札幌生活トップ > 環境問題 > 省エネ > 床上付近と天井付近の温度差

前の記事次の記事


blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします

床上付近と天井付近の温度差

2008年12月13日(土)
先週の金曜日に、床上付近と天井付近の温度差を計るために温度計を購入と書きましたが、その後の報告です。
一週間がたちましたが、どういうわけか温度差はほとんどありません。
日中はほとんど床上付近も天井付近も20度程度で、温度差が2度以上になりません。
これでは逆サーキュレーターは全く必要ないです。

ストーブの設定温度は去年より一度下げて19度としていますが、ここ一週間ほどは暖かい気温の日が続き、夜でもあまりストーブは稼働しないのが原因か?とも思いますが、とにかく温度差がほとんどありません。
もしかすると、私の部屋は集合住宅の最上階の角部屋なので、床側は階下の部屋の熱が伝わり暖かく、天井側は外気で冷やされやすくなっているかもしれません。
また、日中は天候が良ければ日差しが差し込み、日の当たるところ(もちろん床側)は23度程度まで上がりますが、この時でも天井側は20度です。
床側の方が暖かいと言う逆転状態です。たぶん、日中床側が日光で暖められ、その空気が上昇し、自然と部屋の温度分布が均一化されているのだと思います。

温度計のある部屋は南向きの居間で日当りが良いので、これが原因で温度分布が均一だとすると、居間には逆サーキュレーターは必要なくなります。
今度、普段あまり使わない北向きの部屋(冬の間は夕日も差し込みません)がありますので、そっちの部屋でストーブをつけたとき、床付近と天井付近の温度差がどうなるか調べてみる事にします。


コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません。)


入力無い場合サイトなしと表示されます

トラックバック(0)

トラックバックは管理人NAOの承認制です。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/588

ソーシャルブックマーク登録

札幌生活トップ>環境問題 > 省エネ



管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku-life@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

サイト検索

勝手に応援
札幌の個人事業者

Mac、iPhone、iPod touchのアプリケーション開発の快技庵
Mac、iPhone、iPod touch
のアプリケーション開発
快技庵

次世代顔文字ツールSmileSender
笑顔を作り笑顔を送る
新世代 顔文字ツール
SmileSender

青空文庫読むなら豊平文庫
青空文庫読むなら
豊平文庫

へんなもの屋
禁煙グッズのへんなもの屋

フランス直輸入の
セレクトショップ
FORTUNA

林啓一が作る紙工作のページ

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物

楽天市場でお買い物
ネットで買えば断然お得!
お買い物なら楽天市場

楽天トラベル
【日本最大級の旅行サイト】
楽天トラベル


Amazonでお買い物


【Yahoo!ショッピング】
豊富な品揃え!
探しやすい!



Yahoo!オークションでリユース

デル株式会社
デルオンラインストア


マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!