札幌生活トップ>居酒屋・ビストロ > ルプラ

blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします

1  2

ルプラ

リーズナブルな価格で本格フレンチが味わえます。こじんまりしたお店ですが、ワインの品揃えも豊富です。札幌のタウン誌POROCOの常連店です。

ル・プラのボジョレ・ヌーボーパーティ2011

2011年11月19日(土)
今年も空になったワインの樽
今年も空けてしまったシャトー・ド・ピゼイポール・ボデのボージョレ・ヌーボー。

今年もボージョレ・ヌーボーがやってきた。
いつものようにル・プラのパーティに参加した。
今年のヌーボーはもう、ほとんど普通のワイン。ある意味非常においしいのだけれども、どうもヌーボーらしさがだんだん薄くなってくる気がする。
ヌーボー独特なフルーティな香りがあまり感じられず、とっても飲みやすい軽めの赤ワインという感じだ。
タンニンも普通に感じられたが、切れがよく、あっさりしているとこがヌーボーらしさか。
それにしてもこの傾向は毎年強まっている感じがする。これも気候変動のせいか。
太陽活動の変動から、これからは寒冷化が予想されるが、いつまで普通のワインのボージョレ・ヌーボーが飲めるのだろうか。

Amazonでボージョレを検索する

楽天市場でボージョレを検索する

トラックバック数:0、コメント数:2
このエントリーにコメント、トラックバックをする

09年ボージョレ・ヌーボー

2009年11月24日(火)
今年もボージョレ・ヌーボーが来た。
解禁の初日にピエール・ポネルルイ・ジャドモメサン、シャトー・ド・ピゼイ、20日にジョルジュ・デュブッフと飲んだが、発売前のうわさ通りとっても美味しかった。
今年は色が濃く、ヌーボーではない普通の赤ワインの色合いで、香りはやや控えめ、酸がやや強め、タンニンが軽めに感じられた。
全体的にタンニンが軽いので、渋み苦みが押さえられ、甘く間じれられる物が多かったように思う。
あえて言えば、ボージョレの帝王と呼ばれるジョルジュ・デュブッフが香り味とも一番ボージョレ・ヌーボーらしかった。

ボージョレ・ヌーボー解禁日は毎年ルプラでパーティなのだが、今年はパーティの前にクスクスでピエール・ポネル、ルイ・ジャドを、たぱすでモメサンを飲んでから行った。
ルプラはずっとシャトー・ド・ピゼイの樽20リットルで、どうやら札幌ではここでしか飲めないようである。輸入元の人が去年のパーティのブログを見て電話があったそうだ。

デフレのせいでボージョレ・ヌーボーの価格破壊も進んだようだが、一部で販売したペットボトル入りは本家のフランスの反対にあい、今年だけになりそうだ。
もう遅いかもしれないが、年末に空けるとして買ってみようと思う。

ルプラでのパーティは久しぶりにビンゴ大会があり、大いに盛り上がった。一番の商品はスクリュープルレバータイプのワインオープナーで、ケースが透明プラスチック製だったが、エレガンスモデルだったので確か定価4万円ではなかっただろうか。当たった方はラッキーだった。
私は残念ながらゴッセのワインオープナーだった。

何はともあれ、ワイン好きの年に一度のパーティでおおいに盛り上がり楽しんだ一日だった。
ムッシュ&トモちゃん、お疲れさまでした。

Amazonのボージョレの検索結果

楽天市場のボージョレの検索結果

トラックバック数:0、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

トマトソースを作ってみた

2009年9月23日(水)
自作トマトソース
トマトソースに挑戦してみた。

先日ルプラに行った時にトマトを1kgほどもらってきた。野菜を作っている方から大量に頂いて、余ってしまったらしい。
品種がサラダなどの生食用ではなく、ソースなどの材料になるものとのこと。そんな訳で、トマトソースを作ってみることにした。

作り方は初めての挑戦なので、圧力鍋のラゴスティーナに付属の調理本を参考にしてみた。
特段難しい訳ではないが、手順は次の通り。(材料の量はトマト1kg用)

  1. ベーコン(100g)、ニンニク(2かけ)、玉ねぎ(中2個)をみじん切り。
  2. トマトは湯剥きして種を取り出しみじん切り。
  3. 圧力鍋を蓋をしないで、オリーブオイルを熱して1の材料を炒める。
  4. 玉ねぎが透き通ってきたら白ワインを加え、強火でアルコール分を飛ばす。
  5. トマトとロリエ、砂糖小さじ2、塩、こしょう少々を加え、圧力鍋の蓋をし10分加圧。
  6. 加圧が終わったら蓋を取り、中火で煮詰める。

トマト1kgで出来上がったのが約600cc。もうちょっと煮詰めた方が良かったかな?という感じだが、パスタのトマトソースに使う事になると思うので、最初から味を濃いめにしなくても良しとした。
湯むきが面倒だったが、自分で作ったトマトソースだ。美味しく頂こうと思う。
作っているときの写真などはこちらからどうぞ。

Amazonのラゴスティーナの圧力鍋の検索結果

楽天市場のラゴスティーナの圧力鍋の検索結果

全文を読む"トマトソースを作ってみた" »

トラックバック数:1、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

ルプラでボージョレー・ヌーヴォー

2008年11月22日(土)
シャトー・ド・ピゼイのボージョレ・ヌーヴォー
シャトー・ド・ピゼイのボージョレ・ヌーヴォー

札幌で本格的な雪が降った20日はワイン好きが狂喜するボージョレ・ヌーヴォー解禁日だ。
この日は多くのお店でパーティが開かれたであろう。
ルプラのパーティはもう10年近く通っているのではないだろうか。人数が10名程度で、ほぼ同じメンバーだが、普段の日はめったにルプラで会う事がないので一年ぶりの再会となる。
今年のヌーヴォーは、色が濃いめでタンニンもしっかりしており、飲みごたえのあるワインに仕上がっているようだ。
実はルプラに来る前にクスクスでラブレ・ロワのヌーヴォーを飲んだのだが、同じような傾向だった。今年は雨が降る前に収穫出来たため、果汁が濃くしっかりした味になったようだ。

ルプラの樽のヌーヴォーは2時間ほどで空になり、続いて同じシャトー・ド・ピゼイのボトルのヌーヴォーを飲んだが、こっちの方は香りがより強く、よりヌーヴォーらしく感じられた。
今年のヌーヴォーはしっかりした味であったので、ブルゴーニュ全体ではなかなか良い年となるのではないだろうか。

楽天市場からボージョレー・ヌーヴォーを探す

トラックバック数:0、コメント数:2
このエントリーにコメント、トラックバックをする

レバーバテと白金豚のリエット

2008年4月24日(木)
ルプラのレバーバテと白金豚のリエット
白金豚のリエット(左)と、とってもクリーミーなレバーパテ(右)
ルプラのリエットはちょっと珍しい豚を使っていて、その名も白金豚
この白金豚は岩手の高源精麦(株)が、飼育配合から出荷まで一貫体制で生産している豚肉で、登録商標されている銘柄豚です。
なんでも3種類の品種を掛け合わせたもので肉質は脂肪が厚く、旨みが多く、食味的にはすっきりとしたヘルシー感があるというものです。
リエットなどの練り物にはぴったしのような気がします。

全文を読む"レバーバテと白金豚のリエット" »

トラックバック数:0、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

1  2

札幌生活トップ>居酒屋・ビストロ > ルプラ



管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku-life@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

サイト検索

勝手に応援
札幌の個人事業者

Mac、iPhone、iPod touchのアプリケーション開発の快技庵
Mac、iPhone、iPod touch
のアプリケーション開発
快技庵

次世代顔文字ツールSmileSender
笑顔を作り笑顔を送る
新世代 顔文字ツール
SmileSender

青空文庫読むなら豊平文庫
青空文庫読むなら
豊平文庫

へんなもの屋
禁煙グッズのへんなもの屋

フランス直輸入の
セレクトショップ
FORTUNA

林啓一が作る紙工作のページ

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物

楽天市場でお買い物
ネットで買えば断然お得!
お買い物なら楽天市場

楽天トラベル
【日本最大級の旅行サイト】
楽天トラベル


Amazonでお買い物


【Yahoo!ショッピング】
豊富な品揃え!
探しやすい!



Yahoo!オークションでリユース

デル株式会社
デルオンラインストア


マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!