札幌生活トップ > 環境問題 > 省エネ > 省エネルギー普及のための人材研修二日目

前の記事次の記事


blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします

省エネルギー普及のための人材研修二日目

2008年10月24日(金)
22日の省エネルギー普及のための人材研修二日目のレポート。
二日目のカリキュラムは『省エネ型製品の選び方・使い方』、『省エネ住宅の建て方・住まい方』、『交通と省エネルギー』、『省エネナビ活用事例』だ。
初日よりは実践的なものが多かったが、気になることもある。
『省エネ型製品の選び方・使い方』だが、よくあるエコ替えを強調している点だ。
今のままの機器を使い続けるのではなく、より省エネ効果の高い最新の機器に交換する事により省エネルギーを行うというスタンスが強く出ている。
確かに長期間使い続けるエアコンや冷蔵庫は新製品を早いうちから使う事によりより省エネ効果が高くなる。その際の新しい機器の製造と古い機器の廃棄にかかるエネルギーも長期間使用するという前提に立てばさほど多くはない。

消費するエネルギーは電力であるが、これを二酸化炭素排出量に換算した場合のグラフが紹介された。
平均使用年数14年のエアコンの場合であるが、製造、使用、リサイクル時に発生する二酸化炭素排出量は、同じエアコンをさらに6年間使用する場合と新製品に買い替えて6年間使った場合、最終的に約1.4割ほど削減されるというデータが示された。
連続して20年間使用の後半の6年間だけ新製品を使う事で1.4割削減出来るというのはなかなか凄い数値だ。
なにしろ後半の6年間は古い製品の半分程度しか新しい製品は二酸化炭素を排出しないからだ。だがこれは我々がエアコンを買い替えた時に達成されるのだ。
ようするにかなりのコスト負担が発生するのだ。
コストの問題だけではなく、これは講師の方も指摘されていたが、家に複数のエアコンがある場合一度に全部買い替える事は出来ないため、結局古い機器を継続使用しなければならない。単純な計算どおりに省エネとはいかないのである。

継続的な省エネの取り組みとして考えた場合、コスト負担の問題は無視出来ない。無い袖は振れないのだ。そうなると使いこなしというソフト面で何か省エネになる方法を探らないといけない。このソフト面での使いこなしが継続的に省エネを実践していく場合のキーになると思われる。
せっかく『省エネルギー普及のための人材研修』に参加しているので、今後研修中に得た知識をこのブログで紹介していきたいと思う。


コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません。)


入力無い場合サイトなしと表示されます

トラックバック(0)

トラックバックは管理人NAOの承認制です。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/553

ソーシャルブックマーク登録

札幌生活トップ>環境問題 > 省エネ



管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku-life@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

サイト検索

勝手に応援
札幌の個人事業者

Mac、iPhone、iPod touchのアプリケーション開発の快技庵
Mac、iPhone、iPod touch
のアプリケーション開発
快技庵

次世代顔文字ツールSmileSender
笑顔を作り笑顔を送る
新世代 顔文字ツール
SmileSender

青空文庫読むなら豊平文庫
青空文庫読むなら
豊平文庫

へんなもの屋
禁煙グッズのへんなもの屋

フランス直輸入の
セレクトショップ
FORTUNA

林啓一が作る紙工作のページ

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物

楽天市場でお買い物
ネットで買えば断然お得!
お買い物なら楽天市場

楽天トラベル
【日本最大級の旅行サイト】
楽天トラベル


Amazonでお買い物


【Yahoo!ショッピング】
豊富な品揃え!
探しやすい!



Yahoo!オークションでリユース

デル株式会社
デルオンラインストア


マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!