札幌生活トップ > 環境問題 > 地球温暖化 > IPCCの予測は正しいのか

前の記事次の記事


blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします

IPCCの予測は正しいのか

2009年1月4日(日)
2007年より増えた北極圏の海氷
2008年は2007年より北極圏の海氷面積が増えた。

今日の北海道新聞に、北極圏の海氷が2007年より2008年が7%増加したとする記事が載っていた。
同じ記事に、科学的根拠に基づき、20世紀後半の気温上昇の大部分が人類活動による温室効果ガスによる可能性が極めて高いとするIPCCの見解に反対している赤祖父俊一アラスカ大国際北極圏研究センターIARC)前所長のコメントがあった。
赤祖父氏は地球温暖化を認めながら、1800年からの温度変化は5/6が自然変動によるもので、残りの1/6が人類活動による温室効果ガスによると著書『正しく知る地球温暖化―誤った地球温暖化論に惑わされないために』で述べている。

IPCCが地球温暖化の原因を人類活動による温室効果ガスによる可能性が極めて高いとするのは、現代の気温上昇をコンピューターシミュレーションによりうまく説明出来るためであるが、『正しく知る地球温暖化』ではこのシミュレーション自体が信頼性のおけないモデルとしている。
なぜならば、現代の状況を説明出来る(よって未来も)シミュレーションが、観測された過去の気温状況を再現出来ないからだ。
これは『正しく知る地球温暖化』の5ページ目に出ているので、立ち読みでも良いので見てもらいたい。

このような信頼性の無いシミュレーションから導きだされた予想に基づき、盲目的にIPCCの報告を信じて温室効果ガスの削減を行っても温暖化の進行は防げないし、莫大な予算の無駄遣いとなる。
IPCCは一刻も早く自らの過ちを認め、地球温暖化の防止ではなく、温暖化に備える対策を打ち出すべきだと思う。

*追記*
ついでと言っては何ですが、気象庁が日本全体の平均気温を出すための観測点に選ばれている北海道の寿都の1888年からの気温データは下図のようになっています。
寿都の1888年から2008年までの気温データ
私がまとめた北海道の札幌、寿都、根室、網走のデータはこちらから見れます

コメント(10)

投稿者:yutakarlsonさん コメント時刻:2009年01月04日 14:00
サイト: http://yutakarlson.blogspot.com/2008/12/blog-post_11.html

■牛のげっぷ無視できぬ、温暖化ガス急増に警鐘 気候変動枠組み条約事務局報告書-精神異常をきたしているカルト集団か?
こんにちは。地球温暖化二酸化炭素説ならびに地球温暖化大災厄説は、インチキです。昨年度末開催された、cop14もこの説にもとづくもので、インチキだと思います。牛のゲップも無視できないという、事務局報告書。この報告内容からも、温暖化会議の無意味さ、どころか、馬鹿げた内容、いや狂気さえ感じる異常ぶりがうかがえます。日本は、このような会議からは脱会すべきです。報告書を字面だけ追いかけていると、あまり異常とは一見みえませんが、この会議を主導している連中は、はっきりいって異常で精神的にも幼稚なのか、さもなければ問題があるのではないかと思います。詳細は是非私のブログをご覧になってください。

投稿者:管理人NAOさん コメント時刻:2009年01月04日 15:52
サイト: http://www.my-sapporo.com/

yutakarlson様、コメントありがとうございます。
牛専用マスクが開発されるかもしれませんネ。もちろん人間用も。
ところで牛のゲップの温室効果より、オゾン層破壊防止のための代替フロンであるハイドロクロロフルオロカーボン(HCFC)やハイドロフルオロカーボン(HFC)は二酸化炭素の100倍から一万倍の温室効果があります。
オゾンホールが塞がれば、皮膚がんは減ると思います。そして、温暖化により北海道での農業生産量が増加し、食料自給率が上がるかもしれません。
いずれにしても、限りある予算を使い対策をするのなら、温暖化防止ではなく、温暖化対策に当てるべきと思います。

投稿者:SGWさん コメント時刻:2009年01月04日 18:34
サイト: http://www.janjanblog.jp/user/stopglobalwarming/stopglobalwarming/15351.html

 北極の海氷のトレンドは、2007年の異常な減少を2008年にもほぼ同じレベルまで最低減に下がったことをニュースとして捉えるべきと思います。

 しかしまた一方では、赤祖父氏自身の本の中でも、IPCCの予測に比べて急速に北極の海氷が下がったことを、IPCCの気候モデルが不完全な証拠として挙げていたわけですから、2008年の増加傾向そのものは、IPCCのより変化の遅い気候モデルに近づく方向の傾向である、ということも赤祖父氏は指摘すべきであったろうと思います。

投稿者:夢咲案内人さん コメント時刻:2009年01月04日 20:04
サイト: http://plaza.rakuten.co.jp/kobepearl/

♪初めまして。
♪お立ち寄り頂き、有難うございます。(^0^)/

私の赤祖父氏の本を拝見しました。
米国がオバマ大統領の就任を機会にグリーン・ディール政策を展開しようとしているようです。
ですから、赤祖父先生の言われる科学的な議論よりも政治を優先しようとしているのでしょうね。

アグリビジネスとも密接に関連しており、重大な問題の一つだと思います。

♪お気に入りのHPに登録させて頂きました。
♪また、今年も私の部屋にもお立ち寄り下さい。
♪心よりお待ちしています(^0^)/。
♪私も、時間の許す限り、お訪ねします!

投稿者:管理人NAOさん コメント時刻:2009年01月12日 13:22
サイト: http://www.my-sapporo.com/

SGW様、コメントありがとうございます。
確かに、2008年の海氷面積は2007年より若干増えたようですが、長期的に見れば減少のトレンドだと思います。

IPCCの予測との乖離については、赤祖父氏は北極海の海氷が減少した原因として、北大西洋の暖かい海流が北極海に流入したためとしておりますので、温暖化の影響とするIPCCの予測の気象モデルに近づいたとは判断しないと思います。

このブログを見て、赤祖父氏の『正しく知る地球温暖化』を読んでいない方に補足しますと、この事に触れている章で"最近の研究によると、北大西洋の海水温は降下しているとのことであるので、この海水の北極海の氷への影響はやがて少なくなるであろう"と述べています。(この本の出版は2008年7月です)
2008年の海氷の面積が2007年より若干増えたのは、まさしくこのためと思います。現在の気候に関する技術では、地道な観測に基づく予測の方がコンピューターシミュレーションより信頼性が高い事の証だと思います。

投稿者:管理人NAOさん コメント時刻:2009年01月12日 13:35
サイト: http://www.my-sapporo.com/

夢咲案内人様、コメントとお気に入りに登録していただきありがとうございます。

赤祖父氏は『正しく知る地球温暖化』の第9章「日本はどうすればよいのか」でもっとも重要な問題は日本の将来を確固とするために『将来のエネルギーと食料を確保する事だ』と述べています。
国が国として存続するためにはこの二つがもっとも大事だと思いますので、経済が混乱しているアメリカで、オバマ氏が農業政策に力を入れるのは至極真っ当な事だと思います。
それに引き換え我が国の指導者層は相変わらず消費刺激などといっている現状を見ると情けなくなってきます。

投稿者:通りすがりさん コメント時刻:2009年01月15日 11:11
サイト:サイトなし

初めまして。
シミュレーションについては専門化も精度はまだまだ改善の余地があると認めてますけれど、インチキと決め付けるのも行き過ぎではないかと思います。
シミュレーションについては(おそらく赤祖父先生も)誤解されてるようですが「地道な観測に基づく予測の手法」の一つとしてシミュレーションというものが存在します。
赤祖父先生の著作もけっこうですが、もっと基本的な教科書的な本を読まれることをおすすめいたします。

あと、あまりこういう話は本論にしたくは無いのですが、温暖化論はビジネスがらみの陰謀であると決め付けている方もいらっしゃいますよね。そういう人達は、そもそもアメリカで温暖化人為説受け入れが遅れたのは、石油メジャーのロビイングが強行だったためであるというのはご存知なのでしょうか。もし陰謀論で議論するならば、アラスカは石油利権がらみが強力な土地柄ということも認識しておくべきだと思います。

もう一つ、差し出がましいようですが、気温変動グラフの表示方法について。変化の有無を示したい場合は、グラフデータの平均値もしくは中央値を中心に、最大値最小値をグラフの上下の端に設定するのが一般的に行われている表示方法です。

投稿者:管理人NAOさん コメント時刻:2009年01月15日 12:58
サイト: http://www.my-sapporo.com/

通りすがり様、コメントありがとうございます。

誤解がありそうですので・・・
シミュレーションについてですが、インチキと決め付けているのではなく、過去のすでに観測された現象を再現できないコンピュータシミュレーションは信頼性が無いと言うことです。
このことが示しているのは、IPCCのコンピュータシミュレーションがまさしくまだまだ改善の余地があるということだと思います。
そしてそのまだまだ改善の余地があるシミュレーションを盲目的に信ずることの危うさを赤祖父氏は指摘しています。

グラフですが、おっしゃることはごもっともです。
しかし、Googleドキュメントは現時点では原点の指定ができないようです。

投稿者:通りすがりさん コメント時刻:2011年09月21日 19:45
サイト: http://ameblo.jp/mushimushi9/entry-10560418755.html

北極の海氷の体積は減り続けているようです。面積で話を進めている時点で疑ってかかることをしなければならないはずです。

>>「過去のすでに観測された現象を再現できないコンピュータシミュレーションは信頼性が無いと言うことです。」
過去の観測データの方に誤りがあったことが確認されており、シミュレーションが、過去の気温を再現するために数値をいじったりしているわけでないことが明らかになっています。
http://www.cger.nies.go.jp/ja/library/qa/25/25-1/qa_25-1-j.html

「観測データは1940年代に極大値を示しているにもかかわらず、それをモデルが再現できないことが問題点として指摘されてきました。ところが最近、観測データの方に問題が発見され、そこを補正すればモデルとの一致がよくなることがわかってきました。」
赤祖父氏が再現できていないとしているのはどの年代でしょうか?仮にそれが1940年代の極大値なら、観測データの方の問題のようです。

又聞きで批判するような状態では、批判することに酔っている状態でしかなく、考えるのをやめている状態に見えます。
科学的な話題以外なら正解がないので、本を読んでそれを自分の意見のように振舞っても通るのかもしれませんが、科学的話題の場合、答えは一つですよ。

投稿者:管理人NAOさん コメント時刻:2011年09月22日 00:35
サイト: http://www.my-sapporo.com/

通りすがり様、コメントありがとうございます。

赤祖父氏の著書「正しく知る地球温暖化」(以下、著書とします)に対するコメントであると思いますので、引用をして僭越ながら、赤祖父氏に代わってお答えいたします。

>北極の海氷の体積は減り続けているようです。

海氷の面積は1960年頃からの観測で、様々なコンピュータシミュレーションより、より急激に減少しています。その原因は観測の結果、大西洋の暖かい海水が北極海に流入しているためで(著書の107〜108ページより)、これは、炭酸ガスの温室効果よりもっと効率の良い過程が存在(著書の107〜108ページより引用)していることを示しています。
このことは、日本の海洋研究開発機構(JAMSTEC)がこの大切な北極海の観測に参加し、ベーリング海から太平洋の温かい海流が流れ込んでいることも海氷の減少の原因の一つであることを確認している(著書118ページより引用)ようです。

>面積で話を進めている時点で疑ってかかることをしなければならないはずです。

何を”疑ってかかる”のでしょうか?

>過去の観測データの方に誤りがあったことが確認されており

もとの記事の「ココが知りたい温暖化」には、この件についてのリンクがなく、どの誤りが確認できたのかわかりません。

>シミュレーションが、過去の気温を再現するために数値をいじったりしているわけでないことが明らかになっています。

赤祖父氏のシミュレーションに対する考え方への反論と思いますが、長くなるので引用は避けますが、赤祖父氏のIPCCのコンピュータシミュレーションに対する見方は、著書の64〜71ページにありますのでご一読ください。

>赤祖父氏が再現できていないとしているのはどの年代でしょうか?

これは、北半球高緯度帯の1954〜2003年までの観測結果(Arctic Climate Impact Assessment , Cambridge University Press, 2005)と、赤祖父氏がIPCCに依頼して得たシミュレーションの結果を指しています。
赤祖父氏が、このプロジェクトを考えついたのは、観測結果とコンピュータによる再現結果が両方とも100パーセント正確であることはあり得ないので、その異なった部分を観測、コンピュータのシミュレーションの両方を比較しながら、両者をもっと正確になるようお互いに努力したらよいのではないかというのが最初の目的であった。と述べており、この2つを比較しプロジェクトの最初の目的、観測とシミュレーションのギャップを埋めることは、不可能であることがわかった。両者の差があまりに大きすぎるのである。こんなに両者が異なっていては、どうしようもない。と述べております。(著書の111〜112ページから引用)
一度著書をご覧になることをお勧めします。

最後に

>又聞きで批判するような状態では、批判することに酔っている状態でしかなく、考えるのをやめている状態に見えます。
科学的な話題以外なら正解がないので、本を読んでそれを自分の意見のように振舞っても通るのかもしれませんが、科学的話題の場合、答えは一つですよ。

通りすがり様がどのような分野の研究をされているのか分りませんが、一般人が研究者の著した本を読み、その件について自分の意見を述べることを、上記のようにおっしゃるとは、ずいぶんと失礼ですね。
地球温暖化(正しくは気候変動と呼ぶべきと思いますが)は、正解が二酸化炭素とは証明されていません。その上で、科学的話題の場合、答えは一つですよと証明されているかのように誘導するのは矛盾してませんか。

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません。)


入力無い場合サイトなしと表示されます

トラックバック(3)

トラックバックは管理人NAOの承認制です。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/600

送信元 » 気象・歳時・防災 コラム! より
’08年の『まとめ』として…
日本付近は寒気に包まれています。今回の寒気は大陸の高気圧が南東に張り出しているため、 等温線が鍋底のようなサーマルトラフを形作っており『北日本〜西日本に... [詳しくはこちら]

送信元 » 静岡始めました より
炭酸ガスは悪くない! 「正しく知る地球温暖化」赤祖父俊一 著
 最近、仕事がらみで地球温暖化に関する本を大量に読みました。地球全体の気温が上昇しているのは間違いなさそうです。さて、その犯人は??  すでに、人類が排出... [詳しくはこちら]

送信元 » 温暖化いろいろ より
北極の海氷の減少は「オゾンホール発見」物語のようなものか?
 グラフは、全米雪氷データセンターのページより (8/26、8/30、9/15、10/7に最新版に差し替え。) ティッピングポイントの一つとして指摘され... [詳しくはこちら]

ソーシャルブックマーク登録

札幌生活トップ>環境問題 > 地球温暖化



管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku-life@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

サイト検索

勝手に応援
札幌の個人事業者

Mac、iPhone、iPod touchのアプリケーション開発の快技庵
Mac、iPhone、iPod touch
のアプリケーション開発
快技庵

次世代顔文字ツールSmileSender
笑顔を作り笑顔を送る
新世代 顔文字ツール
SmileSender

青空文庫読むなら豊平文庫
青空文庫読むなら
豊平文庫

へんなもの屋
禁煙グッズのへんなもの屋

フランス直輸入の
セレクトショップ
FORTUNA

林啓一が作る紙工作のページ

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物

楽天市場でお買い物
ネットで買えば断然お得!
お買い物なら楽天市場

楽天トラベル
【日本最大級の旅行サイト】
楽天トラベル


Amazonでお買い物


【Yahoo!ショッピング】
豊富な品揃え!
探しやすい!



Yahoo!オークションでリユース

デル株式会社
デルオンラインストア


マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!