札幌生活トップ > 環境問題 > 地球温暖化 > 冷静な議論をしたい温暖化問題

前の記事次の記事


blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします

冷静な議論をしたい温暖化問題

2008年7月30日(水)
最近ようやく温暖化問題について冷静な議論が出来るようになってきたようだ。
NHKを筆頭にヒステリックに報道されている『人的なCO2排出量増加が原因で地球は温暖化している』という主張に対して、冷静に具体的数字を挙げて反論する人達が増えている。
北海道新聞7月8日の帝塚山学院大教授、薬師院仁志氏の記事
北海道新聞7月29日のアラスカ大国際北方圏研究センター教授、福田正己氏の記事

自分がこの『CO2による温暖化』に疑問を持ったのはマイクル・クライトン恐怖の存在を読んでからだ。
この本を読んだことをきっかけにして自分で調べてみると確かに各地の気温は上昇している
だが、ここに大きな落とし穴があると思う。所詮人が住んでいるから気温を測定しているのだ。ヒートアイランド現象のように人間活動はとにかく熱を排出するものだ。去年より暑い夏が来たと言っても何の証明にはならない。地球表面の大部分を占める海の上の気温はどうなっているのだろうか。
それよりも純粋に地球の大気気温はどうなっているのだろうか。

気象衛星NOAAの観測では温暖化していない

気象衛星NOAAの観測による地球全体の対流圏中層の温度変化
NOAAの観測データ、グラフをクリックすると北海道新聞の記事を別ページで表示

北海道新聞に掲載された気象衛星NOAAの地球全体・対流圏中層(高度約4,000m)のデータによると、NOAAが観測を始めた1979年以降は上昇も下降もしていない。明確な温暖化はこのグラフからは読み取ることができない。
NOAAの公式サイトはこちらだと思うが、上のグラフがこのサイトの中でどこにあるのかは見つけられなかった。

しかし、今世界は温暖化防止のためのCO2排出量削減のために莫大な資金を投じようとしている。だが、すぐにも解決しなければならない飢餓や水不足などについてはどういう訳か後回しになっている。
確かに温暖化により地球環境が悪化(寒冷化よりマシという見方もある)すれば、全てがご破算になるかもしれない。
ここで問題なのは本当に人的行為によりCO2排出量が増大し、それが原因で温暖化が進行しているのかという非常に科学的な命題に関して、未だに明快な回答が出ていないのに、原因が明らかでないことに対して先行して莫大な資金を投じようとしていることだ。
これが温暖化がCO2によるものではないとする学者達が主張しているように、自然の変動の範囲の温暖化であり、CO2の増加はその結果だとしたらとんでもない間違いを犯していることになる。CO2の排出量を削減(あるいは全体量を制御)できるなどという思い上がった人類の考え方に基づいた対策は、莫大な資金をどぶに捨てることになる。排出権取引場のマネーゲームに加担するだけだ。
そんなことより、温暖化がこのまま進むとしたらその温暖化に備えるためにこそその資金を使うべきだと思うし、問題の解決のために現状を冷静に分析する研究にその資金を投じるべきだと思う。

コメント(6)

投稿者:ロケットの夏さん コメント時刻:2008年08月03日 16:17
サイト:サイトなし

はじめまして、そもそも現在は間氷期であって多少の
温暖化は当然のように思えます。
素人なのでそれ以上のことは分かりませんが。

投稿者:管理人NAOさん コメント時刻:2008年08月03日 21:05
サイト: http://www.my-sapporo.com/

ロケットの夏さん、コメントありがとうございます。
どうも世界中が環境問題は金になると見ていろいろ動いているように見えてなりません。
始めのうちはCO2削減に消極的だったアメリカの姿勢を見て疑問に思いましたが、意外と冷静な判断なのかも知れません。
温暖化が自然の成り行きだとしたら、今の世の中の動きがとっても心配になります。

投稿者:谷口興紀さん コメント時刻:2009年11月05日 16:36
サイト:サイトなし

北海道新聞の記事拝見しました。
私も似たような問題意識で、ネットサーチしていました。
気象衛星NOAAのデータによる「地球の平均気温の推移」は、下記の頁を参照されると良いと思います。
http://www.drroyspencer.com/latest-global-temperatures/
その文の上から2~3行辺りの「Check this out」の「thi」をクリックし、出た頁の図の直上文中「website」をクリックした頁を利用するといろいろなデータが、しかも毎日のデータが得られます。

投稿者:管理人NAOさん コメント時刻:2009年11月06日 15:21
サイト: http://www.my-sapporo.com/

谷口様、情報ありがとうございます。これはすばらしいですね。
ところでEUが温室効果ガスの削減目標を30%に強化する案を先送りにしました。
ますます、うさんくさくなってきたようです。

投稿者:内山 大さん コメント時刻:2010年02月11日 08:41
サイト:サイトなし

初めて投稿します。最近このホームページを知ったばかりなので、投稿の時期がだいぶずれました。
『科学者の9割は「地球温暖化」CO2犯人説はウソだと知っている』(丸山茂徳:宝島新書)にも「ロケットの夏さん」や北海道新聞の記事と同様のことが述べられております。地球は寒冷化に向かっているということです。

投稿者:管理人NAOさん コメント時刻:2010年02月12日 15:07
サイト: http://www.my-sapporo.com/

内山 大さん、コメントありがとうございます。
ここ10年ほどは日本各地の気温は横ばい状態になっています。
http://spreadsheets.google.com/ccc?key=0AkReWExV7MWQcjBZa29pdFpFeWthRm1nTldDakpZSmc&hl=ja
その間も二酸化炭素排出量は増加していますので、IPCCの見解とは違う結果になっています。
現代の天気予報の技術ではとても数十年先の気温変化を予想などできないと思います。
やはり、過去の事象をしっかりと研究しないといけないと思いますし、IPCCのコンピューターシミュレーションで過去を再現できない限り信頼性は低いと思います。

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません。)


入力無い場合サイトなしと表示されます

トラックバック(4)

トラックバックは管理人NAOの承認制です。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/491

送信元 » 散策 より
【日記】地球温暖化議論、毎日「WaiWai」問題、共謀罪、青少年インターネット規制
今週末は用があるので、週一のブログでも書いてしまおうかと。ここのところ、「きまぐれな日々」によくお邪魔させていただいて、先日は、フンニャメロ日記にもお邪魔... [詳しくはこちら]

送信元 » きまぐれな日々 より
地球温暖化論の「まやかし論」や「陰謀説」を信奉する人たち
北陸や近畿を中心に、集中豪雨の被害が出ている。 28日付の読売新聞によると、金沢市中心部を流れる浅野川は数か所ではんらん。市は午前8時5... [詳しくはこちら]

送信元 » ■東西南北・閑閑話■ より
地球温暖化と薪ストーブ
画像は仕事部屋にあるダッチウエストFA225の温風吹出口装飾バーのワンオフカスタムパーツで、去年の秋に友人... [詳しくはこちら]

送信元 » 虹色オリハルコン より
森に木を植え、海に鉄をまく人
何はさておき、とてもよい本だと思ったので、ご紹介します。 鉄が地球温暖化を防ぐ 畠山重篤(はたけやましげあつ)著 文芸春秋 「森は海の恋人」という粋な... [詳しくはこちら]

ソーシャルブックマーク登録

札幌生活トップ>環境問題 > 地球温暖化



管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku-life@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

サイト検索

勝手に応援
札幌の個人事業者

Mac、iPhone、iPod touchのアプリケーション開発の快技庵
Mac、iPhone、iPod touch
のアプリケーション開発
快技庵

次世代顔文字ツールSmileSender
笑顔を作り笑顔を送る
新世代 顔文字ツール
SmileSender

青空文庫読むなら豊平文庫
青空文庫読むなら
豊平文庫

へんなもの屋
禁煙グッズのへんなもの屋

フランス直輸入の
セレクトショップ
FORTUNA

林啓一が作る紙工作のページ

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物

楽天市場でお買い物
ネットで買えば断然お得!
お買い物なら楽天市場

楽天トラベル
【日本最大級の旅行サイト】
楽天トラベル


Amazonでお買い物


【Yahoo!ショッピング】
豊富な品揃え!
探しやすい!



Yahoo!オークションでリユース

デル株式会社
デルオンラインストア


マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!