札幌生活トップ > 不定期日記 > 2009年の日記 > 『片岡球子の裸婦』@芸術の森

前の記事次の記事


blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします

『片岡球子の裸婦』@芸術の森

2009年3月10日(火)
片岡球子の裸婦展パンフレット
1983年から2005年までの作品を一気に見ることができる片岡球子の裸婦展

いま札幌芸術の森美術館で『見えるもの⇔見えないもの』と同時開催されている『片岡球子の裸婦』は見応えがあった。
片岡球子の遺族の方らから裸婦像18点の寄贈を受け開催されたのだが、1983年から最晩年の2005年の作までを一同に見ることができるのだ。

初期の作品は明確な輪郭と緻密な背景により非常にきっちりとした力強い印象を受けたが、年を経るに従い、背景や輪郭が省略されてくる。この傾向は2001年のポーズ19あたりからで、特に2005年のポーズ23(上の画像の右側)は、もはや表情さえも省略されている。
この時はおそらく脳梗塞の影響もあったのだろうと想像されるが、ちょっと痛々しい感じがした。

片岡球子といえば力強い「面構」のシリーズを思い浮かべるが、今回の展覧会は20年以上に渡った一つの題材の解釈を見ることができ大変興味深かった。

Amazonの片岡球子の検索結果はこちら

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません。)


入力無い場合サイトなしと表示されます

トラックバック(0)

トラックバックは管理人NAOの承認制です。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/635

ソーシャルブックマーク登録

札幌生活トップ>不定期日記 > 2009年の日記



管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku-life@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

サイト検索

勝手に応援
札幌の個人事業者

Mac、iPhone、iPod touchのアプリケーション開発の快技庵
Mac、iPhone、iPod touch
のアプリケーション開発
快技庵

次世代顔文字ツールSmileSender
笑顔を作り笑顔を送る
新世代 顔文字ツール
SmileSender

青空文庫読むなら豊平文庫
青空文庫読むなら
豊平文庫

へんなもの屋
禁煙グッズのへんなもの屋

フランス直輸入の
セレクトショップ
FORTUNA

林啓一が作る紙工作のページ

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物

楽天市場でお買い物
ネットで買えば断然お得!
お買い物なら楽天市場

楽天トラベル
【日本最大級の旅行サイト】
楽天トラベル


Amazonでお買い物


【Yahoo!ショッピング】
豊富な品揃え!
探しやすい!



Yahoo!オークションでリユース

デル株式会社
デルオンラインストア


マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!