札幌生活トップ > 環境問題 > 省エネ > 元祖日本の省エネ鍋:無水鍋

前の記事次の記事


blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします

元祖日本の省エネ鍋:無水鍋

今でこそアメリカのメーカーではビタクラフト、国内メーカーではミヤコのジオシリーズ十徳鍋などで無水調理や余熱調理などの省エネ調理が出来る鍋がたくさんありますが、50年前にこの無水鍋が出た頃は他にこのような調理の出来る鍋は一般には無かったでしょう。
50年間売れ続けている無水鍋
1953年に発売された無水鍋。
無水鍋のオフィシャルページはこちらから

日本で最初のアルミ鋳物鍋

今では国内外のメーカーからステンレスとアルミの多層構造の鍋が多数発売されており、無水調理や余熱調理ができるもっと軽量な鍋はたくさんありましたが、1953年当時では多層構造の鍋など無かったようです。
唯一ご飯用の文化鍋がアルミの鋳物で、それ以外はほとんどがアルミ(アルマイト)か鉄だったように記憶しています。
そんな中でこの無水鍋を実家で購入し現物を見たときにはとっても驚いた記憶があります。
子供なりにその大きさと重さにびっくりもしましたが、それまでのアルミのぺらぺらの鍋では焦げ付いて作れなかったジャムなどが簡単にできるのに驚きました。妹と一緒にりんごジャムなどを作った想い出があります。
ジャムなどを焦がさずに作れるのは、アルミの鋳物は熱が鍋全体に均一に広がるためで、火加減に注意すれば弱火で鍋全体を過熱することができるからです。
時が経ち今では異なる金属を多層構造にする事により、熱の伝わり方を分散できるのでステンレスの多層構造の鍋であれば同じような効果が得られ、重さもずっと軽くなっています。
大変優れた無水鍋でしたが、やはりあの重さ(蓋を合わせると20cmでも1.35kg)が災いしたのか次第に出番がなくなったように記憶しています。
Amazonから来たメールに無水鍋が紹介されていたので懐かしく昔を思い出してしまいました。今でも実家の台所のどこかにあると思います。

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません。)


入力無い場合サイトなしと表示されます

トラックバック(1)

トラックバックは管理人NAOの承認制です。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/364

送信元 » はじめてのマイホーム購入作戦 より
省エネ基準見直し,背景
なぜ、省エネルギーの基準の見直しが必要になったか?ということについては前述したように地球温暖化がもっとも大きな原因です。地球的な規模で起こっているこの温暖... [詳しくはこちら]

ソーシャルブックマーク登録

札幌生活トップ>環境問題 > 省エネ



管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku-life@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

サイト検索

勝手に応援
札幌の個人事業者

Mac、iPhone、iPod touchのアプリケーション開発の快技庵
Mac、iPhone、iPod touch
のアプリケーション開発
快技庵

次世代顔文字ツールSmileSender
笑顔を作り笑顔を送る
新世代 顔文字ツール
SmileSender

青空文庫読むなら豊平文庫
青空文庫読むなら
豊平文庫

へんなもの屋
禁煙グッズのへんなもの屋

フランス直輸入の
セレクトショップ
FORTUNA

林啓一が作る紙工作のページ

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物

楽天市場でお買い物
ネットで買えば断然お得!
お買い物なら楽天市場

楽天トラベル
【日本最大級の旅行サイト】
楽天トラベル


Amazonでお買い物


【Yahoo!ショッピング】
豊富な品揃え!
探しやすい!



Yahoo!オークションでリユース

デル株式会社
デルオンラインストア


マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!