまう。まるで主人のいなくなった廃屋のような雰囲気だ。
無人の商店街、誰も住んでいない家、動物の姿が見えない森など、細かいディティールまで書き込まれている背景画であるので、よけい不気味さを感じてしまう。
あらためて背景画というものは映画という表現手法の一素材であるということを実感した展覧会でもあった。

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません。)


入力無い場合サイトなしと表示されます

トラックバック(2)

トラックバックは管理人NAOの承認制です。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/493

送信元 » 京の昼寝〜♪ より
男鹿和雄展
男鹿和雄展/東京都現代美術館 「映画の世界に主役が居れば、脇役もいる。脇役が居るからこそ、主役が主役たる演技を見せる事ができる。ジブ... [詳しくはこちら]

送信元 » 弐代目・青い日記帳  より
「ジブリの絵職人 男鹿和雄展」
東京都現代美術館で開催中の 「ジブリの絵職人 男鹿和雄」展に行って来ました。 美術館のサイトに恐ろしいお知らせが。 土日祝日を中心に、事... [詳しくはこちら]

ソーシャルブックマーク登録

札幌生活トップ>不定期日記 > 2008年の日記



管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku-life@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

サイト検索

勝手に応援
札幌の個人事業者

Mac、iPhone、iPod touchのアプリケーション開発の快技庵
Mac、iPhone、iPod touch
のアプリケーション開発
快技庵

次世代顔文字ツールSmileSender
笑顔を作り笑顔を送る
新世代 顔文字ツール
SmileSender

青空文庫読むなら豊平文庫
青空文庫読むなら
豊平文庫

へんなもの屋
禁煙グッズのへんなもの屋

フランス直輸入の
セレクトショップ
FORTUNA

林啓一が作る紙工作のページ

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物

楽天市場でお買い物
ネットで買えば断然お得!
お買い物なら楽天市場

楽天トラベル
【日本最大級の旅行サイト】
楽天トラベル


Amazonでお買い物


【Yahoo!ショッピング】
豊富な品揃え!
探しやすい!



Yahoo!オークションでリユース

デル株式会社
デルオンラインストア


マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!