札幌生活トップ > 不定期日記 > 2008年の日記 > いのちの食べかた、しっかり見てきました

前の記事次の記事


blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします

いのちの食べかた、しっかり見てきました

2008年4月10日
人はいかにして生かされているかを教えてくれるいのちの食べかたのチケット
先日シアターキノで「いのちの食べかた」原題:OUR DAILY BREADを見てきた。
いろんな意味で現代の食というものを考えさせてくれるすばらしい映画だと思う。
全くナレーションがなく、シンメトリーの構図が多く、一瞬スタンリー・キューブリックの映画かと思ってしまうほどだ。

人が生きていくために必要なこと

毎日、朝、昼、晩と食べていると、消費することに関してはいろいろ気づくことも多いが、その食事の原材料がどのようにして作り出されるかということについてはあまり気が回らないと思う。
この映画の原題は「OUR DAILY BREAD」(われら日々の糧)で聖書に出てくる言葉ということを知ったが、人が生きていくことの業を改めて感じさせてくれるすばらしい映画だと思う。

結局のところ人間も動物であり、他の生き物の犠牲がなければ自信の存在が継続しなくなる。現代の生活はこの一番根源的なところから人間の目を逸らせてしまった。
我々が生きていくのにいったいどれだけの犠牲が払われているのか、それをこの映画は無言で訴えている。自らの手で自信の存在のために他のものを犠牲とする事が少なくなった今、この映画はその事実を思い起こさせてくれる。

頭では判っているが、我々の日々の食事がこの映画に出てるような人たちの存在があってこそ成り立っていると思うと、消費期限が1日過ぎただけの食材を捨てたり、買って来た材料を忘れてしまい冷蔵庫の肥やしにしてしまったりする行為が、いかに彼らの労働をないがしろにする行為であるということをしっかりと胸に刻む必要があると思う。

もちろん、この「いのちの食べかた」に出てくることは日本でも行われている。日本の現状を伝える日本版のようなものがあればいいのだが。

最後に一つだけ難点を言えば、映画の題名だろう。ここはやはり原題の訳である「われら日々の糧」でよかったと思う。宗教的すぎるかもしれないが、この映画はそれだけのものを持っている。

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません。)


入力無い場合サイトなしと表示されます

トラックバック(1)

トラックバックは管理人NAOの承認制です。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/384

送信元 » 毎日が映画記念日 より
いのちの食べかた
私たちが毎日スーパーで買っている食べ物は、 どうやって作られているのでしょう? もし子供に聞かれたら、どう答えましょうかね。 [詳しくはこちら]

ソーシャルブックマーク登録

札幌生活トップ>不定期日記 > 2008年の日記



管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku-life@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

サイト検索

勝手に応援
札幌の個人事業者

Mac、iPhone、iPod touchのアプリケーション開発の快技庵
Mac、iPhone、iPod touch
のアプリケーション開発
快技庵

次世代顔文字ツールSmileSender
笑顔を作り笑顔を送る
新世代 顔文字ツール
SmileSender

青空文庫読むなら豊平文庫
青空文庫読むなら
豊平文庫

へんなもの屋
禁煙グッズのへんなもの屋

フランス直輸入の
セレクトショップ
FORTUNA

林啓一が作る紙工作のページ

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物

楽天市場でお買い物
ネットで買えば断然お得!
お買い物なら楽天市場

楽天トラベル
【日本最大級の旅行サイト】
楽天トラベル


Amazonでお買い物


【Yahoo!ショッピング】
豊富な品揃え!
探しやすい!



Yahoo!オークションでリユース

デル株式会社
デルオンラインストア


マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!