札幌生活トップ > 環境問題 > 省エネ > 7月23日からの節電要請の前に節電練習

前の記事次の記事


blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします

7月23日からの節電要請の前に節電練習

2012年7月2日(月)
北海道の場合、節電要請は7月23日からだが、6月いっぱい主に夜間の節電を試験的に行なってみた。
結果は以下のグラフの通りで、月間の消費電力で比較すると5月より6月は約18%の節電となった。

元データはこちらから。

行ったことは、夜間はTVと照明を同時に使わなかったことだ。
TVと照明の消費電力はほぼ同じなので、これで半分になる。
もっと極端にして、朝、昼、晩とTVを見ず、IHクッキングヒーターと電気ポットを使用しなければ相当に節電になることは間違い。ただ、省エネと経済性の観点からはガスコンロを使うと、エネルギー効率の低下と余計な費用がかかってしまう。
継続できる節電はこれくらいが限界だろう。

夏の節電のめどはたったが、問題は冬だ。
夏の節電に向けて電気の使用状況を調べたのエントリーで書いたが、冬は朝と夜にストーブを使うので、電力消費が夏と比べ相当増えてしまう。
冬の北海道で朝と晩の暖房を止めるという選択肢はありえないので、この時間帯の節電は非常に難しい。
北海道のような高気密の住宅が多いところでは、煙突のないストーブで暖を取ると、換気に注意しないと一酸化炭素中毒になりかねない。1時間毎に換気をするなどは冬の寒さを考えると実用的でない。冬の朝と晩の節電は健康問題に直結するだろう。
部屋が寒くて風邪などひいたらたまらない。
実際問題として、冬になるまでに何としても泊原発の再稼働をしてもらわないと困るのだ。

Amazonの節電の検索結果

楽天市場の節電の検索結果

コメント(2)

投稿者:道産子爺さん コメント時刻:2012年07月19日 07:05
サイト:サイトなし

泊原発再稼動について全く同感です。北海道にとって泊原発の再稼動は必要と考えます。北海道の冬の訪れは早いのです。一日でも早く泊原発再稼動は必要です。
 「さよなら原発10万人集会」で日頃人権を訴える高名な作家が、原発を容認する人間は、あたかも非国民であるかの発言をして拍手喝采を受ける。
「国民からの意見を聴取する会」において、電力会社の社員が己の身分を明らかにして個人的な意見を述べると静かに耳を傾けてもらうことも出来ず、テレビのコメンテーターに「信じられない」と罵られる。
政府は今後、電力会社の社員の意見を封じる。
わが国は、民主主義を棄て去ったようで恐ろしくなります。

 「原発」について、もっと冷静になって考える必要があるのではないのでしょうか、お隣の中国、アジアの国々、遠く海を間に離れてはいますがアメリカ等々の国々で、「原発」を増やしている現実を冷静に見つめるべきです。

 再生可能エネルギーが持て囃されておりますが、本当にいいことばかりなのでしょうか。
私には、金儲けの道具にされているとしか見えません。

投稿者:管理人NAOさん コメント時刻:2012年07月23日 13:01
サイト: http://www.my-sapporo.com/

道産子爺さま、コメントありがとうございます。
道産子爺さまのおっしゃるとおり、節電に対する個人の対応や原発に対する考え方などは人それぞれですが、最近の反対意見を暴言で捻り潰すような言動には、太平洋戦争時の相手のことを何も研究せずに、鬼畜米英憎しのような異様なものを感じます。

エネルギー聴取会では、電力会社社員が「原発事故で放射能では死者が出ていないし、今後もその恐れはない」と言ったとたん、「うそつくな!」の罵声が(おそらく女性)浴びさせられました。数値をあげての議論は不可能な状態です。もう、この問題は話し合いで両者が歩み寄ることはむりでしょう。

政府の対応もポピュリズムに寄りすぎたため、政治的決断で問題を解決することも困難になっているように見えます。その中で、なんとか大飯原発を再稼働したことは評価されると思います。これで、関西電力に電力を融通していたところは一安心でしょう。
肝心の関西電力管内は相変わらず綱渡り状態ですので、大きな火発でトラブルが発生したら大規模停電の危険性と背中合わせの状態は変わりませんが・・・。

再生エネルギーについては、特に、太陽光発電と風力発電は設備稼働率が低すぎて、原発や火発の代替とはなりえません。これは発電効率が100%になっても変わりありません。
これらの方法で安定的に電力を供給するためには大規模なバッテリーシステムが絶対に必要ですが、太陽が出ない日が数日続く事を考えると、バッテリーの設備容量はとんでもなく大規模になり、大規模バッテリーの最有力候補のNAS電池はとてつもなく危険な設備となります。(NAS電池はもんじゅとおなじナトリウムを電極に使います)
http://www.my-sapporo.com/diary/096_diary20112011/post_327.html

大規模な再生エネルギー(特に日本人が好きな太陽光発電)はヨーロッパでは補助金が廃止され、破綻状態です。
このままでは、電気代が数倍になり、日本中から製造業が海外流出し、日常生活は停電にビクビクし、超就職難の時代が来るかもしれません。
一部の企業だけが儲かる、20年間42円で買い取る制度はすぐにやめるべきです。

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません。)


入力無い場合サイトなしと表示されます

トラックバック(0)

トラックバックは管理人NAOの承認制です。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/902

ソーシャルブックマーク登録

札幌生活トップ>環境問題 > 省エネ



管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku-life@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

サイト検索

勝手に応援
札幌の個人事業者

Mac、iPhone、iPod touchのアプリケーション開発の快技庵
Mac、iPhone、iPod touch
のアプリケーション開発
快技庵

次世代顔文字ツールSmileSender
笑顔を作り笑顔を送る
新世代 顔文字ツール
SmileSender

青空文庫読むなら豊平文庫
青空文庫読むなら
豊平文庫

へんなもの屋
禁煙グッズのへんなもの屋

フランス直輸入の
セレクトショップ
FORTUNA

林啓一が作る紙工作のページ

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物

楽天市場でお買い物
ネットで買えば断然お得!
お買い物なら楽天市場

楽天トラベル
【日本最大級の旅行サイト】
楽天トラベル


Amazonでお買い物


【Yahoo!ショッピング】
豊富な品揃え!
探しやすい!



Yahoo!オークションでリユース

デル株式会社
デルオンラインストア


マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!