札幌生活トップ > 環境問題 > 省エネ > 家庭で夏の昼間の電力消費を抑える良い方法が思いつかない

前の記事次の記事


blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします

家庭で夏の昼間の電力消費を抑える良い方法が思いつかない

2011年4月16日(土)
東電管内では、今年の夏は大幅な節電が求められているが、消費電力の約3割を占める家庭の節電対策でいい方法が思いつかない。
一日の総消費電力を減らす方法は、照明のLED化、TVの視聴時間の削減、クーラーの設定温度の変更などいろいろ考えられるが、電力の供給が追いつかなくなる昼間の時間の節電対策となるとなかなかいい案が浮かばない。

家庭での省エネの難しいところは強制できない点だ。
夏の暑い昼間にクーラーを使うのを止めさせることを強要は出来ない。オール電化の家庭で、昼食の調理はIHヒーターを使わずカセットコンロを強制的に使わせることは出来ないし、部屋の温度がさらに上がって余計にクーラーが稼働することにもなる。
昼食の調理を禁止することはもちろん出来ないし、受け入れられないだろう。
古いクーラーを強制的に最新式に替えさせることも出来ない。
せいぜい夏の甲子園の試合を中止または延期し、多くの人が見るであろう高校野球放送を止めて昼間のTVの視聴時間を減らすことぐらいしか思いつかない。

当地札幌は電力の消費ピークが冬にくる。もちろん夏はそれなりに暑いし、クーラーを使う家庭も多いがたいしたことは無い。戸建て、集合住宅で違いはあるが、すべての時間帯で夏は冬より2割程度電力消費が少ない。
夏場に余る電力を100%東電に回すことが出来れば良いのだが、設備の関係でそれも60万kwしか出来ない。

電力エネルギーの安定的供給のため(最近ではCO2削減の名目も加わったようだが)の化石燃料からの脱却が、思わぬところに落とし穴があった訳だ。
福島原発が廃炉になることにより失われた電力不足はもう数年続くと思われるが、真剣に夏の昼間の電力不足を解消するいい案が出てこないと、毎年熱中症で亡くなる人が大幅に増えてしまうことは間違いない。
もしかしたら夏の間、涼しいところに集団疎開するとかして、首都圏の人口を減らすことも考えないといけないのではないだろうか。

Amazonの節電の検索結果

楽天市場の節電の検索結果

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません。)


入力無い場合サイトなしと表示されます

トラックバック(0)

トラックバックは管理人NAOの承認制です。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/829

ソーシャルブックマーク登録

札幌生活トップ>環境問題 > 省エネ



管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku-life@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

サイト検索

勝手に応援
札幌の個人事業者

Mac、iPhone、iPod touchのアプリケーション開発の快技庵
Mac、iPhone、iPod touch
のアプリケーション開発
快技庵

次世代顔文字ツールSmileSender
笑顔を作り笑顔を送る
新世代 顔文字ツール
SmileSender

青空文庫読むなら豊平文庫
青空文庫読むなら
豊平文庫

へんなもの屋
禁煙グッズのへんなもの屋

フランス直輸入の
セレクトショップ
FORTUNA

林啓一が作る紙工作のページ

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物

楽天市場でお買い物
ネットで買えば断然お得!
お買い物なら楽天市場

楽天トラベル
【日本最大級の旅行サイト】
楽天トラベル


Amazonでお買い物


【Yahoo!ショッピング】
豊富な品揃え!
探しやすい!



Yahoo!オークションでリユース

デル株式会社
デルオンラインストア


マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!