札幌生活トップ > 環境問題 > 省エネ > ガスコンロの火加減と省エネの関係

前の記事次の記事


blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします

ガスコンロの火加減と省エネの関係

2010年3月18日(木)
以前から気になっていたのだが、ガスコンロの火加減が省エネにどう関係するか、ようやく実験してみた。
結果から先に言うと、弱火が一番省エネということになった。

実験はアルミのふた付き片手鍋に1リットルの水を入れ、弱火、中火、強火でそれぞれ2分間加熱した場合の温度上昇を調べた。水は毎回交換し加熱する前に鍋の温度と水の温度を同じにするため30分以上放置した。
この場合の火加減は、弱火が鍋の底に炎が軽く届く程度、中火が鍋底全体に炎が当たる程度、強火がコンロの火加減最高で鍋の側面まで火がはみ出る状態だ。
実験の結果、水の温度を1度上昇させるのに必要なガスの量は、弱火が0.000214m3、中火が0.000274m3、強火が0.000555m3だった。
弱火と中火はさほど変わらなかったが、強火は中火のほぼ2倍のガスを使用することがわかった。なお、ガスは都市ガス13Aだ。

火力を強くすれば当然調理の時間短縮になるが、鍋の側面に炎がはみ出るような加熱の仕方はずいぶんと無駄が多い。
ガスコンロの場合は適切な火加減が省エネに影響することがわかった。

次はIHヒーターで同じような実験をやってみようと思う。
なお、実験のデータは以下の通り。

ガスの火加減と温度情報の関係
火加減 上昇温度C 消費ガス量m3 1度上昇させるのに
必要なガス量m3
弱火 14.5 0.0031 0.000214
中火 21.5 0.0059 0.000274
強火 33.0 0.0183 0.000555

Amazonのガスコンロの検索結果

楽天市場のガスコンロの検索結果

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません。)


入力無い場合サイトなしと表示されます

トラックバック(0)

トラックバックは管理人NAOの承認制です。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/747

ソーシャルブックマーク登録

札幌生活トップ>環境問題 > 省エネ



管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku-life@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

サイト検索

勝手に応援
札幌の個人事業者

Mac、iPhone、iPod touchのアプリケーション開発の快技庵
Mac、iPhone、iPod touch
のアプリケーション開発
快技庵

次世代顔文字ツールSmileSender
笑顔を作り笑顔を送る
新世代 顔文字ツール
SmileSender

青空文庫読むなら豊平文庫
青空文庫読むなら
豊平文庫

へんなもの屋
禁煙グッズのへんなもの屋

フランス直輸入の
セレクトショップ
FORTUNA

林啓一が作る紙工作のページ

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物

楽天市場でお買い物
ネットで買えば断然お得!
お買い物なら楽天市場

楽天トラベル
【日本最大級の旅行サイト】
楽天トラベル


Amazonでお買い物


【Yahoo!ショッピング】
豊富な品揃え!
探しやすい!



Yahoo!オークションでリユース

デル株式会社
デルオンラインストア


マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!