札幌生活トップ > 環境問題 > 省エネ > テレビ節電の落とし穴、REGZAのみか?

前の記事次の記事


blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします

テレビ節電の落とし穴、REGZAのみか?

2012年5月18日(金)
ついに札幌も今夏は計画停電の可能性を考えなくてはならなくなったが、テレビの節電のために消費電力を測定したところ、思わぬ落とし穴があった。
自宅テレビは、ついに日本での生産を止めてしまった東芝REGZAの42Z1であるが、ワットチェッカーを使い消費電力を測定したところ、意外な発見があった。

まず、普通に視聴しているときの消費電力だが、画面輝度は外光により自動調整される設定にしているが、最高でも85%になるようにしてあり、140ワットだ。
リモコンを使い電源オフ(取説によると電源待機)にすると、オフ直後は32ワットになるが、数分後0ワットとなった。
つぎに、テレビ本体の電源スイッチをオフ(取説によると電源切)にすると、当然ながら0ワットになる。
つまり、普通にリモコンで電源オフする電源待機でも待機電力は非常に少なくなっていることが確認できた。
メーカーホームページの諸元によると、消費電力175W、電源「待機」時 0.12W、電源「切」時 0.09W、(機能動作時 33W)とあり、ほぼ諸元通りの値だった。

さらなる完全な省エネを目指そうと、コンセントを抜いてしまう使い方を試したところ、一度コンセントを抜き、もう一度差し込むと、待機時より多い33ワット消費していることがわかった。
しかも、この状態だと何分待ってもそのままで、リモコンで待機モードにした時のように0ワットにならない。
これは意外だった。節電のためにスイッチ付きのテーブルタップにテレビを接続し、見ない時にスイッチを切るような使い方をしている場合、テーブルタップのスイッチを入れて一度も見ないで放っておくと意外に大きな待機電力を消費することになる。
もちろん、これはREGZAのZ1シリーズだけかもしれないが、このような使いたをしている場合注意したほうが良いだろう。

札幌市はワットチェッカーを無料で貸し出している。新聞報道によると、貸出数を増やす検討を始めたそうなので、今使っている電気製品の消費電力を調べたい方は、それを利用するのも手だろう。
ワットチェッカー貸出の詳細はこちらから。

Amazonのワットチェッカーの検索結果

楽天市場のテレビREGZAの検索結果

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません。)


入力無い場合サイトなしと表示されます

トラックバック(0)

トラックバックは管理人NAOの承認制です。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/893

ソーシャルブックマーク登録

札幌生活トップ>環境問題 > 省エネ



管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku-life@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

サイト検索

勝手に応援
札幌の個人事業者

Mac、iPhone、iPod touchのアプリケーション開発の快技庵
Mac、iPhone、iPod touch
のアプリケーション開発
快技庵

次世代顔文字ツールSmileSender
笑顔を作り笑顔を送る
新世代 顔文字ツール
SmileSender

青空文庫読むなら豊平文庫
青空文庫読むなら
豊平文庫

へんなもの屋
禁煙グッズのへんなもの屋

フランス直輸入の
セレクトショップ
FORTUNA

林啓一が作る紙工作のページ

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物

楽天市場でお買い物
ネットで買えば断然お得!
お買い物なら楽天市場

楽天トラベル
【日本最大級の旅行サイト】
楽天トラベル


Amazonでお買い物


【Yahoo!ショッピング】
豊富な品揃え!
探しやすい!



Yahoo!オークションでリユース

デル株式会社
デルオンラインストア


マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!