札幌生活トップ>気になる時事・話題 > 東日本大震災

blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします

前の5件 1  2  3  4  5

東日本大震災

2011年3月11日に起きたマグニチュード9.0の巨大地震を引き金に、東北関東地方を襲った大津波と、その影響で外部電力を断たれた福島第一原発の放射能漏事故がおき、自然災害として最大規模の大震災が起きてしまった。すべのことが想定外という言葉でくくられてしまう事態だが、一週間経っても未だに避難所で灯油が無いとか、食料が1日おにぎり2個など、あまりにも事後対応がお粗末すぎるのではないだろうか。

原発を太陽光発電で代替出来るか・・・多分不可能

2011年12月19日(月)
3.11以降、脱原発が騒がれているが、原発をそのまま太陽光発電で代替出来るか考えてみた。原発は出力調整が頻繁に出来ないため、もっぱらベースライン電力として使われているが、これを太陽光発電で置き換えるとどうなるか計算してみた。
結果から言うと100万キロワットの原発を置き換えるためには、発電能力が2,000万キロワット以上の太陽電池パネルと5,500万キロワットアワー以上の容量のバッテリーが必要となる。
コスト的に不可能だろう。

前提条件は、出力100万キロワット、設備利用率80%の原発を太陽光発電で置き換える事とし、太陽光発電の設備利用率は13%、ベースライン電力なので夜間や日中の天候の悪いときはバッテリーから電力供給するとして、バッテリーの充放電効率が90%(NAS電池を想定)とした。ベースライン電力なので出力は一定とするので、太陽光発電の変動分を押さえるため24時間バッテリー経由で系統連携する。もちろんバッテリーに充電するのは太陽光発電だ。

原発の年間の発電電力量は
100万キロワット×0.8(設備利用率)×24時間×365日=7,008,000,000キロワットアワー
つまり、70億800万キロワットアワーだ。これを太陽光発電で作り出す事になる。

この値を太陽光発電の設備利用率13%を使い逆算して出力を計算すると
7,008,000,000÷24÷365÷0.13=6,153,846キロワット
原発と同じ80万キロワットを得るためには、約615万キロワットの発電能力が必要となる。つまり、原発の約6.15倍の設備が必要だ。
お天道様がしっかり出ているときはベースライン電力80万キロワットの7倍近くの電気が余る事になるが、余った分は夜間や天候の悪いときのために充電にまわす事になる。

ところで、設備利用率とは、1年間に実際に発電した電力量が、その設備がフルに1年間24時間発電したときの電力量に対する割合であるから、フル稼働した時間を表す事にもなる。太陽光発電の場合はそれが13%であるので、日数にすると年間約46日間となり、残りの319日分は充電しておいたバッテリーから供給する事になる。1日にすると3.12時間(3時間7分)と20.88時間(20時間53分)だ。(稼働時間は能力の100%で発電した場合である事に注意)
年間70億800キロワットアワーの87%であるから、累積で1年間60億9696万キロワットアワーがバッテリーから給電される事になる。
もちろん、一年間のうち最初の46日間(1,104時間)の充電で残りの319日分(7,656時間)をまかなう訳ではないので、そんなに巨大な容量は必要ない。

では、どれだけの容量のバッテリーを用意しておけばいいのだろうか?
充電と放電の時間比率を一定とすると、その比は46日:319日だから、1:6.9、約1:7となる。
一日に置き換えれば、3時間のフル充電時間で残りの21時間放電する事になる。ただしこの条件は毎日同じ天候が続く場合だ。台風が来たときなどは3日間くらい太陽が出ない事があるかもしれない。そうすると3時間のフル充電で69時間放電出来る容量のバッテリーを用意しないといけない。その比率は一挙に1:23となる。

80万キロワットを69時間だから、必要なバッテリーの容量は5,520万キロワットアワーとなる。充電と放電のバッテリーの効率を90%としたから、バッテリーに充電するための電力量は5,520÷0.9=6,133万キロワットアワーとなり、これを3時間で済ますためには、6,133÷3=2,044万キロワットの発電能力の太陽電池が必要になる。
これは最初に計算した615万キロワットの3倍以上だ。80万キロワットをコンスタントに得るために2,044万キロワットもの設備が必要となる。

これで設備利用率を計算すると
(80×24×365)÷(2,044×24×365)×100=3.91%
たったの3.91%だ。
真剣に原発を太陽光発電に置き換えると広大な設置面積と、大容量のバッテリーシステムが必要になる。
NAS電池は電極に「もんじゅ」で大問題になったナトリウムを使う。容量が5,500万キロワットアワー以上もある設備を考えると安全対策に万全を要求されるだろう。
バッテリーの事故対策なども考えると、発電コストはとんでもなく高くなるだろう。

バッテリーでベースライン電力を供給する期間を短くし、不足分のバックアップとして火力発電などを使うとすると、太陽電池もバッテリーの容量も少なくても済むが、火力発電所はすぐに稼働させたり停止できないので(ボイラーで蒸気を発生させるのに時間がかかる)、常時最低出力で運転させなければならず、無駄が多い。
コストを度外視しても、ベースライン電力を供給している原発の替わりを太陽光発電でまかなうのには無理がある。
もちろん、コストが一番最初にネックになるが。

設備利用率が低い風力も同様の問題を抱える事になる。
この辺の事を原発をすべて廃止し、すべて自然エネルギーでまかなうべきだと言っている人たちは分かっているのだろうか。

Amazonの脱原発の検索結果

楽天市場の太陽光発電の検索結果

トラックバック数:0、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

がれき処理でもあらわになった痛みを分かち合わない日本人

2011年11月7日(月)
東北以外で初めて東京都が岩手県宮古市の震災がれき処理を引き受けた。
残念な事にわが札幌市は国の基準や指針だけでは放射性物質に汚染された災害廃棄物の処理体制として安全の確証が得られる状態にない(北海道新聞11月5日朝刊26面より引用)として受け入れる様子はない。
これは、上田市長の放射性物質が付着したものは受け入れる考えはないと、はっきり申し上げる(北海道新聞10月27日朝刊24面より引用)との意向を表したものだが、がれきを受け入れている石原都知事の力のあるところが手伝わなかったら、しょうがないじゃないか。みんなで協力しなかったら (北海道新聞11月5日朝刊5面から引用)とはえらい違いだ。
国の指針さえも信じられないのなら、何を信じるのだろうか。札幌市としての基準を示してもらいたいものだ。

このての危ないものは絶対に断るという、痛みを分かち合わない姿勢は残念な事に多くの事で目にすることができる。沖縄の基地問題もそうだし、ゴミの焼却施設、火葬場などもそうだ。
ほんの少しでも自身に危険が及ぶと分ると徹底的にそれを排除しようとする。
今回の震災で多くのボランティアが活躍した時と、この温度差はいったいなんなんだろうか?
今回の震災のような、自分たちの住んでいる場所で手に負えない事態が発生したとき、おそらく全国から救援の手が差し伸べられる事は容易に想像できるが、地元が復興するためには、地元での生活が成り立つようにならないといけない。
今回の震災では、膨大な量のがれきが出来てしまった。これを被災地のみで処分するとすると、とんでもない時間かがかかるだろう。
がれきの量はMSN産経ニュースによると原則県内処理を決めた福島県を除いても、宮城県には約1820万トン、岩手県には約435万トンのがれきがあると推計される。
これだけの量を一自治体まかせにするというのは、どれだけ日本人は寛容性がないのだろうか。
石原都知事はいろいろ問題のある発言をするが、今回は賛同する。

トラックバック数:0、コメント数:2
このエントリーにコメント、トラックバックをする

脱原発を進めるなら家庭用蓄電池の普及が先だ

2011年7月22日(金)
電力の供給能力は需要分(消費分)を絶対に下回ってはいけない。このことは脱原発を強行に進める人たちも了解してもらえる事だと思う。需要分をまかなえない供給能力しかないのなら、計画停電するしかない。計画停電が前提の生活を、今の日本で認める人はいないだろう。

電力需給でいつも言われる事は、電気は貯めることができないので、ピーク消費+突発事故対応時の余裕+電圧、周波数の安定のために数パーセントが供給能力として必要というものだ。
この中で、電気を貯めることができないというのは、電気を電気の形で貯めることができないという意味だ。
別な位置エネルギー(揚水発電)や化学エネルギー(蓄電池)、運動エネルギー(フライホイール)に変えれば保存が出来る。
2011年9月19日追記:超伝導コイルやコンデンサには電気を電気の状態で貯めることができるが、実験室レベルの話

脱原発をすすめて、今後、電力の供給能力を短期間にこれ以上増やせないとすると、夏の昼間のピーク消費時をどうするかが毎年問題となる。
私は、夜間は供給能力に十分な余裕があるので、この間の電力を何らかの方法で蓄電し、昼間に使うことが一番の近道だと思う。

不足分を太陽光や、風力に頼るのには不安定すぎる。ついこの間、台風6号が四国本州方面を通過したが、進行スピードが遅いので、太陽の出ない時間と、強風が吹いている時間が長時間続いた。こんな状況ではまともに発電できないし、強風で設備が破壊されることも考えられる。
それでも、台風の影響は全国的なものではないので、他の地方から供給すればいいかもしれないが、東日本と西日本の周波数問題がなかったとしても、それを実現するためには送電設備の大幅な容量アップが必要だ。これは簡単な事ではない。

そんな大規模な設備投資をしなくても、各家庭や事業所で、夏の昼間数時間をしのげる蓄電設備があれば事が足りるのではないだろうか。
家庭に限れば、止まると困る冷蔵庫と。昼間に一番動くエアコン分を考えれば良い。この2つの家電のみを昼の数時間、夜の間貯めた電力で動かすことができればピーク電力の問題は解決できるのではないか。
家庭用だとやはり蓄電池となるだろう。家中の全ての家電を24時間動かす訳ではないので、容量も少なくてすむ。
冷蔵庫が150w、エアコンが400w消費するとして、各1台ぶんを5時間まかなうためには2,750whの容量があれば良い。
今のところ家庭用蓄電池の価格はかなり高いが、勝手に太陽光パネルを設置できない集合住宅にも導入が出来る。これは大きなメリットだ。
現状の送電設備や発電設備に手をつける事なく、どの家庭でも利用できるなら需要は十分ある。

エコだ、環境に優しいなどと言っておきながら、結局、補助金と電力買い取り制度がなければ普及できない太陽光発電は絵空事だ。
以前、NPOが行った太陽光発電の説明会に参加したことがあるが、そこで聞かされた本音は、「今、小金があるのなら、太陽光発電をやった方がいい。政府が電力を買い取ると言っているので、絶対に儲かる。」と言うものだった。
現状では集合住宅に住んでいる人が太陽光発電を行うのは困難だ。要するに一軒家を建てていて、数百万の小金がある人だけが太陽光発電を行うことができる。金持ちの投資話とたいして変わりない。

Amazonの太陽光発電の検索結果

楽天市場の太陽光発電の検索結果

トラックバック数:0、コメント数:6
このエントリーにコメント、トラックバックをする

明日からの夏休み、電力は足りるか?熱中症は大丈夫か?

2011年7月19日(火)
18日の産経で、多くの学校が夏休みとなる7月20日以降、電力消費が急激に増加するとして、電気予報などで注意するようにと報道していた。
去年は東電管内は18%、関西電管内は22%、東北電管内は15%も前日より増えている。
幸い、22日ごろまでは台風6号のせいで気温はそれほど高くはならないと思われるので大丈夫とは思うが心配だ。

この夏の電力不足の根本原因は、何の法的根拠もない菅総理の浜岡原発停止要請から端を発している。
過剰な脱原発の勢いに乗ったポピュリズム政治の結果であるが、その結果のしわ寄せは、皮肉な事に一般市民に押し寄せている。
将来のビジョンを何も発表せず脱原発をぶち上げ、翌日にはなんと個人の思いだと言うのにはあきれてしまう。

脱原発と騒いで、再稼働できるはずの原発を稼働させず、電力消費がピークとなる昼間の時間の節電にはほとんど効果のないサマータイムや、夜の街灯の消灯などで過剰な節電意識をあおっているから、熱中症で運ばれる人たちの数が去年より数倍も増えてしまった。
エアコンを止めた事が原因と思われる死亡例もある。いったい誰のせいなのか。

ピーク電力の削減には、昼間の電車の運行を大幅に減らし、人間の移動を制限するのが効果があるかもしれない。ただでさえヒートアイランド現象で気温の上がっている都心部への移動を制限し、デパートへの買い物などを減らして、昼間の都心部の人口を減らすのだ。
熱中症防止のためには、『TVを消してエアコンを使おう』というキャンペーンを行った方がいいだろう。そして、夜もしっかりとエアコンを使うのだ。
まだ誰一人として放射能で死んだ人がいないのに、脱原発が原因の節電で熱中症で死ぬ必要はない。

最後の手段として、北海道などへの集団疎開もいいだろう。札幌の夜は涼しい。昨日の最低気温は17.7度だった。

Amazonの熱中症の検索結果

楽天市場の熱中症の検索結果

トラックバック数:0、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

セシウム牛に表れた日本人の遵法意識の低下

2011年7月14日(木)
最近どうにも理解し難い事件が多い。
直近ではセシウム牛だ。少し前だと、ローカルな話題だが、北海道の医者が患者のデータを紛失してしまった事件がある。両方とも信じられないほどの遵法意識の低下だ。

ローカルな話題の方の患者データの紛失だが、驚くことに同じ北大病院で6月17日と6月23日の連続で起きている。23日の方は、17日の事件を22日に発表した翌日に起きている。
紛失した経緯は、17日発生の方は集めたデータを自宅で整理するために持ち出した(北海道新聞6月22日夕刊より引用)後、パチンコ中に車の助手席の窓を割られ盗難にあった。
23日発生の方は、同僚医師の歓迎会後「泥酔状態で、意識を失った」(北海道新聞6月25日朝刊より引用)後、自宅近くのビジネスホテルの廊下で目覚めた時、盗難に気づいた。
両方ともノートパソコンとポータブルハードディスクを盗まれており、ハードディスクにはパスワードを掛けていなかった。
当然ながら北大病院側は、ガイドラインで患者情報の引き出しや、病院外への持ち出しを原則禁止している。
どうにも理解に苦しむのは、医師が平気でガイドラインを無視するばかりか、おそらく私物のポータブルハードディスクにパスワードを掛ける等のセキュリティー対策を全く行っていない点だ。バカじゃなかろうか。

セシウム牛は、県の指導で原発事故後、屋外に保管してある飼料を与えるなという通達を無視して食べさせ、その牛を出荷している。最初のセシウム牛は南相馬市の農家から出荷されたが、今日新たに浅川町の農家からも見つかった。今後、もっと出てくるかもしれない。
浅川町の農家は県内の白河市から餌のワラを購入している。白河市は茨城県との県境に近いが、福島県の通達がどこまで認知されていたかが問題となりそうだ。YOMIURI ONLINEによると、この県の通達は稲ワラ(つまり稲作農家)まで伝わっていなかったようである。そうだとすると浅川町の農家には非がない。残念な結果になってしまった。(7月15日追記)
原発事故以来、放射性物質の検査は非常に厳しくなったのにも関わらず、なぜこんな事を行ったのか。これで福島の牛肉は消費者の信頼を失った。

どちらも、やるなと言われている事を、後先何も考えずに行っているところが理解し難い。
患者データ紛失の方は、パチンコ店の駐車場で助手席の鞄ごと盗難にあっているし、泥酔したほうは、そのパチンコ店での盗難の記者会見を行った当日の夜の話だ。いったい医者の頭の中はどうなっているのだろうか。
セシウム牛の方は、せっかく刈り取った餌を与えることができないため、新規にえさを買うために相当な出費がかかるため、農家の間では同情論も聞かれると報道されているが、汚染された食品を故意に出荷した事には変わりがない。根本原因が東電にあったとしても、同情できない。

何度も言うが、どうしても理解できない。
作業上の手違いやミスではない。両方とも、やるなと言われている事をあえて行っている。
震災直後の日本人の礼儀正しい行動は、各国から称賛されたが、個人レベルになると遵法意識が急に低くなるようだ。
このての事件は以前からもあったが、最近のはちょっと理解に苦しむ。日本人はどうなってしまったのだろうか。

Amazonのセシウムの検索結果

楽天市場のセキュリティ ハードディスクの検索結果

トラックバック数:0、コメント数:2
このエントリーにコメント、トラックバックをする

前の5件 1  2  3  4  5

札幌生活トップ>気になる時事・話題 > 東日本大震災



更新記録

最近のコメント

フィードアイコンAtomフィードを取得
フィードアイコンRSSフィードを取得

管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku-life@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

サイト検索

勝手に応援
札幌の個人事業者

Mac、iPhone、iPod touchのアプリケーション開発の快技庵
Mac、iPhone、iPod touch
のアプリケーション開発
快技庵

次世代顔文字ツールSmileSender
笑顔を作り笑顔を送る
新世代 顔文字ツール
SmileSender

青空文庫読むなら豊平文庫
青空文庫読むなら
豊平文庫

へんなもの屋
禁煙グッズのへんなもの屋

フランス直輸入の
セレクトショップ
FORTUNA

林啓一が作る紙工作のページ

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物

楽天市場でお買い物
ネットで買えば断然お得!
お買い物なら楽天市場

楽天トラベル
【日本最大級の旅行サイト】
楽天トラベル


Amazonでお買い物


【Yahoo!ショッピング】
豊富な品揃え!
探しやすい!



Yahoo!オークションでリユース

デル株式会社
デルオンラインストア


マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!