札幌生活トップ>環境問題 > 省エネ

blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

省エネ

環境問題の基本、省エネについてです。個人でも出来る事や、自宅のエネルギー消費について考えてみます。

賃貸住宅の省エネ推進にはドイツのエネルギーパスポート制度がいい

2012年1月18日(水)
昨日の17日、かでる2.7で開かれた、環境道民会議主催のウインターミーティング「北海道発!!冬の省エネの可能性を探る」に参加してきた。
冬の省エネとあったので、何か良い事例の話を聞けるのかと思ったが、残念ながら「冬」に特化した事例発表はなかった。
しかし、ドイツの事例発表でエネルギーパスポート制度というものがあることを知った。
この制度は初めて知ったのだが、ドイツでは住宅を賃貸する際に、その家の省エネ度合いを公表することが義務付けられており、その制度がエネルギーパスポートというものだ。

この制度についてネットで調べてみたが、あまり詳しい説明は見つけられなかったが、夏は27度以下、冬は18度以上を年間通して保つために必要なエネルギーを1平方メートルあたりで算出したものらしい。(続・働きウーマンより)この数値を使うことによって、冷暖房にかかるおおよそのエネルギー消費が計算できるはずだ。
この制度は家庭の省エネを進める上で非常に有効だと思う。
新築の住宅については、施主にもよるが、その時点での最新の省エネ技術を使うことができるが、圧倒的多数のすでに建てられていて、しかも住人が手を加えにくい賃貸住宅の省エネはなかなか進まないのが実情だと思う。
新たな省エネ対策は、賃貸住宅のオーナーにとってはコストの増加になるし、借りる側にとっては家賃の上昇につながる。省エネは必要と分かっていてもなかなか手をつけにくい。
しかし、エネルギーパスポートによって、多少家賃が高くとも、冷暖房費が抑えられることがわかるならば、安い家賃で高い冷暖房費を使うより経済的な場合もあるはずだ。
また、賃貸住宅に省エネという付加価値をつけることもできる。これはなかなか良い方法だと思う。

北海道の家庭のエネルギー消費は日本の平均よりかなり高い。これは主に冬の暖房によるとことが多いのだが、賃貸住宅だと、住人は建物自体に手をつける根本的省エネ対策はできない。
これではいくら省エネの機器を購入しても、さしたる効果は上がりにくい。
北海道ローカルでも良いから、この制度を導入する価値は十分にあると感じた。

Amazonの住宅の省エネの検索結果

楽天市場の住宅の省エネの検索結果

トラックバック数:0、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

タイガーの電気ケトルを購入

2011年12月9日(金)
父との同居が始まりひと月がたったが、父の引っ越しに伴い当然父が運び込んできた物がある。
ある意味老人の定番ともいえる電気保温ポットがその一つだ。
一度沸騰させ、その後かなりの高温(温度が下がると何度でも沸騰させる)を保ち、省エネでは目の敵にされている電気保温ポットだが、父が持ってきた物はかなり古く、パッキンの劣化のせいか、満水(2リットル!)状態でないとお湯を出すのに何度もボタンを押さなければならない状態であった。
なんとか沸かして保温状態を保つより、その都度沸かす方が電気代が安い事を納得してもらい、新しく電気ケトルと保温ポットを買った。
買った物はタイガーの電気ケトルサーモスの保温ポットだ。
値段からいえばもっと安い電気ケトルはたくさんあるが、安全面(倒してもお湯がこぼれない)と内側がフッ素加工でプラスチック臭がしないと評判なのでタイガーの物を選んだ。

内側がフッ素加工のタイガーの電気ケトル
内側がフッ素加工でプラスチック臭とは無縁

使ってみた感想は、確かにお湯の沸くのが早く(500ccの15℃の水を沸かすまでにかかった時間は2分55秒)、音も静かでとっても便利だ。
父にとっては、沸くのがあまりにも早く、静かなので、たまにもう一度スイッチを入れてしまうほどだ。
加熱の効率も良く、IHヒータでお湯を沸かすよりかなり効率がいい。詳しくは省エネ生活の方で紹介してあるが、エネルギーの変換効率が81%というのは、電気ケトルの構造的にたぶん限界値ではないかと思う。
これでデザインが良ければ文句がない。アルフィのポットとまでは言わないが、ほんと、デザインががっかりものだ。

とはいえ、商品レビューなんかで良く書かれているように、もっと早く買っておけば良かったと思う品である事には間違いない。
日常で電気ケトルで沸かすお湯の量はさほど多くはないので、抜群の省エネ効果がある訳ではないが、なにせ、沸くまでの時間がとっても短いので、使いたいときだけ沸かすことに面倒臭さを感じないところがいい。
もっと広まっても良い商品だと思う。

Amazonの電気ケトルの検索結果

楽天市場の電気ケトルの検索結果

トラックバック数:0、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

同居人が増えて消費エネルギーはどうなったか

2011年12月6日(火)

自宅のエネルギー消費量(一次換算)

先月から父親と同居するようになったが、自宅の消費エネルギーは以外と増えなかった。
増えたのは当然といえば当然だが、水道使用量が2倍になった。
エネルギーではないが、燃えるゴミも増えた。
今後は2台の灯油ストーブが動くようになるので、灯油の消費量がどの程度伸びるか気にかかる。
居間は東向きで日光が入り、真冬でも日中はストーブは使わなくてもいいくらいに暖かいが、父親の部屋は西向きで、日中はどうしてもストーブのお世話になるだろうからだ。
あと、どうも年のせいか、物忘れというほどでもないが、電灯の消し忘れが多い。特にトイレが忘れやすい。そんな訳で、トイレの電灯を白熱電球からLED電球に変更した。これで万一消し忘れても電気代はさほどかからないだろう。
LED電球も値段がこなれてきたようで、最近ではセール対象になる事も多くなってきた気がする。白熱電球からLED電球に交換すると省エネ効果は抜群だ。もっと大いに普及してもらいたいものだ。

AmazonのLED電球の検索結果

楽天市場のLED電球の検索結果

トラックバック数:0、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

地域カーボンカウンセラーになった

2011年9月19日(月)
ほぼ一月ぶりの更新となってしまった。
理由は、先月より内閣府の地域社会雇用創造事業の地域カーボンカウンセラー養成講座を受講していたためだ。
地元中小企業の省エネ、CO2削減を推進するためのカウンセラーを養成するための講座だが、結構なボリュームで、ネットを使った事前eラーニングが約1週間、テキストを用いた講座が3週間、インターンシップという事で各地の工場見学などが1週間という内容。レポートや、書籍の読書感想文なども提出するので、充実した内容だった。
すぐに就職に役立つ訳ではないが、国内クレジット制度や、排出権取引など、技術面以外の事も勉強でき、ためになった。
自然エネルギーを使った発電についても学んだが、これは様々な制約があり、前途はかなり多難と感じた。

札幌では今回が2回目で、1回目の受講生はNPO法人北海道省エネまちづくり協会を設立して活動を開始したとのことだ。
NPOを作るのは結構大変であるので、2回目の受講生の誰かが同じような活動をする様子はないが、この講座の結果を有効に利用したいと多くが思っているようだ。

インターンシップではヒートポンプを運用している工場や、バイオマスボイラー、火力発電所、太陽光発電所などを見ることができて、非常に有意義だった。
その中で、北電の伊達火力発電所を見学したが、火力発電と太陽光発電の規模の大きさの違いと、自然エネルギーを使った発電の難しさを実感することができた。

伊達火力発電所には35万キロワットの火力発電が2基と、1000キロワットの太陽光発電があるが、見学の日は快晴で太陽光発電にはベストの日であったが、日中のピークでも700キロワット程度しか発電できていなかった。敷地面積はほぼ同じであるので、エネルギー密度の違いをまざまざと見せつけられた。
帰りのバスの車窓から見えた、おそらく苫前の風力発電の風車が全て止まっていたのが印象的であった。当日は雲がほとんどない晴天で、天候も良かったが、風もほとんどなかった。
太陽光発電に都合の良い雲の出来にくい風のない快晴の日は、風力発電にとっては都合の悪い日という事だ。何とも皮肉な話だ。
電波状態がいまいちな携帯電話メーカーが、北海道に自然エネルギーを使った発電所建設に熱意を燃やしているようであるが、大丈夫だろうか。

Amazonの太陽光発電の検索結果

楽天市場の太陽光発電の検索結果

トラックバック数:0、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

太陽光発電の実力

2011年8月2日(火)
稚内に設置された出力5,020kwの太陽光発電施設の5年間におよぶ実証実験の結果がまとまった。
この稚内の発電所は、天候による発電量の変動を抑えるため、NAS電池を併設しており、安定的に太陽光発電を行うのが特徴だ。
特徴というより、この蓄電池を併用したシステムは、発電量の安定しない太陽光や風力発電には必須のものといえる。
不安定な発電は既存の送電設備に余計な負荷を与えるので、安定供給を目指す電力会社が電力を買い取る事に躊躇する原因だからだ。単純に発電だけを行えば良いというものではない。
安定供給のための技術的な側面は、実証実験の結果まとまった『大規模太陽光発電システム導入の手引書』に詳しく書かれている。

肝心の稚内のこの太陽光発電所の実力であるが、北海道新聞によると、フル稼働時出力5,020kwに対する実際の発電量(設備利用率)が11%であった。計画通り発電できた日数は年間の8割であった。
設備利用率は全国の太陽光発電設備の11〜14%と比較しても問題ないレベルで、年間の日照時間が東京より4%少ない事を考慮すれば、なかなかな成績といえる。
計画通り発電できたのが年間8割というのは、天候を考えれば、これもなかなかいい成績ではないだろうか。
ちなみに6月の発電量は、稚内市役所によると489.639kwhで、一戸で月250kwh消費するとすると約1600戸分だ。

かなり成績の良い稚内の太陽光発電所であるが、それでも設備利用率が11%しかなく、計画通り発電できたのが年間の8割しかないのであれば、原発や火力発電所には遠く及ばない。
安定した電力供給源とするのには無理がある。
仮に発電能力を大幅にアップしたとしても、日照の影響による数分単位の発電変動や、発電できない夜間などの長時間の変動を抱えている限り、その変動分を補償するためには、既存の原発や火力発電所にその分余計に発電する能力を求められる。
そうすると変動の大きな太陽光や風力発電が増えれば増えるほど、既存の原発や火力発電所が増えてしまう可能性がある。

いくらクリーンエネルギーといっても、現代の技術では、急激な脱原発による発電設備の移行には問題がありすぎる。
福島の原発事故を教訓にして、今後、太陽光や風力発電などの研究がさらに進むと思うが、まだまだ我々の生活を預けるにはまだまだ力不足だ。

Amazonの太陽光発電の検索結果

楽天市場の太陽光発電の検索結果

トラックバック数:0、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

札幌生活トップ>環境問題 > 省エネ



管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku-life@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

サイト検索

勝手に応援
札幌の個人事業者

Mac、iPhone、iPod touchのアプリケーション開発の快技庵
Mac、iPhone、iPod touch
のアプリケーション開発
快技庵

次世代顔文字ツールSmileSender
笑顔を作り笑顔を送る
新世代 顔文字ツール
SmileSender

青空文庫読むなら豊平文庫
青空文庫読むなら
豊平文庫

へんなもの屋
禁煙グッズのへんなもの屋

フランス直輸入の
セレクトショップ
FORTUNA

林啓一が作る紙工作のページ

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物

楽天市場でお買い物
ネットで買えば断然お得!
お買い物なら楽天市場

楽天トラベル
【日本最大級の旅行サイト】
楽天トラベル


Amazonでお買い物


【Yahoo!ショッピング】
豊富な品揃え!
探しやすい!



Yahoo!オークションでリユース

デル株式会社
デルオンラインストア


マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!