札幌生活トップ > 環境問題 > 地球温暖化 > カップヌードルのカップその2

前の記事次の記事


blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします

カップヌードルのカップその2

2008年7月23日(水)
先日、日清食品のECOカップを話題にしたが、スープヌードルのECOカップ化について質問した回答が来た。
それによるとまずカップヌードルのレギュラーサイズ、次にMINIサイズ、BIGサイズと順次ECOカップにして行くそうで、そして肝心のスープヌードルは今のところ未定だそうです。
順次ではなく予定が無いって、これってなんか腑に落ちない。
少なくとも現時点での計画では、カップヌードルシリーズはECOカップ化を進めるが、スープヌードルシリーズはその計画がないということ?どうも一貫性がない。
当分は2つのカップを平行して作り続けるというのでは全然ECOでは無いのではないだろうか。そもそも本当にECOを狙っているなら新しくCMなど作らず、さらりと変えれば良いのだ。

ただ、日清食品の名誉のために一つ書いておく。
前のエントリーにも書いた通りカップヌードルのカップが受賞した賞だが、これも質問していて回答が来た。
それによると

昭和50年7月26日、アメリカプラスチック協会主催による代6回国際発泡樹脂品評会で、「カップヌードル」の容器は、機能とデザインが優秀であるとして栄養あるデザイン部門グランプリを受賞しました。その理由に「発泡スチロールを食品分野の包装容器として使用し、形態が極めて優れているとともに、包装容器、調理器、食器としての機能があるなど資源の有効利用に付与した」 (原文のママ)

とのことだ。
昭和50年というと第一次オイルショックからようやく立ち直りかけた頃だ。そんな時代を考えると発泡スチロールに対する風当たりも今とは違った意味で厳しかったと思う。
時代を考えるとこの受賞は日清食品は十分誇りに思ってよいし、一貫性のないECOなど止めて、今こそ石油を原料とする製品の有効利用を提案する側に回ってほしいと思う。


コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません。)


入力無い場合サイトなしと表示されます

トラックバック(1)

トラックバックは管理人NAOの承認制です。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/469

送信元 » 非日乗的日乗inowe椅子人blog より
発泡スチロール対紙(エコ編)
ぼくのクラスで、なんせ育ち盛りなもので、腹が減っちゃって、バカなことにもノートの紙を食べることが流行ったんだけど理科の先生が 「なにをしてる、その紙は毒だ... [詳しくはこちら]

ソーシャルブックマーク登録

札幌生活トップ>環境問題 > 地球温暖化



管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku-life@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

サイト検索

勝手に応援
札幌の個人事業者

Mac、iPhone、iPod touchのアプリケーション開発の快技庵
Mac、iPhone、iPod touch
のアプリケーション開発
快技庵

次世代顔文字ツールSmileSender
笑顔を作り笑顔を送る
新世代 顔文字ツール
SmileSender

青空文庫読むなら豊平文庫
青空文庫読むなら
豊平文庫

へんなもの屋
禁煙グッズのへんなもの屋

フランス直輸入の
セレクトショップ
FORTUNA

林啓一が作る紙工作のページ

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物

楽天市場でお買い物
ネットで買えば断然お得!
お買い物なら楽天市場

楽天トラベル
【日本最大級の旅行サイト】
楽天トラベル


Amazonでお買い物


【Yahoo!ショッピング】
豊富な品揃え!
探しやすい!



Yahoo!オークションでリユース

デル株式会社
デルオンラインストア


マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!