札幌生活トップ > 不定期日記 > 2009年の日記 > 経済成長は永遠に続くのか?

前の記事次の記事


blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします

経済成長は永遠に続くのか?

2009年2月17日(火)
1955年からのGDP
1955年からのGDPのグラフ、実質GDPは約18倍以上となっている

ニュースでさんざん流れているが、ここのところの世界的不況で、日本の年間GDPが前年度と比べ、このままだと20%以上落ち込むのではないかと報道されている。
もっとも、日本の経済成長は輸出産業が担ってきたので、この状態は当然予想されていたようである。

経済成長については疑問に思うところもあるので、1955年からのGDPをグラフにしてみた。
元ネタはWikiだ。(1979年と1980年で大きくグラフが折れ曲がっているが、これは計算方法が変わったため)
計算方法などが変わっているが1955年と比較すると約18倍以上実質GDPは増えている。
報道のように最終的に今年度の成長が前年度と比較しマイナス20%になったとすると、2007年度は561,356.2×10億円=約561兆円なので、2008年度は約449兆円となり1989年の水準になる。約20年後退したことになる。これはバブル景気のころだ。
経済には全く疎いので、この国内総生産と言う指標が、資本主義社会においていは常に前年を上回っていなければいけないのだろうか?こういうグラフは意味が無いのだろうか?根本的に間違っているのだろうか?
確かに記録的なマイナス成長になるが、日本の経済が、日本以外の国の消費に支えられていたと考えると、このバブルの時期に戻るのもある意味必然に思える。

今後日本は人口が減少すると思われる。これからは必要の無い消費(車検前で新車に買い替えるなど)が増えない限り、国内の消費は減少していくだろう。むしろ、その方が私には正常に思える。
そろそろ身の丈にあった国内総生産でやっていけるようにした方が良いのではないだろうか。


コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません。)


入力無い場合サイトなしと表示されます

トラックバック(2)

トラックバックは管理人NAOの承認制です。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/630

送信元 » ハズレ社会人 より
GDPマイナス12.7%で35年ぶりの減少率 戦後最悪が確実に
オツカレです。 蓋を開けずともわかっていた結果になるのだが。 [1... [詳しくはこちら]

送信元 » 本質 より
GDP 年率12.7%減・・・
中川昭一財務大臣兼金融担当大臣が世界に対して醜態をさらし晒している今、経済の減速 [詳しくはこちら]

ソーシャルブックマーク登録

札幌生活トップ>不定期日記 > 2009年の日記



管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku-life@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

サイト検索

勝手に応援
札幌の個人事業者

Mac、iPhone、iPod touchのアプリケーション開発の快技庵
Mac、iPhone、iPod touch
のアプリケーション開発
快技庵

次世代顔文字ツールSmileSender
笑顔を作り笑顔を送る
新世代 顔文字ツール
SmileSender

青空文庫読むなら豊平文庫
青空文庫読むなら
豊平文庫

へんなもの屋
禁煙グッズのへんなもの屋

フランス直輸入の
セレクトショップ
FORTUNA

林啓一が作る紙工作のページ

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物

楽天市場でお買い物
ネットで買えば断然お得!
お買い物なら楽天市場

楽天トラベル
【日本最大級の旅行サイト】
楽天トラベル


Amazonでお買い物


【Yahoo!ショッピング】
豊富な品揃え!
探しやすい!



Yahoo!オークションでリユース

デル株式会社
デルオンラインストア


マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!