札幌生活トップ > 環境問題 > 地球温暖化 > 強引な表現が気になる地球環境ノートVOL.14

前の記事次の記事


blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします

強引な表現が気になる地球環境ノートVOL.14

2008年12月2日(火)
札幌の気温
1877年の観測以来の札幌の気温

12月1日よりポーランドのポズナニで気候変動枠組み条約第14回締約国会議(COP14)が開かれている。
それに合わせるようにHOKKAIDO!ECO地球にやさしい・エコプロジェクト地球環境ノートVOL.14が北海道新聞に掲載されていた。(WebページにはまだVOL.13までしか公開されていない)
ここでちょっと気になる表現が出ていた。
それは札幌の年間平均気温が100年単位で見てみると、道都・札幌は2.8度上昇しています。これも、地球温暖化が影響しているようです。と紹介している点だ。
確かに1907年と2007年を比較すれば2.8度だが、この表現では地球温暖化のせいで札幌の気温が2.8度も上昇したと取られかねない。正しくは都市化による温度上昇+温暖化ではないのか?
本当はどうなっているのか調べてみた。一年ごとの値では細かい変動があるので5年平均移動曲線も加えてみた。それが上のグラフだ。
グラフをクリックして拡大してみると5年平均移動曲線では1907年頃はそれ以前より少し寒い傾向である事が分かる。逆に2007年は1990年頃からの高温状態を引きずっている。
1990年以降気温は上昇しているが、世間一般に言われている地球温暖化は1990年以降の現象を言っているのではないはずだ。
単純年を比較し100年前より2.8度上昇しているという表現は、科学的見方を誤らせる可能性があるので止めてもらいたいものだ。

ちなみに気象庁のページによると、日本の平均気温の算出法は都市化の影響を避けるため、都会を除いた地域の気温から求めている。もちろん、その中には札幌は含まれていない。
北海道では寿都、網走、根室だ。
これらの地域のデータもグラフにして見た。Googleドキュメントで公開しているので見てほしい。

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません。)


入力無い場合サイトなしと表示されます

トラックバック(0)

トラックバックは管理人NAOの承認制です。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/582

ソーシャルブックマーク登録

札幌生活トップ>環境問題 > 地球温暖化



管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku-life@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

サイト検索

勝手に応援
札幌の個人事業者

Mac、iPhone、iPod touchのアプリケーション開発の快技庵
Mac、iPhone、iPod touch
のアプリケーション開発
快技庵

次世代顔文字ツールSmileSender
笑顔を作り笑顔を送る
新世代 顔文字ツール
SmileSender

青空文庫読むなら豊平文庫
青空文庫読むなら
豊平文庫

へんなもの屋
禁煙グッズのへんなもの屋

フランス直輸入の
セレクトショップ
FORTUNA

林啓一が作る紙工作のページ

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物

楽天市場でお買い物
ネットで買えば断然お得!
お買い物なら楽天市場

楽天トラベル
【日本最大級の旅行サイト】
楽天トラベル


Amazonでお買い物


【Yahoo!ショッピング】
豊富な品揃え!
探しやすい!



Yahoo!オークションでリユース

デル株式会社
デルオンラインストア


マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!