札幌生活トップ>気になる時事・話題 > 映画靖国

blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします

1

映画靖国

李監督が日本芸術文化振興会から助成金を受けて製作された、靖国神社を扱ったドキュメンタリー映画。助成金の是非も話題になっているが、上映が危ぶまれている。

見てきました靖国YASUKUNI

2008年8月5日(火)
上映したのはシアターキノではなく札幌劇場だった。
さすが話題になった映画だけあり、平日の午前中にも関わらず結構な人の入り方だ。
映画自体の感想はオヤジの映画の見方のエントリーを見てもらうとして、今回の上映に関する騒動の点から考えてみた。
靖国YASUKUNIが話題になったのは、この映画が日本芸術文化振興会の助成金を利用して作られたのだが、それが適切であったかどうかという点だった。
この点について言えば全く問題はないであろう。確かに靖国神社を扱ったドキュメンタリーであるから、どうしても政治、宗教がらみのシーンが出てくるのは仕方が無い。だが、日本映画の企画から完成までの製作活動で、国内において、一般に広く公開されるものとします。ただし、商業的、宗教的又は政治的な宣伝意図を有しないものとします。という芸術文化振興基金助成金交付の基本方針には違反していないと思う。
映画を見る限り、宣伝意図は感じられない。残念ながら稲田議員の主張は的が外れていると思う。この靖国YASUKUNIに弁護士時代の稲田議員自身が写っているのは運命のいたずらとでもいえる。(稲田氏の出ているシーンを見ると、弁護士としてはちょっと右旋回しすぎていると感じた)
この点を問題にした稲田議員の産経新聞に掲載された記事の全文はこちらです。

全文を読む"見てきました靖国YASUKUNI" »

トラックバック数:1、コメント数:6
このエントリーにコメント、トラックバックをする

エライさん向けの試写会

2008年4月25日(金)
新聞などの報道によると4月23日に日本弁護士連合会などの主催で、弁護士会館で靖国の試写会が行われた。
一般公開前に試写会は何度か行われると思うが、こう度々特定の目的を持った試写会(国会議員向け、右翼団体向け、弁護士会主催は一般募集だが表現の自由を考えるという目的)が度々開かれると一映画ファンとして非常に不愉快だ。

最初の国会議員向けは助成金を出すにあたって適切に審査されたかを確認するためで、右翼団体(最近は民族派団体と新聞で書かれるようになった。一種の言葉狩りか?)向けは、右翼の反対で上映中止というイメージが作られると警察の規制が強まるので、内容を見た上で判断したいとの事で、日本弁護士連合会主催の試写会は上映中止は表現の自由への制約。今回の危機的状況について一般の人々の関心を高めたい産経ニュースの東京弁護士会所属の小林七郎弁護士の発言より引用)との事だ。

そんな目的なら一般公開後に自分で金を出して見ろと言いたい。
特にノンフィクション作家・上坂冬子氏の産経ニュースでの記事はネタバレしているし頭にくる。

全文を読む"エライさん向けの試写会" »

トラックバック数:2、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

映画靖国、いったいどうなってるの?

2008年4月18日(金)
最近ほぼ毎日新聞に何らかの記事が掲載されるようになった映画「靖国 YASUKUNI」。
今度は「AERA」に刀匠の刈谷さんが、実は出演シーンの削除を求めた事は無いとの記事が載っていたと三日坊主ブログ名前はまだ無いさんからトラックバックを頂きました。
またブログ検索で外資系経理マンさんのページで、映画靖国がキネマ旬報の2007年度文化映画ベスト・テンに選ばれている事を知りました。

いったいこの映画靖国を取り巻くこのごたごたはいったいなんなのでしょうか?
刈谷さんの出演シーンの削除要求(本人の真意?)や、靖国神社側が一部映像の削除要求を出した件などは、すでに公開された映画に対する要求だったのでしょうか。

全文を読む"映画靖国、いったいどうなってるの?" »

トラックバック数:2、コメント数:2
このエントリーにコメント、トラックバックをする

おかしなことになってきたぞ、映画靖国

2008年4月11日(金)
なんとか北海道では苫小牧と札幌で上映できるようになった映画「靖国」。ところがまたおかしな動きが出てきた。
この映画「靖国」が話題になったのは、文化庁所管の独立行政法人、日本芸術文化振興会が助成金を出して作られたのだが、それが適切であったかどうかが発端だ。
平成18年度芸術文化振興基金募集案内に日本映画の企画から完成までの製作活動で、国内において、一般に広く公開されるものとします。ただし、商業的、宗教的又は政治的な宣伝意図を有しないものとします。とあるからだ。
これは当然の事だと思うし、稲田議員有村議員が公開前に審査が適当かどうかを持ち出したのは問題があるとしても、助成が適切かどうかはきちんと調べる必要があると思う。
しかし、ここにきておかしな動きというのは映画の中心的出演者で刀匠の刈谷さんが出演シーンの削除を求めてきた事だ。

全文を読む"おかしなことになってきたぞ、映画靖国" »

トラックバック数:9、コメント数:6
このエントリーにコメント、トラックバックをする

札幌でも上映できることになった映画「靖国」

2008年4月4日
いろいろと話題になている映画「靖国 YASUKUNI」。どうやら全国的な上映中止にはならないようでほっとしている。(時々このオフィシャルページはエラーで見れないことがある)
北海道では苫小牧のトーラスというミニシアターが上映予定となっている。
札幌では上映館は明らかになっていないが、シアターキノあたりで上映されるのであろうか。
予告を見る限りではこの「靖国 YASUKUNI」が左翼的、右翼的どちらでもなく、靖国神社の現在の姿をとらえたドキュメンター映画というぐらいしかわからない。
題材が題材だけに穿った見方をすればどんな判断も下せると思う。
しかし、一番の問題はここまで騒動を広げた自民党の衆議院議員稲田朋美氏(弁護士でもある)であろう。

全文を読む"札幌でも上映できることになった映画「靖国」" »

トラックバック数:9、コメント数:2
このエントリーにコメント、トラックバックをする

1

札幌生活トップ>気になる時事・話題 > 映画靖国



管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku-life@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

サイト検索

勝手に応援
札幌の個人事業者

Mac、iPhone、iPod touchのアプリケーション開発の快技庵
Mac、iPhone、iPod touch
のアプリケーション開発
快技庵

次世代顔文字ツールSmileSender
笑顔を作り笑顔を送る
新世代 顔文字ツール
SmileSender

青空文庫読むなら豊平文庫
青空文庫読むなら
豊平文庫

へんなもの屋
禁煙グッズのへんなもの屋

フランス直輸入の
セレクトショップ
FORTUNA

林啓一が作る紙工作のページ

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物

楽天市場でお買い物
ネットで買えば断然お得!
お買い物なら楽天市場

楽天トラベル
【日本最大級の旅行サイト】
楽天トラベル


Amazonでお買い物


【Yahoo!ショッピング】
豊富な品揃え!
探しやすい!



Yahoo!オークションでリユース

デル株式会社
デルオンラインストア


マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!